2012/5/13:チャレンジリーグ スフィーダ世田谷-愛媛FCレディース戦(西が丘)



20120513nishigaoka.JPG

快晴の西が丘競技場、おっと、5月から「味の素フィールド西が丘」という呼称に。

スフィーダ世田谷は前節日体大に負けて3勝2敗で臨む一戦。1勝4敗の愛媛を迎えて確実に勝ちを収めたいところ。故障したのか永田真耶を欠いたが、田中麻里菜がCBへ戻った。4-3-3のフォーメーションで点を取りに来ている感じがした。

ところが開始早々、3分愛媛の中田麻衣子が放ったロングシュートがGKの頭を超えて入り、ゲームプランが崩れる。それでも、6分、右CKをファーから折り返し、吉冨桃子がヘッドで決めて同点。その後DFに当たったが田中真理子の豪快なミドルが決まって逆転したところではスフィーダペースになるかと思われた。

直後の26分、中田が再度決めて同点。38分左CKを中田がショートコーナー受ける動きをして左に切れて11番春山がニアに早いボールが入り、中田にパス&シュートのこぼれを9番丸形が押し込んで逆転してしまう。前半2-3という意外な展開にスタンドには動揺した雰囲気が漂ったくらいだから、スフィーダの選手は尚更だっただろう。

後半は堅く入ったが、スフィーダが左サイド突破し、フリーの笹子が冷静に蹴りこんで同点にすると、再び打ち合いの様相へ。愛媛の右CKが直接入った後、田中麻里菜がボックス内で交錯して倒れた時にハンドが起きてイエロー2枚目のPK。中田が冷静に決めてハットトリック。スフィーダは森が1点返したが、長澤が後ろからとして与えたボックス外ぎりぎりのFKを前半のCK同様中田のトリッキーな動きでゴール前へ放り込み、春山が蹴りこんで6点目。その後もカウンター攻撃で春山が長い距離を走ってきてシュートしてバー直撃や積極的な仕掛けを見せてもう1、2点取る勢いだった。所属していたらしい「FC千葉なのはな」の選手たちがいるバックスタンドへ走り寄ってきて挨拶していったのはなんだかいい光景だった。西が丘ならではの良さともいえる。

スフィーダは流れをしっかりとつかむことができなかった。FW石渕にはツキもなかったかな。若さが悪いほうに出たともいえるが、リーグはまだ続くので巻き返してほしい。



時々日記
http://www.tokidokinikki.net
旅行記一覧はこちら

投稿者: にっき

全部浦和が悪い。よっぱ雷蔵。馬券は下手。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」