【展望】2016/4/3:なでしこ1部 新潟L戦(駒場)

プレビュー

2016プレナスなでしこリーグ1部 第2節
2016/04/03 (日) 13:00 キックオフ 浦和駒場スタジアム(埼玉県)
浦和レッドダイヤモンズレディース – アルビレックス新潟レディース


1.前節の結果と直近の対戦

先制は浦和だったが、じわじわと押し込まれついに決壊も何とかドロー。
  • 新潟L 1-1 湯郷ベル 3/27日 デンカS
中央で受けた大石のゴールで新潟Lが先制したが、宮間のFKをDFとGK間に松岡が飛び出し頭で合わせて流し込み同点に。

***

直近の公式戦対戦は2015プレナスなでしこリーグ1部 エキサイティングシリーズ 上位リーグ 第1節
新潟 3-1 浦和 2015/10/12月 デンカS
序盤から攻勢に出た新潟がミスにも乗じて前半で3点とって試合を決めた。2015シーズンRSは2試合とも0-1で敗れており3戦3敗。
開幕前のTMでは3度対戦。
  • 2/19 なでしこ交流戦 新潟L@稲毛海浜公園 0-0、1-0(吉良)
  • 2/20 なでしこ交流戦 新潟L@スポレクA 0-0、0-0
  • 3/5 TM 新潟L@レッズランド 45分×3本 1-0(乗松)、2-2(後藤2)、0-0

2.スタメン予想

浦和のスタメンは不動(キリッ

2016urawastart.jpg
ベンチも変わらないはず(棒)で、交代時間も変わらないだろう(棒)。だいたい70分くらいで動き出すのは去年からの傾向のままで、しかも左サイドから変えたがる謎。予定を予定通りにこなせば満足なタイプなのだろう。そして最大の謎は猶本は怪我しない限りフル出場、もう指摘してもいい頃だろう。
***
新潟の前節スタメンは次の通り。
GK 22 福村香奈絵
DF 26 小島美玖
DF 6 左山桃子
DF 3 中村 楓 (Cap.)
DF 4 渡辺彩香
MF 15 阪口萌乃
MF 5 高橋 悠
MF 10 上尾野辺めぐみ
MF 24 佐伯 彩 85分▼
FW 8 大石沙弥香
FW 17 久保田麻友 65分▼
GK 21 高橋智子
DF 2 高村ちさと
DF 27 瀬倉春陽
MF 7 斎藤友里
MF 20 山田頌子
MF 28 八坂芽依 85分▲
FW 13 川﨑咲耶 65分▲
山崎円美はどうしたんだろうか。

3.試合のポイント

  • 優勝した2014年はI神戸→伊賀FCとアウェイ連戦を連勝して波に乗ったが、近年開幕戦(負けても)いいムード→2戦目塩試合で脱力する展開で結局シーズン成績も今一つで連続脱力の展開に陥っている。
    2015/3/28:INAC神戸(駒場) ●2-3 → 2015/4/4:ジェフL(フクアリ) ●0-1

    2013/3/23:大阪高槻(駒場) ○3-0 → 2013/3/30:ジェフL(市原臨海) ●0-1

    2012/4/15:AS狭山(ナクスタ) ○5-0 → 2012/4/21:ジェフL(市原臨海) △0-0
      全部ジェフLアウェイではないかとの指摘もあろうが、今季は昨季3戦3敗だった新潟Lでむしろもっと分が悪い相手である。

