2013/2/9:TM:ノジマステラ神奈川(レッズランド)

2月9日、浦和レッズレディースの新シーズン初観戦、ノジマステラ神奈川とのTM。ノジマのスケジュールで早々に発表になっていたし、前日に浦和もWebサイトで情報公開。

いつもの通り前半は攻撃をするゴール側へ。

20130209115937001.JPG

安田
加藤  堂園  泊 
栗島 藤田
 
 竹内 坂本 齋藤 成合  
池田
30分2本、2本目のGKが田尻に交代。
高畑、岸川、猶本、後藤、柴田が大分でのなでしこ合同合宿招集、高井はウォーキングからジョギングで調整中、和田は副審だけで試合には参加せず、吉良もストレッチ程度。竹山、鈴木は不在だったと思われる。(フットサルコートで調整していたという情報もあり)
となればフィールドプレーヤーは交代無しの勘定。なので、昨季とのポジションの違いを述べるには情報不足か。
1本目、徐々に上がってきた成合のミドルが左隅に突き刺さるも、正面からのミドルを決められて1-1。昨年の駒場INAC戦を思い出させる、加藤千佳のゴールライン際を粘っこく縫うように進むドリブルは武器だなあ。反面、ゴール前へのクロスボールの供給者がおらず、中央突破に偏っていたかも。
2本目は逆側へ移動。各種挨拶。土手に上がって双眼鏡片手の怪しい人2名(わかるな)と。
20130209124414002ss.jpg
1本目懸念した長いクロスボール、泊が右サイドを突破して供給、ファーできっちり加藤がヘッドで詰める。ただ出だしはノジマに主導権を握られていた。すべての時間帯において藤田が効いていた。竹内と加藤の連携はまだまだかな。安田はスルーパスをもらって抜け出すプレーが得意なところ、1トップの位置でターゲットを務めていたが、ここもまだまだ。
3本目は浦和はユース「次女」が出場。さすがにユニフォームじゃないと選手名がわからないが、その後の情報での捕捉も含めると、左サイドを突破されて右のアウトフロントで逆のサイドネットに叩き込まれて失点(得点者は金城)、前目でカットしたボールをGKも交わして冷静に流し込んだのは遠藤優、で1-1で終了。
3本目も「長女」が帰り始めていてサインなどを求める動きが気になってるところへ隣から(シュートが飛んで)「危ない!」とか声が上がるから結構面白かった。ちょっと文章ではうまく伝えられないけど。



時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」