2016/4/30:なでしこ1部 INAC神戸戦(駒場)

【レッズレディース】

2016プレナスなでしこリーグ1部 第6節、浦和駒場スタジアムでの浦和レッドダイヤモンズレディース対INAC神戸レオネッサ戦の観戦記。


20160430122757ss.jpg
キックオフ30分前頃到着。もう食券の配布はなかった。
いつもと違う方に座ると集中おじさんの後方。
レッズのスタメンは次の通り。
20160430redsl.jpg
筏井・長野の組み合わせから栗島・猶本へ戻し、2トップの一角を後藤から白木へと代える。
INACは次の通り。
GK 1 武仲麗依
DF 2 近賀ゆかり
DF 17 三宅史織
DF 4 田中明日菜
DF 3 鮫島 彩
MF 9 川澄奈穂美70▼
MF 16 チョ ソヒョン
MF 18 杉田妃和
MF 14 京川 舞
FW 10 大野 忍86▼
FW 11 髙瀬愛実 (Cap.)70▼
GK 21 スタンボー 華
DF 5 甲斐潤子
MF 6 南山千明
MF 7 中島依美70▲
MF 13 仲田歩夢86▲
MF 20 増矢理花70▲
前半はレッズは風下、突っ込まずに落ち着いて入った、とも言えるが中盤での球際の争いは劣勢。徐々に押し込まれてINACに何度かチャンスを作られる。終盤になって両SBを中心に前方へ蹴り始めたが印象に残るようなシーンは生まれず前半は0-0での折り返し。
後半早々の50分、右サイドへ展開して乗松から右へ流れた白木、サポートに寄った柴田とつなぐが、柴田が囲まれてロスト・・・し掛けても粘って猶本経由で中央で待つ吉良へ渡り豪快に蹴り込んで先制。ところが守りに回ると脆いところを遺憾なく発揮。CKからの中央での混戦をとりあえずクリアしたら鮫島のロングフィードを食らい、中央で飛んだ京川に気を取られ越したボールがフリーの田中に収まって蹴り込まれすぐに同点。66分にはFKから(まぁそのFK自体は可能性絶無の弾道だったが)、甘い相手CBがスルーしてその裏を高畑が飛び出すチャンスをもらったがワンタッチでループ狙ってこれは枠の外。
吉田監督が超珍しく70分の交代タイムで全く動かず心肺停止を疑ったが、79分に1失点目と同じようなCKからの流れでレッズから見て左サイドの三宅ががら空きでシュートを打たれ勝ち越される。塩越・筏井を入れたがすぐCKからニアでのすらしに反応してるのが田中だけで押し込まれる。あげく90分に高畑から長船への横パスをミスして仲田に奪われてシュートを打たれ、弾道は池田の正面だったが足での対応を詰めていた増矢に蹴り込まれる大サービス。最後、北川起点のペナルティエリア内での塩越→柴田のパス交換で崩したが猶本のシュートは武仲の守備範囲。結局1-4。
2016年4月30日(土) 13:04キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 1‐4(前半0‐0) INAC神戸レオネッサ
得点:50分 吉良知夏、56分 田中明日菜(I神戸)、79分 三宅史織(I神戸)、84分 田中明日菜(I神戸)、90分 増矢理花(I神戸)
GK 池田
DF 乗松、長船、高畑、北川
MF 柴田、栗島(→82分 筏井)、猶本、加藤(→82分 塩越)
FW 吉良(→88分 後藤)、白木
SUB 平尾、臼井、長野、山守
観衆:3,047人
主審 佐々木里紗 副審1 草処和江 副審2 三田隆幸 第4審判 朝倉みな子
弱いというまでもなく実力差通りの順当な結果。超優秀なスタッフさんが発案されたと聞きました(回数券で)入場料2割引の施策も、チーム力がそれ以上の割引状態じゃ世話ないよな。わかってるわかってる、って口だけで何もわかってなさそうだ。
久しぶりにフル出場した白木は両サイドにゆるく流れて受けて上がりを待って起点となる動きが案外良かったが、その結果フィニッシャーは吉良以外いないという事実もまた再確認させられた。そういえば清家いないけどどこいったんだ?
キックオフから下げたボールを力任せに蹴って直接出さないでくれるかな、光ちゃんは。相手GKの武仲がパントキックを直接出しても、「あぁ前任者もそうだったね」と思いつつスタジアムが何ともいえない白けたムードになるのに、BSフジはカメラスイッチして映していないけれどストレス発散はラウワンかどこかでやってくれ。君がまた泣くのはお約束だろうが、俺には太鼓さん(仮名)が泣いている方が重く感じるだけだ。
というわけで、ポストカードにも並ぶ気がせず、確保してもらっていた21番と19番のストラップが手元に残っただけのゲームだった、というかゲームですらなかった。しかし、ゴールデンウィーク、トップチームと重なっていない日程でそこそこの天気のINAC戦が3,000人ギリギリとは一山超えた感がしますわね。
***
第6節の結果と順位表は次の通り。
コノミヤ 0-4 日テレ 高槻萩谷
ジェフL 1-1 新潟L 秋フロ
浦和 1-4 I神戸 浦和駒場
AC長野 3-2 湯郷ベル 南長野
伊賀FC 1-0 ベガルタ 上野
順位  チーム名 
1 日テレ 16 6 5 1 0 17 4 13
2 I神戸 13 6 4 1 1 12 5 7
3 AC長野 12 6 4 0 2 18 13 5
4 ベガルタ 10 6 3 1 2 9 6 3
5 湯郷ベル 10 6 3 1 2 7 10 -3
6 伊賀FC 7 6 2 1 3 3 5 -2
7 ジェフL 6 6 1 3 2 7 11 -4
8 新潟L 5 6 1 2 3 5 7 -2
9 大阪高槻 4 6 1 1 4 7 14 -7
10 浦和 1 6 0 1 5 3 13 -10

6節ということで3分の1が終了。9位あるのかないのかという段階。なければ10位でノーチャンス。愛媛のうまい店情報ゆる募しますかな。

Amazon
高校サッカーダイジェスト(15) 2016年 5/25 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」