2014/9/14:高校選手権東京都予選 文京学院-東久留米総合(私学事業団)

高校選手権東京都予選決勝リーグと5位決定トーナメントの計4試合ぶっ通し観戦。葛飾区の私学事業団運動公園。

勝ち上がり方式は4つのブロックに分かれた予選トーナメントの勝者4チーム(十文字、修徳、村田女子、飛鳥)が総当たりの決勝リーグを行う。1位と2位が関東大会進出。5位決定トーナメントも併せて行われ、先の残り3位・4位のチームと5位のチームが関東秋季大会へと進む。
この日は決勝リーグ第1節2試合と5位決定トーナメント1回戦2試合が組まれた。最後の第四試合は文京学院大学女子高等学校対都立東久留米総合高等学校、16:00キックオフ。35分ハーフ。
○リンク(時々日記内)


影が長くなってきた。
20140914165658ss.jpg

文京学院フォーメーション。

11鳥海      9松村

8稲田                         5額賀

10松山  12有澤

 6中村  3小平 4後藤 2権田

GK1竹木

東久留米総合フォーメーション。

11島崎   9五日市

17薄井                      22鈴木

10深川  5金子

6角田  4平澤  3関野  21長谷

GK1渋江

この試合は一転して打ち合いに。前半開始早々中央でパスをつないで東久留米11島崎が先制。さらに10分に5金子のミドルで2点目。そのまま圧倒するのではないかとも思われたが、文京学院は折れずに粘り強く反撃開始。20分過ぎ右サイドを突破した10松山がGKも交わし角度がない位置あkらシュートして1-2。5額賀に代わって入っていた15大輪が中央からミドル。これがGK頭上を越えてゴールし、前半は2-2で折り返し。

後半は共に慎重な入りになったが、45分頃に文京エリア内中央やや遠目の位置でFKを得ると東久留米5金子が直接ゴール。キック力がある選手による何度か見たことがあるシーンだったが見事。後は蹴り合いになって文京学院の方が押してはいたがゴールは奪えず2-3で東久留米の勝ち。
文京学院のチームプロフィール「十文字や村田には近いが、全国には遠い」という一文が元駒込在住者にはややツボ。ビック ビック ビック ビックチャンス 東久留米総合はこの日の四試合の中で一番勝って喜んでいた印象。足元の技術に自信が個人が仕掛けるスタイルで京都精華女子を思い出した。

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

Amazon
高校サッカーダイジェスト Vol.7 2014年 11/1号 [雑誌]

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」