2016/12/17:皇后杯準々決勝 INAC神戸戦(丸亀)





【レッズレディース】

第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会準々決勝、Pikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場) での浦和レッドダイヤモンズレディース対INAC神戸レオネッサ戦の観戦記。

展望記事はこちら。【展望】2016/12/17:皇后杯準々決勝 INAC神戸戦(丸亀)

U-20女子ワールドカップによる中断期間が明けての準々決勝。

真未子幕初投入。

素材はクラブが提供したのだろうが、選手紹介個々の画面デザインはセンスがあるし、ディスプレイ自体も鮮やかで見やすいものだった。次は西が丘だが(爆)

レッズのスタメンは次の通り。

ホーム側ベンチだがなぜか白ユニ。乗松は帯同せず、同日クラブ公式から全治約6ヶ月の見込みと発表された。プレーに影響するような風はなく20度超えのらしくないコンディション。

前半はレッズの時間帯が多かったか。10分に右サイドを突破してのクロスボールはクリアされたが筏井がミドルを放つ。直後、白木が撃ったロングシュートはバー直撃。23分高畑のロングフィードから白木がコーナー直前で収めてDFを交わしてG前へと迫る場面。42分に白木が右サイドに流れて基点となって後藤を経由して左サイドの加藤のチャンスをお膳立てするレッズ流左から崩して右で仕留める絵ができたが、シュートは枠外。

後半は均衡化して徐々にオープンな展開に。64分に後藤→遠藤で同じ位置へ。球際激しいといえば聞こえがいいが、相変わらず徐々にプレーが荒くなるINAC、公式記録でも直接FKが8本と跳ね上がった。それでもよく守り得点はできずで90分で決着せず延長へ。

延長前半から筏井→塩越で右SBの位置に入れて、栗島がボランチへ。塩越はよく押し上げてシュートを2本撃ったが結果には至らず。残り10分程度からGK松本のウォーミングアップのピッチが上がる。ユース時代のPKストップ実績を活かす狙いか。それも残り数分のところで北川が倒れて担架で外へ運び出されると臼井を入れて交代枠を使い切ることに。それにしてもそんなにアディショナルタイムあったか?という最後の最後に、レッズの左サイドを抉られ上げられたクロスボールはGK頭上を越えて逆サイドのライン際で仲田にヘディングシュートをされると、反応はしたもののバーに当たって跳ね返り、そこを道上に押し込まれてしまった。0-1で敗退。

第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 準々決勝
2016年12月17日(土)14:00キックオフ・Pikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)
浦和レッズレディース 0-1(前半0-0、後半0-0、延長前半0-0、延長後半0-1) INAC神戸レオネッサ
得点:120+3分 道上彩花(I神戸)
GK 池田
DF 栗島、長船、高畑、北川(→118分 臼井)
MF 柴田、猶本、筏井(→延前前 塩越)、加藤
FW 後藤(→64分 遠藤)、白木
SUB 松本、長野

観衆:1,180人
主審 松尾久美子 副審1 萩尾麻衣子 副審2 藤田美智子 第4の審判員 黒瀬 愛

よく闘ったが今季の低迷を象徴する試合。前半押し気味に入っても流れの中で得点できない=受け流されると、徐々に相手のチャンスが増えて失点するパターン。さらにワンパターンの交代策。今回は3枚目に松本をPK戦で使うというプランをドヤ顔で用意した模様だが、なぜPK戦になってしまうようにもつれてしまうのか、それもすぐに放棄してしまうのか、まず交代する選手がほぼ決まってしまっているのもなぜか(今回は筏井)、そうしたところが詰まっていないというか、INACのプレーが荒い、ならこちらは成り行き任せで仕事が粗い監督とスタッフだった。

最後にコールリーダーと「旗竿」さん、お疲れ様。


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら(正)
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら(正)

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」