旅行記 Las Vegas > Folsom(4)

2004/09/25 

やはり2時に目が開くが、4時に沈没。同行者からの電話で起きる。空港までタクシーに乗り共にお見送り。仕事なので領収書を求めると、降りて隣の運転手からもらっていた。列が長かったので、試しに自動チェックイン機をやってみると、うまく搭乗券が出てくる。朝飯は空港のレストラン。テキサス風。

ここから一人。

月曜日に開発元の本社へ行って打合せがあるため。ホテルに戻る。まだいた他の代理店の人たち(ドイツとかニュージーランドとか、午後便の人たち)といっしょにいて、話をする(というか聞くだけ)。 
まだ時間があるので、一昨日下見済のBally’sの「スポーツブック」で、Belmont Park競馬場(ニューヨーク州)とLouisiana Downs (ルイジアナ州)のレースの馬券を買う。マークシートはあるが、口頭で買う馬券(場名、レース名、券種、組み合わせ数字、金額)をゆっくり言っても対応してくれる。一度誤入力があった。席に戻ってから見つけたが、直してくれた。
席には小さなテレビがついていて、チャンネルを変えて、買っている競馬場の中継にすればいい。(ちなみに賭けの対象になっている野球やアメフトの試合も見られる)結果は6R中1R的中でマイナス。データがほとんどない(出馬表はある)ので、(乗れる)騎手名の記憶とオッズだけが頼り。このへんは日本でも初めて行った地方競馬場での買い方と変わらない。場としてはアメフトへの賭けの方が盛り上がっていた。
とりあえず馬券を買っていく。席の間をウェイトレスが行き来するので時々オーダーする。ビールとか飲み物はチップだけで席まで運んでくれるのはなかなかよい。しかし競馬はアメリカでは斜陽産業なのだな、客は少ない。もっとも、ラスベガスにいたら、他のゲームをするんだろうなあ。 
サクラメントへ。またサンフランシスコで乗り換え。乗換え時間が厳しいということで、前の方の座席をもらう。またまた爆睡。荷物の出方とシャトルバンの来方と回り方(5人を4ヶ所で下ろした後)のせいで、ホテルに入ると21:00であった。まあ、移動だけで急ぐわけではないし、みな家の前まで送らせるので、日暮れで暗いけれど住宅街にはいっていろいろ見られるのは楽しかった。給油の時に、運転手のおじちゃんが、「人はよくFolsomといえば刑務所の話をするが、行政区域は隣の郡で、郵便番号も違うんだぞ」と、教えてくれる。5へぇ。
ホテルは前回泊まった時は建設中だったところ。ホテルの前のウェンディーズでサラダとハンバーガー。隣にKFCができていた。

Bally’s馬 http://www.ballysraceandsports.com

http://www.caesars.com/Ballys/LasVegas/Casino/RaceSports/RaceSports.htm

Sacramento International Airport http://www.sacairports.org/int/index.html

City of Folsom http://www.folsom.ca.us/

Courtyard Sacramento- Folsom

 http://marriott.com/property/propertyPage.mi?marshaCode=SACFO


翌日3日目は旅行記 Las Vegas(3)

翌日5日目は旅行記 Folsom(5)


時々
http://www.tokidokinikki.net
旅行記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」