週記(12/15-12/21)




15月:
午後、来客一件、訪問一件。そのまま直帰。こう書けばどのあたりにいたのかわかってしまうが、慶應通り振興会を通って帰る。ずいぶん変わっているとは思うが、焼肉屋・焼鳥屋は変わらず。で、わかってしまったついでにもう一つ書くと、タイミングが外れたので巻き込まれずに済んだが、ちょっと遅いと、15日夜、東京メトロ南北線と都営三田線の白金高輪駅(東京都港区)内にある側溝付近から煙が出る事故があり、同社と都交通局16日、運転士によるたばこの火の不始末が原因だったと発表した。地下での喫煙や、運転中のたばこの携帯は社内規定で禁止されている。側溝には数百本以上のたばこの吸い殻があり、同社と都交通局は運転士が日常的にたばこを吸っていたとみて調べている。

できれば喫煙はやめましょうね。夕飯つくって子供と過ごす。
16火:
季節的な問題として、給与計算の最終確認。結構手がかかるし、誤りや思い違いも見つかる。とはいえ、この小規模でこれではなのだが、ある程度の規模になった時に外部委託するということも充分ありうるのだろう。
来客一件。展示会の日程について示唆があり、セミナー日程の検討を行う。多忙につき、バスケットボール一般開放@本郷台中はお休み。
17水:
富士キメラ総研プレスリリース『デジタルサイネージ市場総調査 2008』まとまる しばらく前に、ホテルの宴会場の出入口(受付)前に置く「行燈」は手書きや専用プリンタでの出力が多く、負担になっているのを、ディスプレイに切替える、と聞いたことがある。主として駅や車内での事故情報が有用で、ホームに上がって初めて遅れがわかりました(わかっていたなら別の手段に切替えられたのに)ということも本当に少なくなった。
ある都市でオープン準備中の温浴施設で当局との事前協議の中で、岩盤浴室内における時計の掲示が示唆されたとのこと。全国的に統一された見解ではないと思われるので恐る恐るメモ代わりで書いておくが、SPA-NETで取扱いの防湿・防塵型掛け時計の掲載を更新。
18木:
予定が二転三転した納品物が届き、急ぎ転送。名簿整備。明日に備えて今日は早めに帰る。
19金:
6:15起床。子供の受験送り。地下鉄でのつなぎを当初考えていたが、JRで新宿まで行き丸ノ内線に乗り換える方法にする。体育館に通されたが、何も同伴せずともよいと思い、入口で別れる。とはいえ、受験の終了予定時刻は12:30となっているので、一度出社する。
すると、11:00回ったところで連絡が入り、「もう終わった、どうすればいい?」と。とりあえず丸ノ内線にずっと乗せて、携帯電話の路線案内で到着時刻をある程度予測して銀座で合流。聞けばグループ面接の順番が早かったらしい。後楽園で昼飯ののち共に帰宅。帰ってくるとどっと疲れが出てそのまま休む。夜は予定の小宴会へ。
20土:
ノドが痛むので早めに行きつけの診療所へ。普段通らない道で自転車屋を発見。昼過ぎに発表を見に行くが、残念な結果に。合格者14名(出願者275名)だと、掲示もすっきりしていて瞬間的にわかる。
21日:
妙に暖かい日。午後、PTAバスケで交流試合。4時間超えで下半身パンパンだが、家で少し休んでから、今度はのんびりチームの合同練習へ。さすがに飲み会はパス。柚子湯。
本来ならばクラブワールドカップ2008の話があるべきだが、その余裕なし。


時々
http://www.tokidokinikki.net
旅行記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」