2015/11/7:皇后杯1回戦 JFAアカデミー福島戦(四日市)

【レッズレディースユース】 

第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会1回戦、浦和レッズレディースユース 対 JFAアカデミー福島の観戦記。


昨年に引き続き関東代表枠で出場するレッズレディースユースの皇后杯、今年は3部相当の高校生に勝てるかチャレンジ!のチャレンジリーグ発足のためか本大会の出場チーム数は48チームへと拡大された。よってトーナメントの組み方が変わって、なでしこ1部から数えて16チームがシードされて2回戦から、他の32チームは1回戦からの勝ち上がり方式となった。
テクノポート福井スタジアム、四日市中央緑地公園陸上競技場、三木総合防災公園陸上競技場、五色台運動公園「アスパ五色」の全部ババのババ抜きの結果まぁ一番いいかなの四日市を会場として引いたが、対戦相手はU-18カテゴリーではそれなりの戦力があるac福島となった。今季ここまでTMやWSLでの対戦はない。
20151107102730ss.jpg
近鉄名古屋線で近鉄四日市の隣の駅「新正(しんしょう)」から徒歩アクセス圏内。
20151107111803ss.jpg
久々に魔境感はないが、芝の状態はバンカーあり滑りやすいところありの何だかな、というもうちょっと何とかならないの。横断幕の掲出を向こう正面の壁に認められたので競技場内を通って設置のお手伝い。
レッズのスタメンは次の通り。
20151107140451.JPG
U-16日本代表で中国遠征の長野、金勝、高橋は、小嶋、三浦が不在。中1の逸材FW島田芽依も登録したがU-13の韓国遠征で不在。ただしこれは織り込み済みではあったようで関東ユースの時点から中2の選手を起用したり新ポジションを試したりとそれなりの対策は感じられていた。
答えはボランチの一角へ今井裕、CBへ長嶋が復帰。中2の一法師を左SHへ入れて高3の8人全員を揃えた。リザーブ5人はGK鈴木に久保、轡田、高橋美、ワタリ。キックオフ時から久保がウォーミングアップを開始していた。
ac福島は次の通り。
GK 1 浅野菜摘
DF 4 橋沼真帆
DF 14 森田 海
DF 16 千葉菜々美
MF 2 中條結衣
MF 8 平田 舞
MF 9 立花 葉
MF 10 北川 ひかる
MF 13 髙橋 楓姫
MF 25 根津 茉琴
FW 5 植田 悠莉子
特別指定制度で今季レッズレディースで出場した北川は1.5列目で中央、大型FWの植田との絡みで攻撃の軸という役割。
共に慎重な入りもポゼッションはレッズ。16分塩越のシュートはバーの上。18分木崎がバイタルエリアから放ったシュートはバーに当たる。その直後サイドを破られてヒヤリとする場面を作られるが中央で対応してシュートを打たせない。42分に塩越がトップの位置でDFを背負って受けると強引に反転して持ち込みシュートを放つがこれもバー直撃。
後半はac福島が一段と引き気味で構えてレッズが攻める時間が長くなる。61分に一法師から久保にスイッチすると今井を上げるのかと思いきやポジションはそのまま久保が左SH。これも初めて見るけれど均衡した試合展開でボランチとしての実績を重く見たか。75分頃CKからの流れをバイタルエリアから木崎がミドルシュートを放つがこれもバーをかすめて枠の外。延長戦入りの気配が濃くなってこれも90分限りのプランだったのか今井裕から高橋美へと交代。そして0-0で延長戦突入。
延長戦もCKを数多く取ってレッズが攻めたがシュートは正面をつくなど結局ドロー。PK戦はレッズが5人とも決めたが、ac福島4番手が左上隅を狙ったボールが枠外で5-4でレッズが2回戦進出となった。
第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 1回戦
2015年11月7日(土)14:00キックオフ・四日市中央緑地公園陸上競技場
浦和レッズレディースユース 0-0(前半0-0、後半0-0、延長前半0-0、延長後半0-0、PK5-4) JFAアカデミー福島
試合時間:90分+延長前後半20分
GK 松本
DF 奥本、長嶋、南、三木
MF 遠藤(→106分 ワタリ)、木崎、今井裕(→90+1分 髙橋美)、一法師(→61分 久保)、青木
FW 塩越
入場者数:280人
主審 柳村彩乃 副審1 新関美奈子 副審2 一木千広 第4審判 竹島みなみ
20151107162919ss.jpg
昨年、ASハリマアルビオン戦でのPK戦敗退を雪辱した形。木崎は最終ラインのカバーから最前線への飛び出しに惜しいミドルシュートと縦横無尽に駆け回ってチームを督励した。ただでさえ難しいポジションの左SHムチャ振りを喰らった一法師と久保はシンプルにさばいていいところと1対1勝負に出る判断力がもっとつけばいいが守備面で穴を作ることは無かった。その点ではもう一列下でも奥本に一日の長があって見ていて楽しかった。
ac福島は初めて見たし無得点に抑えたこともあり特長がつかみにくかったので感想は書かずに留める。
さて、次はこの試合終了時には日本で2番目に強かったけれど結局ES4位だったアルビレックス新潟レディースとのゲーム。勝機はある。

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」