2014/11/9:関東女子ユース 決勝 日テレ・メニーナ戦(保土ヶ谷)

第18回関東女子ユースサッカー選手権大会(兼)第18回全日本女子ユースサッカー選手権大会関東予選最終日決勝、浦和レッズレディースユース対日テレ・メニーナ戦の観戦。


神奈川は県サッカー協会女子委員会の公式サイトはこちら。リンク
今日の会場は再び保土ヶ谷公園。今回は泊まって相鉄線を海老名方向から来たので和田町駅で降りて、駅前のセブンイレブンで食料調達してから銀杏並木を通って裏手の駐車場から来るコースをたどる。こちらの方が歩きやすいかも。
先に3位決定戦、ASエルフェン埼玉マリ対ジェフU-18戦。昨日の準決勝と同じような展開で1-1のまま延長戦に持ち込んだが、早いグラウンダーでのクロスボールをOGしてジェフが勝ち越し3位。少し高い位置から見るとマリのDFラインは統率が取れてしっかり寄せているし、いわゆる守備から入って自分たちのペースに持ち込んでいることがわかる。
20141109145516ss.jpg

レッズのスタメンは次の通り。
20141109reds.jpg
昨日の準決勝からはCBを新井→南に変えての布陣。負傷交代に見えた遠藤も問題なく出場。高3が村社だけなので来季以降のスタメンなのかと思って鬼が笑う。予定通り13:00キックオフ。40分ハーフ。
怖い怖い鳥海のプレスはうまくさばいたものの、攻撃は中央突破が多く青木のシュートが2、3本あった程度。前半は0-0で折り返し。
後半すぐに中央の混戦から高橋がGKとの1対1の局面ができてシュート、GKがはじいたボールは左ポストに当たって外れる。59分に植木のドリブルからチャンスを作られて三浦にミドルを打たれ、遠目ではGK反応できていたがDFの足に当たってさらに遠くへ飛んでしまい久しぶりの失点。その後青木→柳澤で高橋がトップ、今井→塩越で木崎がボランチの交代カードを2枚切るとすぐに塩越が中に切れ込んで貫禄の強く速い弾道のミドルシュートを決めて同点。その後は共にチャンスを作るが決めきれずこの試合も延長へ。
延長に入るとすぐに早いリスタートから左サイドを破られ中で再び三浦に決められて失点。すぐハーフウェーラインあたりからの植木のドリブルを止められずそのままシュートを打たれて3失点目。金勝→小嶋で塩越を左に回して右サイドに入れたところで延長前半が終了。延長後半は長野をアンカーに据えて木崎を上げる4-1-4-1にしたが得点には至らず1-3で試合終了。
第18回関東女子ユースサッカー選手権大会 決勝
2014年11月9日(日)13:00キックオフ・保土ヶ谷公園内サッカー場
浦和レッズレディースユース 1-3(前半0-0、後半1-1、延長前半2-0、延長後半0-0) 日テレ・メニーナ
得点者:59分 三浦成美 68分 塩越柚歩 83分 三浦成美 88分 植木理子
試合時間:80分+延長前後半20分
GK 鈴木
DF 遠藤、久保、南、村社
MF 木崎、長野、今井(→塩越)、金勝(→小嶋)、高橋
FW 青木(→柳澤)
20141109150403ss.jpg
高いレベルの試合内容で皇后杯関東予選準決勝同様どちらが勝ってもおかしくなかったがレッズとしてはもう一歩押し込めず、メニーナの決定力が勝った印象。CBに入った土光が上手かったが持ち過ぎのイメージがあったけれど結果を出した植木にもやられた。
レッズは最初に書いたようにほぼ来季を伺わせる布陣もCBの久保が終始自信を持ったプレーで良かったように思う。塩越は会長杯やユース選手権の頃の冬場に活躍すると勝手に思っているので久々の得点でこのままいい感じで行ってもらえば。

同日、平塚の馬入公園で行われた第5、第6代表の決定戦は、
栃木SCレディース 2-2(PK5-3) OSAレイアFC
横須賀シーガルズJOY 3-1 スフィーダ世田谷FCユース
という結果だった。
次週の関東女子リーグ・関東学園大戦は関西遠征でお休みします。

時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」