2017/4/23:なでしこ1部 日テレ・ベレーザ戦(駒場)





【レッズレディース】
2017プレナスなでしこリーグ1部 第4節、浦和駒場スタジアムでの浦和レッドダイヤモンズレディース対日テレ・ベレーザ戦の観戦記。

展望記事はこちら。

【展望】2017/4/23:なでしこ1部 日テレ・ベレーザ戦(駒場)

日向はもう暑いくらいの駒場。

射幸心煽り企画、ブラインドパッケージの缶バッジ企画に疲れた私は、久しぶりにチキンカレーを携えて屋根下へ上がり、集中おじさんと知らずにその隣に座ってしまった幸せそうなカップルの監視からスタート。サッカー以外のお楽しみが多くて気が紛れるわ(棒

レッズのスタメンは次の通り。

(GKユニ:水色)

予想は前節と変わらずだったが、白木がベンチ外で吉良が入った。

日テレは次の通り。

GK 1 山下杏也加
DF 7 中里 優
DF 22 岩清水 梓(C)
DF 3 村松智子
DF 2 清水梨紗
MF 5 隅田 凜
MF 20 阪口夢穂
MF 8 上辻佑実59▼
MF 10 籾木結花90▼
MF 14 長谷川 唯
FW 9 田中美南

GK 21 西村清花
DF 4 土光真代
DF 15 小野奈菜
MF 11 鳥海由佳
MF 13 宮川麻都
MF 17 三浦成美90▲
FW 19 植木理子59▲

前半初手から謎の浦和主導権の展開。19分に右サイドで柴田が引きつけて栗島にはたいてクロスボールを中へ送ると吉良がフリーの態勢でシュートを打てたが宇宙開発。さらに木崎→加藤で左サイドでつないでシュートシーンまで。28分には加藤のシュートがバーに当たるなど。ベレーザは上辻が透明感で中央繋げず、サイドバックから蹴るしかなくなってすぐロスト。途中で中里と清水を入れ替えたのが目を引いた。

後半も浦和が持つ展開で、こぼれに反応するという猶本得意のパターンから打ったシュートはお約束のポスト直撃。結局この日はこれを境として吉良→清家が潮目になって69分にGKからのパントキックを籾木に拾われて長目も蹴り込まれて先制を許すと、右奥CKのこぼれを田中に蹴りこまれ、すぐに植木理子のドリブル突破であっさり3点献上。あとは軽く流されて0-3で敗戦。

2017プレナスなでしこリーグ1部 第4節 vs日テレ・ベレーザ

2017年4月23日(日) 14:00キックオフ 浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 0-3(前半0-0) 日テレ・ベレーザ
得点者:69分 籾木結花(日テレ)、76分 田中美南(日テレ)、77分 植木理子(日テレ)
GK 池田
DF 栗島、長船、高畑、木崎
MF 柴田、筏井(→72分 水谷)、猶本、加藤(→81分 塩越)
FW 菅澤、吉良(→68分 清家)
SUB 平尾、南、三谷、長野

観衆:1,958人
主審 朝倉みな子 副審 今成可奈、福島秀人 第4の審判員 池田朋代

前半決め切れなかったから負けたのか?確かに遠目のミドルでもバシバシ決まった優勝年2014シーズン(エキサイティングシリーズ)のベレーザ戦は岸川、加藤、猶本で前半で3点取って勝負決めてたから。

引き続き記すが、トレーニングマッチ感が拭えず。特に交代にそれが顕著に出て、成果も感じられなかった。来た時が悪いせいでしかないのだが、特別指定選手を優先して使うのもどうかと思うが。乗松はよ。


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。



投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」