2014/11/24-11/30:週記

2014/11/24月祝:

いよいよなでしこリーグも大詰め。駒場へ向かう。


20141124153316ss.jpg
思ったより平常のテンションなのであった。紙吹雪のタイミングを逸したせいかもしれない。「サイゼリヤ」でN氏とK氏と軽く飲んで普通に帰って早々に寝てしまった。

Amazon
高校サッカーダイジェスト Vol.8 2015年 1/11号 [雑誌]

25火:
冷雨。打ち合わせ。
夕食後「埼玉新聞」を買いに駅まで。
26水:
昨日と同じ冷雨。
J1残留関係をもう一回まとめ。
14 仙台 35 33 47 -14 徳島 広島
15 清水 35 41 57 -16 柏レ 甲府
———————————————
16 大宮 32 41 58 -17 名古 セ大
17 セ大 31 35 42 -07 鹿島 大宮

27木:
ようやく洗濯日和。
録っておいた「駅 STATION」(1981)を観る。高倉健の映画というよりは北海道の映画。いしだあゆみ、古手川祐子、烏丸せつこと三連発で薄幸の人たちが出てきたところはうまく入れなかったがようやく倍賞千恵子が可愛くて困る。佐藤慶と平田昭彦の鼻持ちならないお役人系上司の役柄も昭和の男という感じでいい。
28金:
「天国から来たチャンピオン / Heaven Can Wait」(1978アメリカ)、有名な映画だけれどようやく。女性が全員ファラ・フォーセットに見えるんだが。
「あ・うん」(1989)をBSで。高倉健追悼系だが、富司純子いいなあ。
29土:
出かける予定もあったのだが取り止めて、鳥栖アウェイ戦の生中継(NHK)に注力。
AT、それもラストプレーに近い相手CKから決められて痛恨の引き分け。
2014Jリーグ DIVISION1 第33節
2014年11月29日(土)14:04キックオフ・ベストアメニティスタジアム
サガン鳥栖 1-1(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:69分 阿部勇樹、90+4分 小林久晃(鳥栖)
入場者数:19,235人
勝ったガンバ大阪に得失点差で抜かれて自力優勝は消滅。大脱力。
セレッソ大阪の降格が決まり、残りは大宮と清水に可能性が絞られた。
「ツリー・オブ・ライフ」にはうまく入れず、止めて「悪人」(2010)を観る。観たことはあったと思うが、閉塞感と危うさみたいなものを柄本明と樹木希林は当然のこと、深津絵里と満島ひかりもよく演じている。「フタタ」はよく撮影を許可したな、とも思う。柄本明は理容店の店主という設定。営々と働いて暮らし、子供を育てたのを現す職業として選ばれやすいのだろう。他でもあったのだが作品名を思い出せない。

続けて「ハート・ロッカー / The Hurt Locker」(2008アメリカ)。爆弾処理班が主人公。アメリカ人は生活様式を含めて自分たちのあり方が最上だと信じて疑わない。それはベトナム戦争を描いた作品でも同じことなのだが、反戦に傾かず暑苦しい(?)映像で戦争と(アメリカから見た場合の)中東の狂気とやりきれなさをうまく表現している。

皇后杯が始まった。
30日:
ネスレカップが始まった。BSフジで生中継があり観戦。
ネスレカップ 国際女子サッカークラブ選手権2014(Nestle CUP INTERNATIONAL WOMEN’S CLUB CHAMPIONSHIP 2014)1回戦
2014年11月30日(日)11:05キックオフ・岡山県美作ラグビー・サッカー場
浦和レッズレディース 5-1(前半2-1) 江蘇華泰証券足球倶楽部(中国)
得点:11分 加藤千佳、27分 吉良知夏、41分 王麗思(江蘇華泰証券)、58分 吉良知夏、76分 オウンゴール、86分 岸川奈津希
GK 池田
DF 堂園、乗松、高畑、和田(→75分 臼井)
MF 後藤、柴田(→81分 長野)、岸川、加藤(→80分 泊)
FW 吉良(→72分 清家)、大滝(→66分 齊藤)
SUB 松本、石井、千葉、中村、三谷
入場者数:1,295人
スタメンは最終節から変わらず、柴田がボランチ。やはり実力差は相当あり、相手のシュートも1に留めたがその1がFK直接で池田が取れずに失点したのだからサッカーは分からないものだ。ちょっとじれったい時間帯もあったが、着実に加点して勝利。泊はもう少し長く見たいのだが短い時間なりに大体大時代の躍動感を示した。
午後打ち合わせ。ここに入ったのは奇跡とは言わないが、いい巡りあわせで助かる。
女子ブンデスリーガ、ヴォルフスブルクとフランクフルト戦を見たり、この週末は珍しく生観戦がなかったな。


旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」