1993/12/29 旅行記 Can Tho > Saigon

1993/12/29(水) メコン川クルーズ サイゴンへ戻る

6時起き。1階でパンと卵とコーヒーの朝食後、ホテル前からボートに乗ってFloating Marketへ。1時間くらい下流へ行ったかな。
199312HKGSGNPEN015.jpg
199312HKGSGNPEN016.jpg
マーケット自体はタイのようなものではなく、しかも時間が遅かったのであっさりしていたかも。船頭、燃料買う。
199312HKGSGNPEN017.jpg
199312HKGSGNPEN018.jpg
また水上家屋を眺めつつ1時間かけて戻る。ホテルは9:30にチェックアウト。またフェリーに2回乗ってミトには12:20着。
お昼食べてまたボートクルーズ。20USD。30分くらい乗って対岸の島へ上陸。なんか主旨はよく分からないが農園という感じでお酒とフルーツが出た。
また車で戻ってきてサイゴンには17:30帰着。同じホテルへ。預けておいた荷物とスーツがなかなか見つからなかったので部屋でシャワーを浴びたりして待機。
199312HKGSGNPEN021.jpg
19:00に夕飯に出る。といっても先日行った「19」でうなぎと野菜と野菜かけご飯にタイガービール。タイガーはもちろんシンガポールブランドだがこちらでライセンス生産しているようだ。
隣席の日本人旅行者T氏と話をして、一緒に近くのバーにも行ってまた話す。ビール2本でUSD3とある。
***
追記:
・この地下トンネル+メコン河クルーズというエクスカーションはわりとポピュラーな旅行商品というかこれくらいしか選べなかったように記憶している。
・私として珍しく現地で日本人旅行者と話をしている。個人旅行者でもそれなりに入り始めていたのだと思う。このT氏と勤務先は名乗りあったが連絡先までは交換しておらず、それでも(僕の方から見て)取引先の会社さんだったから、帰国後試しに「Tさんってご存知ですか」と聞いてみたら「前の席に座ってますけど」という何とも偶然な出会いだった。3年後のバンコク 1996/1/6 旅行記: Bangkok に「カンボジア帰りのT氏がホテルに現れ」というT氏と同一人物である。



時々日記
http://www.tokidokinikki.net
旅行記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」