サポートと写真撮影と迷惑行為

浦和レッズが公式サイトを通じて下記のリリースを出した。 

 


日ごろより、浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースを熱くサポートいただき、ありがとうございます。
浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影につきまして、迷惑行為(過剰な写真撮影等)があったため、下記のようにあらためて取り決めさせていただきましたので、お知らせいたします。
【レッズレディースについて】
・レッズランドおよびその周辺でのサインや写真等の撮影を禁止いたします。
※レッズランドをご利用されるみなさまや近隣住民のみなさまのご迷惑となるおそれがあるため。
※レディースのトレーニングは、土・日・祝日以外は非公開となっております。
【レディースユース、レディースジュニアユースについて】
・あらゆる活動場所において、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサイン、写真等の撮影を原則禁止いたします。
・公式戦については、※下記に該当する写真等の撮影をすることは禁止いたします。
1. 試合の進行を妨げるようなもの
2. 競技スポーツとしてではなく、興味本位(特に女性を被写体とした)で撮影すること
3. インターネット等で公開されるような、選手の人権、肖像権の保護に関わる重大な問題に発展する可能性があるような写真等の撮影
4. クラブが不適切と判断する行為
上記は、これまでに過剰にサインや写真撮影を依頼等される方がいたための措置となります。
今後、上記のルールに対して違反行為があった場合は、すべての活動においてサインや写真等の撮影、およびファンサービスを禁止させていただくことになります。皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
AFCアジアカップに出場したなでしこジャパンにレッズから5名選ばれて、やはり日本代表での活動への注目度とそれに伴うマスコミの報道量の多さを改めて確認したばかり。それもあってか、マスコミやツイッターにおけるこのリリースに対する受け止め方はレッズレディースに関するものがほとんどだったと感じられた。
しかし私は今回のリリースは中学・高校年代の選手が安心してサッカーに取り組める環境を確保することを第一の目的としていると見る。それは、レッズレディースがレッズランドおよびその周辺を示しているのに対して、レディースユース・レディースジュニアユースについてはあらゆる活動場所と指定している点にある。大げさかもしれないが接近禁止である。活動場所となれば、チームとしての試合や練習だけではなく、ホームゲームの会場設営に従事しているのも含まれると解釈できる。もっとも、レディースが公式戦について言及しなかったのはすでになでしこリーグから「リーグからのお願い(写真等の撮影について)」というガイドラインが示されているせいだと推測される。
このところ選手権の予選情報を集めるためにいろんなサイトを見ることが多いせいか、カテゴリー、チーム・協会を問わず観戦に関する注意書きをよく見かける。会場運営で喫煙と駐車、ゴミ持ち帰りに関する内容が多いようだが、特定の練習場所で活動を行うクラブは選手とファンの間の適度な「距離」について喚起したものになっているのは、どこも同じような課題と悩みを抱えていると思われる。
というわけで、良識の問題にすぎないのだがそれを期待できる時代でもないようだ。この「時々日記」内の観戦記で使用する写真は遡っても今回のリリースで示された内容に抵触していないと思っているが、次回以降は少し変えるつもり。
しかし、サポートって何だろうと思うことも多い。


時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」