2015/5/31:関東女子リーグ1部 日テレ・メニーナ戦(ヴェルディグラウンド)

2015(平成27)年第21回関東女子サッカーリーグ前期第7節、日テレ・メニーナ対レッズレディースユース戦の観戦記。


時々日記内の関東女子サッカーリーグ情報集約ページはこちら。2015年度 第21回関東女子サッカーリーグ
20150531125341ss.jpg
レッズのスタメンは次の通り。
20150531menina.jpg
U-19アメリカ遠征で松本が不在でGKは鈴木へ戻す。並列に置いたが青木の方が前の時間帯が長かった。
前半早々にロングフィードに植木が走ってCBとSBが振り切られて失点。すぐに今度は右突破されクロスボールのファーからの折り返しをまた植木に決められて2失点目。鳥海から植木に役者が代わっただけのデジャヴ感に目ゴシゴシ。
前目からのプレスにDFラインでのボール回しも窮屈そうなのと自信なさげ、パス交換もDFライン手前で正確さを欠いてレッズは終始
リズムが作れなかった。それでも90分間見応えのある時間ではあったけれど。
第21回 関東女子サッカーリーグ1部 前期リーグ第7節
2015年5月31日(日)13:00キックオフ・ヴェルディグラウンド
日テレ・メニーナ 2-0(前半2-0) 浦和レッズレディースユース
得点者:8分 10分 植木理子(日テレ・メニーナ)
試合時間:90分
GK 鈴木
DF 遠藤、長嶋、南、金勝
MF 木崎、今井、長野、塩越
FW 青木(→87分 三浦)、小嶋(→65分 高橋は)
SUB 本間、奥本、久保、三木、井上

前節早稲田大に6年ぶり快勝の反動か、この世代の調子の管理は難しい。試合前の練習で気合が入っていたのは初のベンチ入りの本間珠幸と三浦晴香の中3組。地元の青木は右からのクロスを速い振りで合わせたのが1本、GKも反応できないほどだったが惜しくもポスト直撃。この日は最前線に位置する時間が長かったが孤立した。高橋はなはまだ30分限定なのか。
リーグとしては一巡して4勝1分2敗で2位での折り返し。

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」