2013/11/15:鶏ムネ肉+炊飯器

出かける段になって雨。といっても予報どおり。

昨日と同じような浦和の町への用事。時間調整で入った喫茶店が分煙されておらず、出てきてからタバコの臭いがしていて嫌になる。


用事を済ませたらすぐ帰宅。あまり調子が良くないが用事の方はうまくいったと思う。
炊飯器があいているので、数日前に見かけた鶏の胸肉を投げ込んでお湯を入れて保温ボタンを押して1時間待つというお手軽調理にチャレンジ。生姜があったので一緒に入れたがうまくいった。事前に酒に漬けておけばもっと臭味がとれたかもしれないが気になるほどでもなく。半分食べて、残りはしょうゆ漬にする。スープもとってあるのでこれでご飯を炊けば、家でカオマンガイが作れるというわけ。
地方競馬の本はひととおり読み終えたが、低コストで高収益の競輪にとって代わられつつあるという表現に目まいが。昨日読んだ「埼玉県競馬史」の競輪への敵愾心を改めて確認したような次第。ただ、そうした急速に陳腐化=赤字化した地方競馬なのに、南関4場はトーンが異なるのがどこで分かれ道があったのか、と思う。
全体のゆるやかな流れというかアウトラインに関する書籍や文献はもう少しあるので読み進めていこうと思う。あとは浦和競馬自体の直線的な資料があるといいのだが。




旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」