2016/7/3:埼玉県女子1部 白岡SCL戦(惣右衛門G)

【浦和レッズレディースジュニアユース】第24回埼玉県女子サッカーリーグ1部、戸田惣右衛門グラウンドでの浦和レッズレディースジュニアユース対白岡SCL戦の観戦記。


関東女子ユース(U-15)を無失点で優勝して、全日本へ向けての調整、と言いたいところだが再びこれまでのチーム編成に戻してのリーグ日程の消化。ジュニアユースはこの試合から県リーグ3連戦でその初戦がこの白岡SCL戦。
5分ほど遅れて到着。16時でも真夏の日差しと気温で給水を各2回取る過酷な条件下。
レッズのスタメンは次の通り。
20160703saitama1redsljy.jpg
(GKユニは黄色)
レッズが主導権をとって攻める。右サイド中頃を村岡が抜け出してファーサイドに叩き込んで先制。すぐ福田もGKがニアポストに寄り過ぎているのを見て取って、ふわっとしながらもコントロールされた弾道をファーサイドへ送り込んで2-0。3点目はこの2人のコンビネーションで福田が中へ切れ込んできてから西尾に託してシュートを打たせ3-0。相手CKがGK頭上に飛び処理誤って逸らしたところを蹴り込まれて失点(3-1)。しばらくしてから再び相手CKも、こぼれ球を村岡が拾ってDF振り切って独走、シュートはGKに当たって浮くところ、並走していた西尾が一度はミートしなかったが落ち着いて収めてから蹴り込んで4-1。
後半、渡邉莉→中村でスタート。早々に右サイドを西尾が抜け出してファーへ沈めてハットトリック達成の5-1。その後は順次交代して新澤トップと大西トップを試す展開。少しコンビネーションに難が出て、右サイド崩して進出した福田がファーポストに当てながらゴールを決めて6-1で試合終了。
第24回埼玉県女子サッカーリーグ1部 第3節
2016年7月3日(日)16:00キックオフ・戸田市惣右衛門公園サッカー場
浦和レッズレディースジュニアユース 6-1(前半4-1) 白岡SCL
得点者:8分 村岡由梨、12分67分 福田莉子、16分31分40分 西尾葉音、18分 失点
試合時間:70分
GK 寺田
DF 渡邉莉(→HT 中村)、河合、月東、丹野(→60分 酒井)
MF 神立(→45分 島﨑)、福田莉、村岡、落合(→55分 大西)、渡邉優
FW 西尾(→40分 新澤)
中1を積極的に起用するようになり、その中1組で西尾がハットトリック。ポストプレー、フリーランニング、プレッシング、こぼれ球への反応などFWとしての基本プレーをすべて標準以上にこなして得点機を呼び込みしっかりと決めて見せた。落合はひ弱さが解消しつつあり村岡とも合うのだろうか適した距離感のポジショニングに進展が見られた。村岡と合うといえば福田莉で中に切れ込むわ、それを見せておいてSBの渡邉莉を引き出すスペースを作るわ、村岡の飛び出しにパスを供給するわ結構やりたい放題。CKのキッカーも任されており、得点には直接結びつかなかったが可能性のある弾道のボールを供給、堺で一法師とポジション争いするレベルにある。どの編成でも村岡のチームになる不思議。恐らく秋にU-15代表候補に呼ばれても存在感を発揮できるだろう。


時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」