旅行記2011:全女3回戦広島・美作ラウンドの旅(2日目)





全女3回戦:広島・美作ラウンドの旅 2日目(2/2)

○2日目:湯郷温泉(美作)→

7:00頃、足が寒くて起きる。7:30に下へ降りていってチラ見すると高校生が食事中だったので、ちとずらしてからまた行って部屋番号のある席でぼーっとしていると、ご飯とみそ汁、お魚が運ばれる。お昼が不規則になるはずなので、普段ならパスする生卵もあわせてしっかり食べておく。持参しているスタバの魔法瓶に日本茶を入れる。

8:00に出て、また鷺温泉館へ。真向かいに療養館という外湯もあるのだが、今日は週替わりの切り替え日にちょうどあたるので。「動の湯」側、どう違うのかと言えば、ドライサウナ、ジェットバス。水風呂はあとから設営したような浴槽で、水温はおそろしく冷たかった。

20111218-006.JPG

そろそろレッズサポを見かけるようになった。地図では距離感がつかめずタクシーまで視野に入れていたが、フロントで聞いてみると「歩いて20分」ということなので、昨夜ワインを買ったお店で菓子パンなどを仕入れつつ、坂道を登って行く。時間には余裕があるのでゆっくり来たがそれでも20分はかからなかったような。
20111217map.jpgのサムネイル画像
もう少し反対側も歩いてみて、コンビニとか「マルイ」とかも確認すればよかったかもと今は思うが、行く方向と逆になるんでやめちゃった。

明るいところで見ると、やはり閉館した旅館や飲食店がポツポツ。数軒の大型旅館・ホテルがそれぞれ館内施設への囲い込みを図れば、温泉街を人が行き交うようなことは少なくなってしまう。でも、これは栃木の塩原温泉でも感じたことではある。

20111218-007.JPG

途中にノボリ。

20111218-008.JPG

地図の右手の道路から上ってきた。
20111218-009.JPG

20111218-010.JPG

20111218-011.JPG

メインスタンドから。

 

なでしこTVで見慣れた光景が目の前にある。どうも飲食系の売店はない模様。ま、いいか。

第一試合は、初登場アルビレックス新潟レディースと徳山大学を下して勝ち上がってきた鹿児島の鳳凰高校。新潟、CB北原がサブにもおらず、右SBに今季で引退の発表があった口木未来。アンカーの位置の川村優理(阪口は気持ち上がり目に見えた)が左右に動き回ってリズムを作り、菅澤のところも収まるのでほぼ攻めっぱなし。後半からGKを代えるなど余裕の試合運びで7-0。平井咲奈も出てきたけど、なんかスピード感が薄くなったような。見慣れたせいか。鳳凰高は掛け声も揃えたウォーミングアップがなんかよかったけれど、硬い入りから早々に失点して以降何もできなかった。このあと全日本ユースにも出場権があるので、同世代ならまた違うのだろう。

公式入場者数は300人。数に含まれているかどうかはともかく、湯郷ベル御一行も観戦しており、種田監督がお弁当配ったりして、アットホームなところがあって微笑ましい。第二試合はバックスタンド側へ移動して前半で帰って行かれましたよ。

20111218-012.JPG

20111218-013.JPG

第二試合は吉備国際大学と浦和レッズレディースの対戦。始まる前の微笑ましいとか、吉備国の男子学生の煽りに合わせたりとか、来季入団内定の成合瞳に拍手していた余裕は早々に消えてしまう。素早い出足でつぶされて、縦の速さで2点リードされる。すぐ後藤のシュートで1点返すが、前半終えて2-1で吉備国がリード。

後半頭から吉良を下げて荒川を投入。59分に後藤の2点目で追いつくと、安田に代わって入った岩倉がすぐ逆転のボレー。追って岸川のミドルがバーに当たるという毎試合ある「きしかー、おしー」のはね返りを荒川がヘッドで右隅に冷静に決めて4点目。

で、2ゴール1アシストの後藤を下げて、吉備国出身の西田をCB、齋藤がFWの位置という3枚目のカードを切ったら、ほどなく齋藤が担架で運ばれるほどのケガで退場。10人になったところで1点返され、ようやく逃げ切ったような次第で。吉備国も来月インカレが残っているがこれはもう優勝かと思ってしまう出来のよさ。ま、シーズン中は高槻といい勝負、インカレ1次ラウンドで早稲田と引き分けなら昨日のINAC戦、あと先週早稲田とレッズレディースはトレーニングマッチを行っているので、それらを総合すると、全女でしか対戦しない学連上位(吉備国はチャレンジリーグにも参加だが)と、なでしこリーグ(一応上位)チームとの力関係はこのあたりが目安なのかもしれない。ま、学連は春先とこのシーズンピークの時期での成長分の差はかなりあるように見受けられる。

20111218-015.JPG

横断幕が張ってあったところビュー。

で、前日のところで移動手段についてどーのこーの言ってますが、結局Sさんに便乗させて頂き岡山空港へ。カーナビに従って進むのだが、昨夜見えなかった周辺の景色が今イチ空港へ向かっているとは思えない山道を通ったりしてちょっと不安になりつつも、渋滞どころか信号もないので、ゲームが終わってからいわゆる撤収作業などをほんのちょっとお手伝いしゆっくり出たのだけれど前の便(17:55発)にギリギリ間に合うタイミングで着いた。とはいえ、予約通り19:35発にして、ラーメン食べたりして待って羽田へ。

広島19:35(ANA660)[20:45]羽田 マイル

記憶が今イチないのだが、おそらく定刻20:55よりは早く着いた模様。モノレールの発時刻は確認したものなので。

羽田空港第2ビル20:54(東京モノレール・快速)21:14モノレール浜松町 470円
浜松町21:16(京浜東北線)22:03北浦和 130円+定期


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
旅行記一覧

旅打ちまとめ

Instagramやってます。

投稿者: にっき

全部浦和が悪い。よっぱ雷蔵。馬券は下手。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」