U-20日本女子代表 対 U-20カナダ女子代表(あづま)

この日の旅行記はこちら
福島駅東口からバスであづま陸上競技場を目指す。乗る前からポツポツ雨が降ってきたが、乗車後ザーッと強めに降る。降りる時には止む。
20120813170327005.JPG
料金後払い精算に時間がかかりすぎるイライラの後、適当に人が行く方向に進むとスタンドの構造的には全く逆方向に出る。
20120813171405006.JPG
ので、芝生席を半周して、日本側の横断幕が並ぶ側へたどり着き、セッティング。この後の天候状態が見えないので、いつ雨が降ってきてもかまわない格好=短パン、含めて着替えて(結局試合中は降らず、駅に着いた後雷雨があった)、S氏席取り済のメインスタンド中央に座らせてもらう。開場予定17:00よりは早めに開いたそうだ。
入場無料。売店も出店してきていたが、地元の方が多いせいか、Jリーグの試合時のような列はできず。それでも8,000人超えで、メインはほぼ満席。フジテレビ系での中継あり。

20120813172647007.JPG


スターティングメンバーは
GK:池田咲紀子
DF:浜田遥、村松智子、土光真代、中村ゆしか
MF:藤田のぞみ、猶本光、横山久美、田中陽子、田中美南
FW:道上彩花
の4-5-1。藤田が左、猶本が右のボランチ。
前半早い時間にカナダのMFが負傷交代してしまい、バランスが崩れたところをついて、ほぼ日本がカナダ側で試合を進める展開。藤田はポジショニングがよくて、ほとんどフリーでボールを受けていたと感じるほど。横山の技術で先制。この他にも枠へ何本かシュートが飛んではいたけれど、前半は1-0での折り返し。
後半開始から、池田→武仲麗依、中村→高木ひかり、村松→木下栞、藤田outで柴田華絵を入れて、ボランチの位置は猶本と田中陽子。
カナダも修正してきてカウンターから横山と同じようなコースで同点。FKから浜田が競ったボールが入り勝ち越す(アナウンスは浜田のゴールだったが、公式はOG)も、日本の右サイドが破られて失点。結果、2-2。
その他の交代は田中美南→西川明花、田中陽子→中里優。高木ひかりのSBは初めて見たけれど、積極的でキレのある上がりで好感。柴田は持ちすぎたかなあ。道上はどんな形でも1点取れれば以後いけそうな感じなので、多少強引にでも得点を狙ってほしい。
終了の笛とともに席を立って横断幕を外し、何だか暗くてよく分からないところを誘導の人に聞きながらバス乗り場へ。まだ後続があるかもしれなかったが、最後の3人目くらいで乗車。臨時便なので停留所には停まらず、福島駅には21:30前に着いた。
この日の旅行記はこちら。 
*** 

U-20サッカー女子日本代表試合の観戦記:

 


投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」