旅行記2020:信越乗りつぶし(準備編・初日)





信越乗りつぶし旅行記。

○準備編

  • 市場的には自由に売買されているわけだが、青春18きっぷを購入するとやはり自らでの5回分すべての使い道を考える。この冬は南東北で2回、成田方面で1回使用がまず念頭にあったので残る2回分をどうするかということになった。例年ならば堺での全日本U-18女子サッカー選手権の観戦があるのだが、2021年はカレンダーが合わない。カレンダーという点では12/11-12で南東北へ行ったので一週あけて12/26-27の2日間が無理のない日程になりそうだった。
  • 未乗線区の乗りつぶしも残り実質28線区に到達しているが、長い距離の往復が伴うものがほとんどなので年末年始は難しく、結局視点を変えて「既乗ではあるけれど随分乗っていない線区」再訪として信越エリア1泊2日の設定で組んでいく。小海線と長野電鉄、えちごトキめき鉄道(一部未乗)、大糸線と回ってアルピコ交通往復して戻るルートで納まった。
  • ところが前回のガーラ湯沢オープン延期で乗り逃しが発生したので、大糸線・アルピコ交通はまたにして直江津からほくほく線を経由して再び越後湯沢へ出てくることにした。左回りから右回りへの変更である。この間に強い寒波が来て雪不足どころか大雪警報級の積雪量となって、今度は鉄道の往来自体が危ぶまれるほどだった。ほどほどにしてくれぃ。

○初日(2020/12/26土:→甲府→小淵沢→小諸→上田→湯田中→須坂)

乗り鉄の朝は早い。青春18きっぷ3回目。

浦和5:38(京浜東北線/大船行)→5:40南浦和5:43(JR武蔵野線/府中本町行)→6:11西国分寺

思っていたより空いていた。

西国分寺6:13(JR中央本線/快速高尾行)→6:29八王子

2分での乗り換えなら前寄りの車両に乗っていれば余裕だが、乗換案内によっては出てこない。中央線といえば高尾での乗継がほとんどなのだが次は八王子始発なのでここまで。

八王子6:35(JR中央本線/普通松本行)→8:29甲府

武蔵野線の状況から一変してあまり好きではない「山へ行く人たち」が多くて閉口、すぐ満席。小学生が遠足へ行くのと同じだと分かってはいるが、笹子までの我慢であった。

などなど文句は言っているが接続良くしかも定時運行でやってきた。このまま乗っていれば小淵沢まで行かれるが、そこでかなり待つことになるので甲府で途中下車。

駅構内の「いろり庵きらく」できつねそば。

駅前にあった山交百貨店はヨドバシカメラになるようだ。

甲府8:53(JR中央本線/普通松本行)→9:43小淵沢

この列車に対して高尾からの列車が接続しているのでそれで来れば良さそうだが、浦和で1本遅らせると高尾では1分差で接続しないという謎のダイヤなのは書いておこう。

すでに入線していたが10分前になって乗車可能に。ホーム設置の時刻表にはその時刻の掲示があった。

小淵沢10:07(JR小海線)→12:20小諸

臼田までは高校生以来ぶりの小海線。

JR鉄道最高地点を通り過ぎて野辺山駅。東へ北へ、低いところも通ったな今年。

佐久平12:27→12:36上田の新幹線ショートカットプラン(運賃420+自由席特急料金880=1,300円)も用意してきたが終点の小諸まで。

ここでみんなを見送ったな、という記憶が甦る2番線ホーム。この間は気が付かなった。

小諸12:51(しなの鉄道しなの鉄道線/長野行)→13:12上田

2両編成。定刻で書くが数分の遅れ。高校生の帰宅時刻。いつもと違いこの日はもう先を急ぐわけではないので上田で降りる。410円(切符)。

上田電鉄の切符売り場で絵はがきを買う(12枚組650円)。2019年10月の台風19号によって消失した橋梁の復旧は進んでおり、来年2021年3月28日全線開通の予定。

イトーヨーカドー核のアリオ上田まで歩いていき、「デシグアル」と「ル・プレ」を見学してから食品売場をうろうろしておにぎりを買った。妙に酒の売場が充実していたな。


上田14:06(しなの鉄道しなの鉄道線)→篠ノ井(JR信越本線)→14:49長野

篠ノ井まで580円(切符)。まだ高校生の帰宅が主力の車内客層。

長電フリー乗車券(2日用)2,580円を買ってホームへ。通しで湯田中まで乗るのは小学生の時以来か。ボーっとしている間に信州中野~木島、屋代~須坂は廃止になってしまった。

長野15:07(長野電鉄長野線)→15:57信州中野

フリー乗車券は特急券込み(と言っても100円)であるし、その先で乗ることになる特急ゆけむりが隣のホームで待機しているけれど待っていても仕方ないので各駅で進む。

信州中野駅で撮影タイム。各地で見ていた乗っていた車両ばかりで楽しい。

信州中野16:08(長野電鉄長野線/特急ゆけむり)→16:20湯田中

信州中野を出ると車窓は雪原を進む様相へと変わった。そこへ日暮れの夕日が差していてきれいだった。温泉宿への宿泊客が結構いて意外だったし、昔ながらのお迎えの番頭さんがいて楽しい。泊らないけど(爆)。

あーあ、うるわしの志賀高原♪

このところ駅隣接の温泉施設に縁があるようで、ホーム反対側の「楓の湯」に入る。300円、タオルを買った(160円)。

単純往復ならば日帰り「楓の湯」クーポンが1,860円でお得。

湯田中17:09(長野電鉄長野線)→17:30信州中野

もう一本後の元成田エクスプレスの特急スノーモンキーを想定していたが、先ほど撮影した旧日比谷線の車両で戻る。

信州中野17:43(長野電鉄長野線/長野行)→18:02須坂

乗り継いで今夜の宿泊地須坂まで。

2社の予約サイト共に長野市中心部26日宿泊のリーズナブルな情報が出て来ず、(結局前日にはポツポツと出てきたが)唯一出た須坂駅前のビジネスホテルへ。駅前のイオンで恒例の夜食調達。むしろイオンがあったからこちらにしたとも言える。

ホテルサンシャインエイト、3,104円(込、Go To キャンペーン適用【地域共通クーポン1,000円Back】、もう一つの予約サイト経由)。

2日目へ続く。

旅行記2020:信越乗りつぶし(2日目)


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
旅行記一覧

旅打ちまとめ

投稿者: にっき

全部浦和が悪い。よっぱ雷蔵。馬券は下手。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」