旅行記:高知・高松・岡山・姫路(3日目)

なでしこリーグ・浦和レッズレディースアウェイ吉備国際大戦観戦と最後に残った高知県への旅。高知を発って岡山へ向かう3日目。2014/7/6日曜日。


6:00起床。少し迷うがやはり可能な限り早い時間に移動するのは鉄則であるから仕度をしてチェックアウト。折から開催の「日曜市」ぶらぶら。追手前高校の野球部の皆さんが近隣道路清掃中、爽やかな挨拶。日曜市の方はまだ店開きのところもあるし、野菜は新鮮で安いと思ったけれどトマト一箱買うわけにもいかず片道通り抜けただけで見学終了。これは海外で市場とか見ても同じことで具体的に何か買うものを探して歩くと面白さがアップするのだが。
20140706063201ss.jpg
そんなわけで思ったより時間が余ってしまったので、日本三大ガッカリと名高い(?)はりまや橋を上り下りしたりして遊び、停留所で高松行きのバス(黒潮エクスプレス)を待つ。起きれなかった時のことを思ってチケットは買わずに料金(3,400円)だけ払い乗り込む。前日駅のチケット窓口の時刻は確認してこの時間でも開いているのは知っていたが、はりまや橋停留所近くの営業所はまだ開いていなかった。窓際のおっちゃんはヤな顔してたけどな。定刻7:15からは遅れて出発。
またうとうとしたりしながら約2時間で高松市内へ。終点の高松駅まで行くと行き過ぎなので県庁通り停留所で下りて、うどんの「さか枝」を目指す。
日曜定休日。とほほ。
5年前の「うどんツアー」で来ていて、今度はわかめの天ぷらが食べたかったのだが残念。
結局また戻って県庁前の「こだわり麺や高松店」。かけ大ととり天。ここは落ち着いて(時間の問題で)ぶっかけにすればよかった。
20140706093229ss.jpg

*****

で、出てくると9:45。バスは意外と来ないのでタクシーでフェリー乗り場へ。870円。一体何をしているのか。
急いだのは宇野行きのフェリーが10:00発だったから。この後の10:50ではその後の宇野線への接続が悪くここでの50分差が岡山では1時間半差に拡大してしまうため。JRにこだわらなければ宇野→岡山の特急バスはある。
タクシーの運転手さんは「宇野行きのフェリー乗り場は一番奥でしたかねえ」とどこまでも悠長だったが、何とか間に合って乗り込む。料金は690円。高松滞在約50分(苦笑)。
20140706095304ss.jpg
ここ天井低い。客室内に入り窓際の席は埋まっていたので中央の長椅子に陣取るとほどなく出航。段々と体が傾いていき、後半30分は足を伸ばして横になり眠っていたが、1時間で対岸の宇野港到着。見れば徒歩の客は数名で、後は車のお客だがそんなに多いわけではなく日曜日ということを勘案しても高速道路へ移っているのだろうなと実感できる。今月の16日から新ダイヤ、というか便数削減の予定で現22往復から14往復になる模様。この航路は「宇高連絡船」時代を通しても初めて。
JR宇野駅までは数分の道のり。岡山までは580円。
20140706110719ss.jpg
宇野11:16→茶屋町11:42で宇野線完乗、高松発のマリンライナーに乗換。11:49発で岡山12:02着。ちなみにこのマリンライナーは高松発11:10なので、フェリー+宇野線との比較ではもう1時間強高松にいられた計算になる(タクシーにも乗らんで済んだぶつぶつ)。もっとちなみに料金は1,510円。
試合は16:00キックオフで開場14:00なので、1時間半くらい時間がある。ということでまた路面電車の旅。ここでも一日乗車券(400円)を買って、まず清輝橋行きに乗る。途中、宿泊予定のホテルの前を通ったので店などチェック。
20140706121933ss.jpg
しかし、今「清輝橋」でググると候補に「清輝橋 治安」って出るけどw
すぐ折り返して新西大寺町筋で降りて、アーケードのある表町三丁目商店街を突っ切って東山線の西大寺町停留所へ。このへんから雨が降り出す。そして終点東山へ。
20140706124400ss.jpg
一本見送って写真を撮ってから折り返し、県庁通りで降りて岡山天満屋へ。中国地方ではここにだけDemelのショップがあるのでチョコレートを購入。再び県庁通り停留所まで戻り岡山駅前まで乗って岡山電気軌道は完乗。
昼飯時だが食欲は今ひとつ出ないし、入場して用事が済めば時間があるはずなので、うろうろしているうちに見つけたスーパー「ユアーズ岡山駅店」で満腹おにぎりセット(284円)とあご唐揚げちぎり(198円)などを買ってから、試合会場のkankoスタジアムを目指す。
20140706142849ss.jpg
観戦記、2014/7/6:吉備国際大戦(カンスタ)はこちら
雨の中また適当に歩いてきて路面電車に乗り田町で下車。予約しておいた「岡山スクエアホテル」にチェックイン。サンデープランということで税込2,900円。まだ日は落ちきっていないが19時回っているので、シャワー浴びて横断幕を干して買ってきたビールを飲んでいると大河ドラマの時間。結局見てしまい、気を抜くと寝てしまうパターンなので仕度をして出かける。傘を持って出るが雨は上がっていた。
昼間歩いた天満屋を目指し、とって返してホテル裏手に当たる「歓楽街」を通って客引きさんの独り言を聞き、結局昼に路面電車から見た「士林夜市」という台湾料理屋さんにする。あさりのバジル炒めと鶏でビール飲んで、〆で魯肉飯(ルーローファン)。

20140706220909ss.jpg
10周年イベントで15日から24日まで90分2,500円食べ放題(要予約)をされるそうなので一つよろしく。




時々日記
http://www.tokidokinikki.net
旅行記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」