2013/4/29:埼玉県女子U-15決勝 エルフェン狭山マリ戦(しらこばと)

正確には「関東大会」予選を兼ねているので、第18回埼玉県女子ユース(U-15)サッカー大会(兼)第18回関東女子ユース(U-15)サッカー選手権大会予選、である。

大会の全試合結果はこちら
会場は越谷市のしらこばと運動公園競技場。2011年になでしこリーグで浦和-マリーゼ戦が予定されていたと記憶している。
越谷駅から水上公園行きのバス。帰りは一停留所分歩いて出てきて、水上公園入口から乗車。



20130429123846002.JPG

決勝の組み合わせはエルフェン狭山マリと浦和レッズレディースジュニアユース、後者は中1、中2の構成。

浦和のメンバーは次の通り(背番号の目視による)
GK 21 伊能真弥
DF 31 会沢日花里
DF 42 吉田紗季
DF 37 瀧澤璃麻
DF 39 青木春佳
MF 50 高山のはら
MF 41 三尾ゆかり → 51 三浦晴香(HT) 
MF 44 井上 萌
MF 47 轡田 歩
FW 36 高橋はな
FW 32 小嶋星良
体格・体力(キック力)において狭山が上回り、左サイドからのセンタリングが直接ゴール、さらにCKが直接ゴールと、1年生GKの頭上を越えるボール処理に経験の少なさが出て立て続けに失点。
それでもそこからは浦和も落ち着いて対処。GKもフリーのシュートや1対1をことごとく止めて見せて潜在能力の高さを印象付けた。マリは攻撃に転じるとMF(特にボランチ)まで上がる傾向があり、シュートや得点で終わればいいのだが、MFとDFラインの間にスペースができて、そこをうまく使えるチームならカウンター食らうかもしれないと想像。ただ、CBが堅いので抑えていたけれど。
結果、序盤の2点のまま得点は動かず試合終了、2-0で狭山が勝って優勝し、全国大会の切符を得た。三女は3位の戸木南ボンバーズとともに関東大会へ。
観戦に来ていた次女(U-18)が会長杯以来の某大阪体育大直伝の応援をやっていた。定着してる。次女といえば、今季これまで関東女子リーグの日程と合わなくて行かれてないなあ。
Special thanks to shippogakururiさん♪


時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」