展望:国内女子サッカー2015シーズン(2) なでしこリーグ1部

今季は観戦記や大会予選の結果とともに外し・大外しを恐れずに展望の記事を書こうと思っているので、まずはなでしこリーグ1部(以下、L1)、同2部(以下、L2)、チャレンジリーグ(以下、L3)を中心に2015年シーズンの展望を3回に分けて書く。



2回目はなでしこリーグ1部10チームの退団・加入のまとめとプレシーズンの動向について。 退団と加入については3/23現在のもの。監督を交代したチームのみ記載し、開幕から4試合の対戦予定を添えた。故障者の情報はほぼ入手しておらず加味していない。あ、Kさん、当アカウントからの情報提供になりますとかパクりませんよねw

1本目は「展望:国内女子サッカー2015シーズン(1) 移籍とスケジュール」です。

○浦和

退 団 加 入
大滝麻未(En Avant de Guingamp[仏])
坂本理保(AC長野)
齊藤あかね(AC長野)
泊 志穂(AC長野)
成合 瞳(福岡AN)
堂園彩乃(引退)
中村みづき(早稲田大)
長船加奈(ベガルタ)
平尾知佳(ac福島)
白木 星(常盤木)
清家貴子(レッズLY)*

  • 開幕4戦:I神戸(H) – ジェフL(A) – AS埼玉(H) – 新潟L(A)

スタメンでは堂園が引退、加えてベンチ入り常連のメンバーが出場機会を求めて移籍した。一方平尾と清家は加入欄にいるのはおかしいほどの昨季の活躍ぶりだったが加えてベガルタから長船、常盤木から白木が加入。戦力的には昨2014シーズンから変わりがないがポジション的には堂園が抜けた右サイドバックに誰が定着するかとDFラインの5人目、6人目の底上げが課題か。

ネスレカップから皇后杯のスケジュールがタイトだったためか1月を全休して2/3に始動したところ2週間で故障者続発で千葉の「なでしこ交流戦」はカツカツのメンバーという入り。ようやく3月になってほぼ全員トレーニングマッチには出られる程度まで回復してきた模様で、正直なところ開幕にはもう一週欲しいくらいの状況かもしれない。初戦のI神戸戦よりは2戦目のジェフL戦が今季を占う重要な一戦になりそう。
代表には縁がなさそうなので前半無難にまとめてその中断期間にモチベーションも含めて立て直すようなイメージでいいのではないか。高卒新人に多くを期待するのは酷かもしれないが白木は堅実なポストプレーに加えてドリブル突破にも独特なリズム感があり、プレシーズンマッチでのパフォーマンスからはそこそこやれるのではないかという手応え。

○日テレ

退 団 加 入
小林弥生(引退)
小林海青(ノジマ)
高橋彩織(AS埼玉)
山口麻美()
上辻佑実(ベガルタ)
荒川恵理子(AS埼玉)
鳥海由佳(メニーナ)*
土光真代(メニーナ)*
清水梨紗(メニーナ)*
長谷川 唯(メニーナ)*
籾木結花(メニーナ)*

監督:寺谷真弓→森 栄次

  • 開幕4戦:大阪高槻(H) – AS埼玉(A) – ジェフL(H) – 湯郷ベル(A)

小林弥生の引退分にベガルタから上辻が入った勘定。メニーナからの昇格組もほぼ2種登録経験者で、戦力的にはいい意味で昨季から平行線。鳥海でさえ抜群のスプリント能力を持っており前線でチェイスするスタイルに不覚をとるチームもありそうだ。3戦目のジェフL戦を乗り越えられれば安定した成績を残せるのではないか。

○新潟

退 団 加 入
下川沙織(AS埼玉) 渡辺彩香(I神戸)
小島美玖(ac福島)
川崎咲耶(常盤木)
八坂芽依(日ノ本学園高)
瀬倉春陽(昇格)*

  • 開幕4戦:伊賀FC(H) – ベガルタ(A) – 湯郷ベル(H) – 浦和(H)

