2016/4/17:関東女子1部 筑波大戦(駒場)





【レッズレディースユース】

第22回 関東女子サッカーリーグ1部第1節、浦和駒場スタジアムでの浦和レッズレディースユース対筑波大学戦の観戦記。
関東女子リーグも開幕。今季は後期第6節(通算第13節)までほぼ通しで消化して、最終節だけ12月4日という何だかなという日程。
20160417155748ss.jpg
開幕節で(たぶん)中1総出でのプログラム販売。
レッズのスタメンは次の通り。この日から新ユニフォーム着用。
20160417redsly1ss.jpg
高橋はがシャドーで左へも動く。高橋美と長嶋は並列に構えることもあるが基本は長嶋がCB2人の前に位置する。外から見ているだけだから分からないだけで役割や取り決めはある模様。ご多忙の総監督は定時で帰ったそうだが長野風花がウォーミングアップから着替えて残業に出てきたのでおいおいという雰囲気になる。
依然として風は強く南側(出島側)から吹いていたが、前半はレッズがその風上を取る。レッズがボールを持つ時間が長いが、筑波は縦パス一本で抜け出そうとし、10分過ぎに対応した南が抜かれてピンチになるが久保と鈴木でカバー。その後の14分、右からのクロスボールでできた筑波ゴール前での混戦の中で浮き球をうまく処理して抜け出した高橋はが押し込んで先制。39分には自陣からのロングカウンター、高橋はから小嶋が左サイドを持ち上がり、ペナルティアークで待つ高橋はに戻してズドン。前半は2-0での折り返し。
後半開始から高橋美に代えて石倉を入れて三浦が2列目に降りてきたが10分もしないうちに三浦を再びトップの位置に戻す。風上は心理的に強気を呼ぶのか筑波の時間が続く。高山を左SBへ入れて金勝を中盤へ置いてエンジンをかけ直すがCKから押し込まれそうになるシーンもあって83分に水谷にGK頭上を破られて失点。その後は何とか凌いで2-1で逃げ切った。
第22回関東女子サッカーリーグ1部 前期リーグ第1節
2016年4月17日(日)16:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディースユース 2-1(前半2-0) 筑波大学
得点者:14分、39分 高橋はな、83分 失点
試合時間:90分
GK 鈴木
DF 髙橋恵、久保、南、金勝
MF 一法師(→77分 上田)、長嶋、髙橋美(→HT 石倉)、高橋は(→64分 高山)、小嶋
FW 三浦
前半突っ込み過ぎたきらいがあって、後半あまり前へ出られなかったが、しっかり得点できるところが長女とは異なる試合展開。駒場で横から見ている分長嶋の位置が高いときもあったが、後ろが安定しているし奪い返してからの反攻という点では問題視するほどではなかったか。小嶋は再びサイドアタッカーとしてのびのびとプレー、金勝の引き出しや同期の高橋はとのコンビネーションはもともと良好で今季はしっかりと結果を残してU-17女子代表選出へとつなげたい。


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら(正)
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら(正)

Instagramやってます。



投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」