2014/5/4:湯郷ベル戦(駒場)

プレナスなでしこリーグ2014レギュラーシリーズ第6節、ホーム駒場での湯郷ベル戦。

前節はアウェイ新潟戦。これを1-0で凌いで勝って5連勝で迎える中断前の一戦。前々日になでしこジャパンの発表があり、浦和からは高畑、乗松、猶本、吉良が選ばれ、さらに昨日後藤も追加招集されており、その話題性や天候、さらにトップチームとのカブりもないという好条件が重なって、いつもの10:50頃に行ったらもう待機列が通常の長さ。開場の11:30には歩道橋の手前で折り返すほど。(公式記録の入場者数は4,289人) いつも爆音を浴びて座るGブロック中段を団体さんに早い者勝ちでとられコアの最後列に。結局、北のゴール裏スタンドも開放されるほど。


20140504115648ss.jpg
今日の肉球は桃入り。
20140504120332.JPG

レッズのスタメンは次の通り。

 

後藤  吉良
加藤       柴田
藤田  猶本
 堂園 高畑 乗松 坂本 
平尾

ああ、マッチデーニュースを受け取ったのはやっぱり池田だったんだな(え いや、黒のウェアでいるの見たことないし。報道によれば肩の負傷らしい。というわけで、特別指定で加入中の平尾知佳が初先発。サブはGKが田尻で、フィールドプレーヤーは前節と変化がなかった。
20140504124830ss.jpg
コイントスの結果、通常とは逆のサイドで13:00キックオフ。出張中(?)の次女・三女に代わり、ボールパーソンはクラブ与野レディースの皆さんにお願いしたようだ。
出だしからレッズの攻勢。ほとんどシュートで終わったのではないだろうか。結果からすれば攻め急いだことになるが、さすがに代表GKの福元の守備は堅い。それでも前半終了間際右サイドで受けた柴田が中への切り込みをずっと見せてきた裏をかいてライン際でセンタリング。これを後藤がつぶれながら中に絞っていた加藤が押し込んで先制。前半を1-0で折り返す。
若干スタジアムの雰囲気が緩んだのが気にかかったが、後半は風上の湯郷が徹底して蹴る戦術。20分経過してついに決壊、中野に抜け出されて失点。すぐに、中央でのFKが壁に当たってハンドの判定か再度距離が短くなったのを宮間が蹴り、これをゴール左隅に決められて勝ち越される。
加藤→清家(後藤が左サイドへ)、坂本→和田、吉良→大滝、と攻撃志向の選手を投入するも、なぜかDFラインから蹴るばかりの雑な組み立てに終始して自ら崩れた格好。最後ATに宮間を中央でフリーにして右で巻いたシュートを決められ1-3で試合終了。今季初黒星。
プレナスなでしこリーグ2014 レギュラーシリーズ第6節
2014年5月4日(日) 13:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 1-3(前半1-0) 岡山湯郷Belle
得点者 44分 加藤千佳、68分 中野真奈美(岡山湯郷)、73分 宮間あや(岡山湯郷)、90+1分 宮間あや(岡山湯郷)
[浦和レッズレディースメンバー]
GK 平尾
DF 坂本(→75分 和田)、乗松、高畑、堂園
MF 柴田、藤田、猶本、加藤(→73分 清家)
FW 吉良(→80分 大滝)、後藤
SUB 田尻、齊藤、岸川、栗島
入場者数:4,289人


序盤の攻勢は指示だったのか、ただ、藤田・猶本まで含めた攻め上がりではなく、フィニッシュの精度も欠いて1点止まり。そのせいか終盤に足が止まる時間が早く訪れてしまったか。また、1点負けている状況は今季初めてだったわけだが、FWの顔ぶれを代えるだけとは無策すぎ。宮間対策も感じられなかった。
結果3失点とはいえ、宮間の2点はソロでも防げない弾道で、初スタメンの平尾は飛び出しの判断とキャッチングの正確性は高かった。柴田がすっかり復調してやりたい放題なのが好材料。坂本、シュート1本あったんじゃないの、ヤナギ。
駒場に4,000人超えは前回のエルフェン戦を上回る入りも、劣勢に立つとずいぶん怪しいもので、ジャッジも競り合いのファウルを不利に取られることが続きストレスが溜まる。それでも3点目決められたら帰るとか、天皇賞の発走がそんなに心配でしたかね。
チケット窓口は三谷と鈴木。バレンシア戦前売りは千葉と大戸と鈴木(だったかな)。ファンサは池田と竹内。
20140504204745ss.jpg
第6節の結果は次の通り。
ジェフL 2-1 日テレ
ベガルタ 1-1 伊賀FC
浦和 1-3 湯郷ベル
AS埼玉 1-4 新潟L
吉備国大 0-5 I神戸
混戦に巻き込まれぬよう中断後3つ(日テレ、ジェフ、仙台)しっかり戦って、前半戦首位で折り返したい。
順位 チーム名
1 浦和 15 6 5 0 1 16 5 +11
2 ベガルタ 13 6 4 1 1 7 3 +4
3 湯郷ベル 13 6 4 1 1 11 8 +3
4 新潟L 10 6 3 1 2 9 5 +4
5 ジェフL 10 6 3 1 2 10 8 +2
6 I神戸 8 6 2 2 2 11 6 +5
7 日テレ 8 6 2 2 2 9 5 +4
8 伊賀FC 5 6 1 2 3 7 10 -3
9 AS埼玉 3 6 1 0 5 6 20 -14
10 吉備国大 0 6 0 0 6 3 19 -16


時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」