新潟も戦力的には退団がほぼなく上積みした形。4戦目のホーム浦和戦が最初のヤマか。

○湯郷べル

退 団 加 入
中野真奈美(ベガルタ)
有町紗央里(ベガルタ)
布志木香帆(Aハリマ)
中田麻衣子(引退)
小林真規子(伊賀FC)
高橋千帆(吉備国大)
中島千尋(ASハリマ)
三田一紗代(早稲田大)
小林映里奈(尚美学園大)
森迫あやめ(岡山県作陽高)
作間琴莉(村田女子高)
岸野早奈(村田女子高)
大久保 舞(藤枝順心高)
橋本祥子(福井工大付属福井高)

  • 開幕4戦:AS埼玉(H) – I神戸(A) – 新潟L(A) – 日テレ(H)
有町と中野、布志木が退団し、GKは充足したがフィールドプレーヤーはほぼ新人の加入に留まり、厳しいシーズンが予想される。

○ジェフL

退 団 加 入
山本菜桜美(S世田谷)
花桐なおみ(S世田谷)
井口 祥()
柳井里奈(2013→復帰)
磯金みどり(I神戸)
木付優衣(日ノ本学園高)
安齋結花(ジェフU-18)*
大矢円佳(ジェフU-18)*
西川彩華(常盤木)
三橋明香(常盤木)
松本直美[2種登録]

  • 開幕4戦:ベガルタ(H) – 浦和(H) – 日テレ(A) – 大阪高槻(H)

昨年の戦力にI神戸から移籍の磯金がDFラインでポジション争いをする程度の変化に留まり、昨2014シーズン以上の躍進はあると見ていい。2戦目のホーム浦和戦と昨季相性が良かった日テレとの3戦目がいきなり山場で、これを連勝するようなことになれば波に乗れるのではないか。

○I神戸

退 団 加 入
渡辺彩香(新潟)
磯金みどり(ジェフ)
武仲麗依(ベガルタ)
田中陽子(ノジマ)
山田真帆(Aハリマ)
今井晴香(Aハリマ)
ゴーベル(Seattle Reign FC[米])
チェルシー()
伊藤香菜子(AS埼玉)
齊藤夏美(AS埼玉)
鮫島 彩(ベガルタ) 
守屋都弥(ac福島)
近賀ゆかり(Arsenal Ladies FC[英])
大野 忍(Arsenal Ladies FC[英])
チャンスルギ(江原道立大[韓])
杉田妃和(藤枝順心高)
竹村美咲(日ノ本学園高)
渋澤杏奈(INAC B)*

監督:前田浩二/熊田喜則→松田岳夫

  • 開幕4戦:浦和(A) – 湯郷ベル(H) – 大阪高槻(A) – 伊賀FC(H)
実績のある松田岳夫氏を監督に据え、皇后杯から復帰した田中明日菜に加え、イングランドから近賀、大野が呼び戻されたかのように再加入、ベガルタから鮫島を獲得と日本代表4人が加わり2013年シーズンの四冠再現を目論む(やや棒)。
昨季期限付き移籍の外国人選手延べ2人を採るなどチームとしても不安感を隠していなかったCB陣は齊藤と田中に入れ替えるのか。また前述の4人に川澄を加えた日本代表組のアルガルベカップでの低パフォーマンスをどう見るか。帰国直後の「忍びの里レディーストーナメント」で伊賀に0-3と完敗しているのも不安材料を増やしたとなれば、2-4戦目は移動も少なく恵まれた感があるので悪い意味である種の課題は先送りにされてしまうのではないか。
○ベガルタ

退 団 加 入
長船加奈(浦和)
鮫島 彩(I神戸)
上辻佑実(日テレ)
川島はるな(ノジマ)
齋田由貴(引退)
小山季絵(引退)
中野真奈美(湯郷ベル)
有町紗央里(湯郷ベル)
武仲麗依(I神戸)
西川明花(吉備国大)
千葉梢恵(2013早稲田大→リトルスターズ)
万屋美穂(日ノ本学園高)
ジョバーニャ(サンジョゼEC[伯])

  • 開幕4戦:ジェフL(A) – 新潟L(H) – 伊賀FC(A) – AS埼玉(H)

