2015/8/15:埼玉県リーグ1部 大東文化大DBFC楓昴戦(レッズランド)

埼玉県女子サッカーリーグ1部、大東文化大学DBFC楓昴対レッズレディースジュニアユース戦の観戦記。



当初は(ってこれを書いている現在も協会公式では変更告知なしだが)、8月15日の10:00、大東文化大(東松山キャンパス)で行われるとされていたが、前節の熊谷プレシオッサ戦の結果を伝えるレッズレディース公式ページにしれっと変更の情報が記載されていた。レッズランド13:00なら駒場で国体の群馬県対埼玉県を見てから自転車で移動して余裕で間に合う。実際は前の使用者の関係か13:15キックオフとなった。DBFCのホーム扱いなのかいつもとは異なる側のベンチに座った。

レッズのスタメンは次の通り。
20150815redsljy.jpg

石倉をボランチで知久と組ませ、渡邊莉を本来のトップの位置でそれぞれ初起用。高橋美紀がトップ下で攻撃陣を支えるフォーメーション。
レッズのボールポゼッションで試合が進む。10分右SB月東からのショートパスを飛び出してペナルティエリア角で受けた石倉がうまく反転してDFを交わしてゴール左隅へシュート、ポストには当たったがゴールイン。終盤FKとCKを与え押し込まれたが凌ぎ切って再び押し返す。前半は1-0。
後半すぐの38分に右サイドスローインからの流れで月東が突破してライン際から速いボールを中へ。これをゴール前にうまく入り込んでいた上田が合わせて追加点。その後DBFCにロングシュートを打たれたが石塚がよく反応してはじき出す。その後、石倉→河合、渡邊莉→島田、さらに知久→落合(高橋美がボランチへ)、一法師→福田莉と交代し、61分右サイドからのボールを中央で落合が受けると左の上田へ、少しタメてからゴールエリア付近にスルーパスを出し、受けた島田が収めてからニアをぶち抜くシュートで3点目。これでほぼ勝負ありの形勢となって結果3-0でレッズの勝利。
第23回埼玉県女子サッカーリーグ1部
2015年8月15日(土)13:15キックオフ・レッズランド
浦和レッズレディースジュニアユース 3‐0(前半1‐0) 大東文化大学DBFC楓昴 
得点者:10分 石倉花純、38分 上田佳奈、61分 島田芽依
試合時間:70分
GK 石塚
DF 月東、渡邉優、井之川、寺﨑
MF 石倉(→42分 河合)、知久(→49分 落合)、髙橋美
FW 一法師(→55分 福田莉)、渡邉莉(→42分 島田)、上田(→70+1分 大西)

全般的に落ち着いてボールが回せ終始押し込んでいて試合運びとしては危なげがなかった。得点者と2アシストの月東はこれくらいできる子たち(?)なので、二回り位大きなFWと相対して仕事をさせなかった渡邊優にPOM。コンビを組む井之川が終始落ち着いてボールをさばきカバーできていてのことでもある。
知久のボランチもアクティブで引き続き好印象。高橋美はこの難しいポジションを3ボランチ的に処理したが、FW系の選手が務めるのとまた違った変化が付けられたと思う。そのポジションに交代して入ったのは落合。ボールの在り所を追う癖があって流れに乗れない時もあるが、そこは省略して前を向いて足下にボールがあればそこから出すパスは巧い。石倉の得点に至る身のこなしは少し驚き。ごめんなさい。

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」