    • 前節からの1週間で浦和は筑波大から山守杏奈(4年)、昨年に続いて水谷有希(2年)を特別指定選手として受け入れを発表、ユース所属の南萌華(高3)を登録した。筑波大の2人はJFAアカデミー福島出身で特別指定選手制度をまるで就職活動に利用しているのか、この流れで平尾、北川が当年にそこそこのパフォーマンスを見せて翌年加入しているのでこの悪徳芸能プロダクションさんの抱き合わせ商法には文句を言いにくいのか、などなどいろいろと感想は浮かぶけれど公式戦試合出場メンバーとしては考えなくていいだろう。南はユースでCBとして安定したプレーを見せているしU-20代表候補にも招集されているのでむしろ登録は遅すぎるくらい。ただボランチもできる長嶋の方がバックアップとしては上位におかれている模様ですぐに出場機会が得られるかどうかはこれからの話。
    • 浦和の開幕戦はやはり攻撃はサイドからの印象を深め、守備は中盤のプレス不足を露呈した感。また両サイドハーフ(柴田、筏井)が中(逆サイド)へ絞ったところを衝かれていたので修正できているか。
    • 試合前のウォーミングアップ内容が変わった模様。今季からの石原孝尚コーチが仕切るようになったためか、正直なところ駒場の場合爆音とインタビュー紹介などの場内放送下でこなす感じだった印象が強かったので再度注目しておきたい。
    • 予想スコアは0-0。残念ながら明るい材料は見出せず塩試合。セットプレーで得点するイメージも全く湧かないので新潟には相性がいい吉良がこぼれ球を蹴りこんで1点挙げて逃げ切れれば。
    • 当初の予報からは降水確率が下がりトップチームのゲームもないので、入場者数は3,000人超えるか。情けないことだが塩展開だと場内の雰囲気が悪くなるのは例年通りか。
    • 「縁」(年代別代表は除く)
      • 新潟は他チーム経由も含めて常盤木学園出身者が9名いるため、表にした。
    卒業年度 新潟L 浦和
    2004 #1小金丸幸恵
    2008 #20山田頌子、#14小原由梨愛 後藤三知
    2009 #3中村 楓
    2012 #2高村ちさと
    2013 #18岡倉海香、#22福村香奈絵、#19小須田璃菜
    2014 #13川崎咲耶 白木 星

      • 藤枝順心高出身も多い。高畑志帆から見て、#24佐伯 彩は同期。2個下に#6左山桃子と#15阪口萌乃がおり、左山はその前に所属していた広島フジタレディースと通っていた中学校も同じ。 
      • #1小金丸幸恵は2005-2012シーズン、レッズレディース所属。#9山崎円美はレッズジュニアユースレディース所属後新潟へ。 
      • #20山田頌子は2009-2011シーズン、ジェフレディース所属で、2011年筏井りさとプレー。
    • チケット
      • 全席自由席一般:1,000円
      • 回数券自由席一般(5枚綴り)  4,000円
    • 2016レディースプレコンTシャツ新発売
    長船加奈(2)/乗松瑠華(6)/猶本 光(8)/柴田華絵(18) S/M/L/LL 3,780円(税込)
    • ハピネス プレゼント&2016プレナスなでしこリーグ1部 開幕キャンペーン
    入場ゲートで先着2,000名様にハピネスプレゼント抽選券を配布し、選手のサイン入りグッズを抽選で5人にプレゼント。
    今回は「2016プレナスなでしこリーグ1部 開幕キャンペーン」として、なでしこリーグからも抽選で3名の方に、なでしこリーグ1部各チームキャプテンの選手サイン入り2016プレナスなでしこリーグポスターがプレゼントとなります。
    選手サイン入りポストカードプレゼントなし。
    • 「Player of the Match」表彰
    浦和レッズレディースが勝利した場合、最も勝利に貢献した選手1名を、「Player of the Match」として表彰します。引き続きエコ計画の協賛で薬師温泉旅籠ペア宿泊券贈呈。
    • 皆で女子サッカーを盛り上げ続けよう。
    ※エントリーの日時は管理上キックオフ予定時刻の24時間前にしていますが、実際はもっと早い時刻に締め切っています。その後知り得た情報によって更新する可能性もあります。

    旧パス名:

    新時々日記
    http://www.tokidokinikki.net
    2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
    2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

    Instagramやってます。

    投稿者: にっき

    短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」