マリーゼからの流れを汲んでいるとはいえ発足4シーズン目にして一巡したことを感じさせる引退を含んだ流失が続く。一方で加入はそこそこの名前が揃い退団分に見合う選手が、さらに湯郷から有町と中野、ブラジル人FWジョバーニャが加わり、浜田遥がFW専業化することにより攻撃陣はかなり多彩かつ強力になった。

不安材料は正GKがI神戸から移籍の武仲が有力視されるが通年の出場は初めてであること。DFラインからは長船が抜けその前の川村でつぶせないと試合の後半で綻ぶ場面がありそう。

○AS埼玉

退 団 加 入
伊藤香菜子(I神戸)
齊藤夏美(I神戸)
武田ありさ(大阪高槻)
荒川恵理子(日テレ)
鈴木薫子(伊賀FC)
山崎小百合(JSC)
河合奈世(名古屋)
有馬静佳(オルカ鴨川)
内田紗希()
高橋優子()
齋藤有里()
山郷のぞみ(引退)
竹山裕子(引退)
原 歩(引退・INACコーチ)
下川沙織(新潟)
高橋彩織(日テレ)
鳥谷部 梢(伊賀FC)
櫻木彩菜(S世田谷)
高野紗希(吉備国大)
北野梨絵(日体FC)
櫻林亜佐子(サンガブリエル[西])
松岡沙由理(大阪体育大)
杉原遥波(常盤木)
松久保明梨(常盤木)

監督:松田岳夫→吉田弘

  • 開幕4戦:湯郷ベル(A) – 日テレ(H) – 浦和(A) – ベガルタ(A)

皇后杯初戦前から松田監督との契約更新がないことを報じ、リーグ最終戦のスタメン8人サブ2人を含む14名もの大量退団という波乱のオフ。2014シーズンの吉備国大に近い形での自動降格か。

○伊賀FC

退 団 加 入
小林真規子(湯郷ベル)
作元芙美佳(大阪高槻)
鳥谷部 梢(AS埼玉)
高島瑠里子(AC長野)
高橋美春(名古屋)
堤 早希(Alemannia Aachen[独])
山口絢子()
岡本莉奈()
佐藤 愛(引退)
冨樫香織(引退・指導者)
畑中美友香(大阪高槻)
井指 楓(吉備国大)
鈴木薫子(AS埼玉)
下條 彩(S世田谷)
モリー・メンチェル(ROA Dynamite Girls[諾])※9/30まで
グロリア・ダグラス(ROA Dynamite Girls[諾])※9/30まで
監督:浅野哲也→金鐘達

  • 開幕4戦:新潟L(A) – 大阪高槻(A) – ベガルタ(H) – I神戸(A)

2013皇后杯でベスト4入りしたものの、昨2014シーズンは思うように成績が伸びず9位。新監督の下、再出発の感が強いが「忍びの里レディーストーナメント」でI神戸を3-0で下しておりいいムードでシーズンに入ることができそうだ。開幕4戦はアウェイが多いが五分以上でスタートが切れるかどうか。外国籍選手の期限付き移籍に近年積極的だが今季は秋までアメリカ人選手2名が加わり、受け入れ体制にもノウハウができたことを考慮すれば、伊賀FCが台風の目かもしれない。前述のトーナメント決勝で途中退場したGK久野が心配。

○大阪高槻

退 団 加 入
畑中美友香(伊賀FC)
池田あすみ(バニーズ)
後長美咲(バニーズ)
遠山さゆり()
黒木あさ子()
作元芙美佳(伊賀FC)
武田ありさ(AS埼玉)
北川和香奈(Aハリマ)
塩谷真里(アンジュ)
高橋紗樹(ルクレMYFC)
米山涼美(ルクレMYFC)
山本真穂(日体大→横須賀シーガルズJOY)
阪中 澪(Atletico FeminA)
林 萌々(武蔵丘短大)
藤野涼加(常盤木)
市野愛月(作陽高)

開幕4戦:日テレ(A) – 伊賀FC(H) – I神戸(H) – ジェフL(A)
昨2014シーズンは2部に降格したが1年で昇格。各カテゴリーから万遍なく加入者があるが実力は不明。「忍びの里」ではAC長野に普通に負けており残留が目標のシーズン。

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」