1994/9/3 旅行記: > 上海

1994/09/03(土) >上海 (昔の旅行記) 

 上海初日 
6:30 起き。コンビニでこまごましたもの買い、日暮里発8:06のスカイライナーで、第二ビルへ。ほぼ満席。チェックインはやたら早く済んだが、出国審査は待った。シャトルに乗って、ラウンジ「富士」に通されるが、すぐせきたてられて、E70バスゲートへと向かう。
定刻10:25発NH919便上海行きビジネスクラス、10:45には動き出す。
うとうとして飲み物と軽食が出て、また寝て、気が付くともう大陸の上、時計を一時間戻して、定刻 12:30に着陸。2つしか開いていない入国審査を突破し、預け荷物がないので、税関もノンストップで両替。1RMB=12.0円。ホテルのブースがいっぱいあり、一通り観察していると、いろいろと話しかけられる。予約済のホテルのはない。 
外に出て一服してから、タクシーに乗る。日本の習慣から後ろに乗ってしまったが、前の方がよかったか。空港から市内中心部へはバンコクの様でもあり、香港のようでもあり、これまで訪れた都市が重なり合う。中心部に入ってから渋滞し始め、人民の飛び出し、自転車の突っ込み、車の競り、など。
結局1時間くらいかかってホテル(海崙賓館)へ。50RMB。 1813号室。 
199409SHANJHKG000.jpg
16:00頃思い立って、バンドへ。雨が今にも降り出しそうで、蒸し暑い。「台湾から来たのか?」とか、その台湾人から「シャッター押してくれ」とか話しかけられ少々わずらわしい。
部屋に戻ってシャワーを浴びると寝てしまい、気づくと21:00。ホテル5Fの上海菜:海玉蘭閣で、ビール二本と青菜炒め、焼きそば(128.80RMB)。SkyLoungeで飲んで、MTV見て、00:30就寝。



時々日記
http://www.tokidokinikki.net
旅行記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」