2013/9/8:関東U-18プリンセスリーグ スフィーダ世田谷FCユース戦(駒場)

もうすっかり御馴染みになった長女試合(なでしこリーグ)の前座的公式戦開催。プリンセスリーグ、スフィーダ世田谷FCユース(以下世田谷)戦。12:30開場、13:00キックオフ。

20130908125138002.JPG 



前回の観戦は8/8のJFAアカデミー福島とのトレーニングマッチだが、それ以降、
静岡遠征で
8/14 4-0 常葉橘
8/15 3-0 大阪桐蔭
8/16 2-1 FCヴィトーリア
他、TM数試合を経て、

8/20 プリンセスリーグ 7-0 KASHIMA-LSC
8/21 プリンセスリーグ 1-4 横須賀シーガルスU-18
8/27 プリンセスリーグ 6-3 ジェフU-18
9/1 埼玉県女子ユース(U-22)決勝 4-0 エルフェン狭山マリ
と消化、当面10/5から始まる皇后杯関東予選と10/19からのユース関東予選が焦点になる。国体、U-16とU-19に呼ばれる選手も数名出るはず。
レッズのスタメンは次のとおり。

7青木
 15小嶋 9塩越 20木崎 11遠藤 
8長野
 
 17金勝 12新井 5大戸 26久保  
30松本

12分、青木が先制。確実に決めるところを決められるようになってきてだんだん清家に似てきているような。
36分、右から遠藤が進入して2点目。ただ、世田谷の左SBも互角のスピード。
前半は2-0。後半から青木、久保、遠藤がout。源間、南、柳澤in。恐らく下記のような3バック。
15小嶋
  17金勝 27源間 18柳澤 9塩越  
8長野 20木崎
 
23南 5大戸 12新井
30松本

1列上がった金勝が仕掛けて得たPKを自ら決めて3-0。
世田谷GKのフィードが塩越の正面に飛び、そのまま持ち込んでシュート、4-0。そこで長嶋と交代。
柳澤からどうぞというパスが長嶋に出たのを冷静に決めて5-0。なぜか天然芝だと柳澤のさばきが柔らかくなるように思う。
長野、木崎がout。三浦、北久保in。
15小嶋
  28北久保 17金勝 27源間 19長嶋  
5大戸 18柳澤
 
23南 3三浦 12新井
30松本

北久保の位置が高めの印象。小嶋も吸収されていて、柳澤も上がり目なので3-1-6くらいの態勢。北久保は公式戦だと後半途中から出てきても必ず得点を決めるイメージ。細かいステップでのドリブルで進んでくるのでDFも飛び込むタイミングがとりづらいのか、目立たないけれどこれから金勝と左サイドで組むと面白くなりそう。
その北久保と最後に源間が決めて、7-0で勝利。大戸の中盤は初めて見たけれど縦へのパスはもともとうまいので、劣勢のときにDFラインは新井に任せてこの位置もありなのかも。右からのクロスボールが来たのをシュートしたのはフカしちゃったけどね。啓太かと思ったぞ。DFラインといえばこの日は完璧。オフサイドもしっかりとれたし、2、3度抜け出されかけたけれどその後の対処で問題なし。
今日は総じて中3組が元気だった。


時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」