旅行記2022:石垣・波照間・沖縄本島(2日目)

島旅アイキャッチ





島旅スタート、石垣・波照間と沖縄本島(コザ)旅行記。

○2日目(2022/3/17木:石垣→波照間)

調達してから波照間へ。

夜、通りでよっぱ雷蔵が騒いでいる声が数分間続いたのだけがアレだったが、基本的にはぐっすり。東北で地震があったとのことでテレビはそれに注力した内容。

前夜買っておいた缶コーヒーなど飲んでから、調達のために1kmほど離れた「マックスバリュ石垣店」へ。ここは8:00オープンでさすがに惣菜や鮮魚関係はまだ並んでいなかったが飲み物と朝食・昼食になりそうなものを購入。

さすがにシャンプー・リンスは小型のものが無く、コンビニとドラッグストアで買い揃える。八重山高校の登校時間。

日本最南端最西端のパチスロ店だそうだ。

それからユーグレナモールなどを見て回るがまた「A&W」へ行ってルートビアを飲んで時間つぶし。

早目の昼飯にしようかと思っていたが腹も減っておらず、一応これから船に乗るのもあるので(子供の頃猛烈な乗り物酔い体質の負い目)、自重しておにぎり(ポーク玉子とにんじんしりしり)を買う。

石垣11:45(安栄観光)→(13:00)波照間

1日3便(8:00、11:45、14:30)の2便目。ターミナル内のベンチに座って眺めていたのだけれど、アナウンスが聞こえたのが5分前くらいの頃で乗船したらすでに半数以上乗っていた。3月上旬に安栄観光公式サイトから予約決済、往復7,230円。決済後表示可能になるQRコードを乗船前にチェックしてもらう。キャプチャして画像化しておいた。

第8あんえい号。竹富を過ぎたあたりからそこそこ上下動あり。西表・上原港に寄って13:00頃着いた。後から聞いたが1便は大き目の船なので揺れは克服しやすいのと欠航が少ないとのことだった。先に教えてよ。でも日帰りなら1便に乗るわけで混むようでもある。これは翌日の現象にも反映する。



宿泊予約しておいた「ペンション最南端」の迎えの車に乗り込み、チェックイン。

1階の和室、2食付きで9,000円。8畳の広さにユニットバス・トイレ付。部屋内に冷蔵庫、エアコン、テレビ、電気ポット、タオル大小、シャンプー・コンディショナー・ボディソープ。Wi-fiあり。利用はしなかったが食堂に電子レンジ、ウォーターサーバーがあった。

買ってきたおにぎりで昼食。よく分かっていなかったがにんじんしりしりはポーク玉子+にんじんしりしりの意だった。いずれにしても美味い。

坂を下りてニシ浜を散歩。天気予報通り下り坂(涙)。

ハマユウ/ハマオモト(冒頭写真)。

夕食は食堂で指定時刻からという形式。質量共に普通。生ビール2杯飲んだ。

その後部屋で持ってきた泡盛を飲みながらノートを付けて本読んで寝る。

3日目に続く。

旅行記2022:石垣・波照間・沖縄本島(3日目)


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
旅行記一覧

旅打ちまとめ

投稿者: にっき

全部浦和が悪い。よっぱ雷蔵。馬券は下手。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」