2013/3/30:ジェフ千葉L戦(市原臨海)

大阪高槻戦を3-0で快勝した初戦から1週間、第2節、ジェフユナイテッド市原・千葉レディース(以下、ジェフL)戦。市原臨海(ネーミングライツにより「ゼットエーオリプリスタジアム」の表記がほとんどだったが4月からのようなので慣れ親しんだ名称で)でのアウェイゲーム、昨年も第2節はここであった。

北浦和8:22発で秋葉原・千葉乗換えで五井10:21着。ヒノックスで電動アシスト付きの自転車を借りて途中のローソンで調達する安定の往路。(レンタサイクルの情報はここが詳しい) この日は五井駅とスタジアム間でシャトルバスが運行された。
20130330104659001.JPG
20130330110018002.JPG
「俺達の安田」後ろで作業を見させてもらったけれど上手いなあ。
横断幕設置のための事前搬入開始時刻が11:00なのでゴール裏へ。要所で土嚢を使って下を止める。終えて戻るとすぐ開場。
20130330114504003.JPG
ピッチの状態をチェックするために(たぶん)選手全員が出てきたのは初めて見たかも。以前は山郷がゴール周辺を中心にチェックしていたのが見られる程度だったのだけれど。雨は降っていないものの寒い。そして臨海らしい強風。
20130330121508004.JPG
スタメンに変更なし。サブから和田が外れて堂園が入った。
安田  後藤
加藤      柴田
藤田  岸川
 
 齋藤 高畑 坂本 石井  
池田
立ち上がりといってもいい12分、右からのクロスボールがファーサイドに抜けてシュートは防いだものの混戦を押し込まれて失点。
前の試合後半途中から用いた吉良を入れての4-2-3-1に後半最初からチェンジ。
吉良
後藤  柴田  安田
藤田  岸川
 
 齋藤 高畑 坂本 石井  
池田
だが、小川を残して、4-5なり5-4の面で守りGKと最終DFライン間は突けない距離感のジェフLを後藤の突破とクロスボールと柴田だけでは崩せず、枠内のシュートも防がれてしまい無得点。
ジェフLはドン引きだったわけではなく、高い位置で奪ったボールを確実にシュートにつなげていたし、最後まで集中が途切れなかった。コイントスで前半風下をとったのもプランの一つだったかもしれない。
浦女ユース出身で今年ジェフLに加入した上野紗稀は左SBで先発出場し、石井とマッチアップするわ、中に絞ってセンタリングを処理するわ、なんだかもう。
プレナスなでしこリーグ2013第2節

2013年3月30日(土) 13:03キックオフ 市原臨海

ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 1-0(前半1-0) 浦和レッズレディース

得点:12分 深澤(ジェフL)

GK 池田
DF 石井、坂本、高畑、齊藤

MF 柴田、藤田、岸川、加藤(HT 吉良)

FW 安田、後藤

Sub
田尻、竹内、堂園、栗島

入場者数:671人

浦和はまだまだ攻撃のオプションが少ない印象。交代で流れを変えられるイメージが今はないこともひっかかる。
帰りは蘇我から京葉線で南船橋から武蔵野線経由にしたが待ち時間が長かったし、海浜幕張から乗るべきであったことに後から気づく不安定の復路。北浦和着17:42。
次節はアウェイの湯郷戦。


日曜日の残り4試合の結果は 

新潟L 1-6 I神戸 新潟市陸 1,260人 
大阪高槻 1-3 日テレ 長居第2 895人 
吉備国大 1-1 ベガルタ 笠岡陸 1,479人 
伊賀FC 1-0 湯郷ベル 東員町陸 975人 
2節終了の順位表

順位 チーム名
1 I神戸 6 2 2 0 0 8 2 +6
2 日テレ 6 2 2 0 0 5 1 +4
3 ベガルタ 4 2 1 1 0 2 1 +1
4 伊賀FC 4 2 1 1 0 1 0 +1
5 浦和 3 2 1 0 1 3 1 +2
6 ジェフL 3 2 1 0 1 2 2 0
7 吉備国大 1 2 0 1 1 1 3 -2
8 新潟L 1 2 0 1 1 1 6 -5
9 湯郷ベル 0 2 0 0 2 0 2 -2
10 大阪高槻 0 2 0 0 2 1 6 -5



時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」