旅行記: 台北 > バンコク > スラータニー

昔の旅行記:1998/03/11~15 台北 / Bangkok / Surat Thani / 香港 友人のタイでの結婚式出席、メーリングリスト(ML)の有志も一緒

1998/03/12 台北 > バンコク > スラータニー 2日目

05:30起き。昨夜届けられていたバナナだけ口にする。無人のロビーでチェックアウト。煙草を吸うために外に出ると、雨が降っていて寒い。空港へ。運転手に航空会社を聞かれるがエヴァがなかなか通じない、「いぃば」に聞こえる。
昨日来た道を巻き戻して約30分。チェックイン時に、Evergreen Clubに入れてー、と言って、申込書に記入し提出。7つ目のFFPになる。入りすぎ。

特に面白いものもなさそうなので出発階へ。
このフロアも特に面白くない。見れば07:15。飲食施設が2つあるので、客が少ない方、向かって右のほうへ。モーニングサービスのようなものがいいなあ、と、中式早餐 コーヒー付きにする。キャッシャーのおねいさん美人。お運びのおねいさん美人。(と、メモに書いてある)お粥を各種おかず(つまみだよなあ)で食う。 
いぃば航空(BR211)バンコク行き 2階席中央の Exit-Rowだ、より広い。アテンダントに名前を聞かれる。何て呼んだらよいかしら?というので、○○ちゃんと呼んでね、と言おうかと一瞬思う、けど、大人げないので、苗字で、とだけ。続いて、中国語はできるか?と聞かれる。我不明白、と言ったら、我の発音を直された(泣)。あれは台湾語の 吾 かな? 
めしは洋式を選択、搭乗前に中式食ってたが問題ない。また1時間ほど眠る。起きてお約束のビール2発。入国後、何をするかをもう一度確認する。
快適なフライトであった。いいぞ!いぃば航空!!
12:00着。入国審査、税関、両替とクリアし、国内線のターミナルまで、てくてくと歩いていく。たまには運動しなくちゃ。でも、このブリッジ、真ん中まで来て、火事になったらどーすんだ。まず、荷物を一時預かり所に預け(一個、スーツ付き:夕方回収40THB )、もう使わない機内誌やパンフレット、ガイドブックなどを郵便で家に送ってしまう。580THB。(4日後には着いた)
スラータニー行き、早くもチェックイン。「夕方の便よね」と言われるが、どんどんやってもらう。ラウンジの場所を教わっておく。
30分くらいで済んだので市内へ。まだ乗ったことのない、エアポートバスに乗ろう。掲示を見ていると、係のおねいさんが寄ってきて、ルートが書かれたパンフをくれる。15分くらい待っててね、ということなので、バーガーキングでスプライト買って、外で煙草。いい天気。 
エアポートバスA1、一番前の席。前が良く見える。位置も高いし。と、運転手に白人女性が紙を見せて何か聞いている。英語じゃ無理でしょ。。。運転手が困ったように後ろを振り向いた時、目が合ったので、話を聞いてみる。運転に専念してもらいましょう。「このリストのホテルに行きたいのだけれど、どこで降りたらいいか?」という予想通りの質問。Niagara が良いようなので、持っている地図を駆使して、だいたいの場所を把握する。でも、私、Silom Rd.のどこに停まるかまでは知らないんだけど。2つ目か3つ目でいいんじゃないの。
で、私は一つ目で降りれば良かったが、付き合って2つ目まで。とりあえず、指差しながら、この道真っ直ぐ行って、2つ目の角を左、とか、てきとーかましておく。ブルース・ウィリス似の男が連れであった。君ねえ、もしかして荷物持ち担当?
Silom Rd.にも高架の工事が進んでいて、道に陰がかかっているので、雰囲気が変わったように思えた。こうして変わっていくのね。


旅行代理店へ行き、14日の宿泊の手配をしてもらう。最初、・・・reservation of Sukhothai,Bangkok と言ったので、フライトの予約が始まってしまう。バウチャーは必要ないことになったので、領収書だけもらっておく。ちょうど14:00。腹減ったな。何を食べようか?などと考えていると、「すいませ?ん」と旅行代理店の人に追いかけられる。女性に追いかけられるのは、かなり久々なので、逃げようかと一瞬思うが、立ち止まり追いかけられた用件たる、カードのスリップにサインをする。 
パッポン通りの本屋で地図を買って、路地を入り、立体駐車場の2階にあるアイリッシュ・パブ「ボビーズ・アーム」に乗り込み、ステーキとカールスバーグ生中2杯。
空港へ戻る。エアポートバスを待つが全然来ないまま、16:00を回ってしまった。出発時刻は17:40で、チェックインも済んでいるから、まあ余裕はあるけれど、仕方ないのでタクシー。国際線か国内線か?とタイ語で聞かれるが、わからず、英語で聞かれ直し。続いてどこから来たのか、と質問。「ホーチミンから来たのか?」「ちゃう。東京からだ」ヴェトナム人ってのは初めてだなあ。あとは会話なし。約30分で到着。THB161の表示にTHB170払う。 
一時預かり所から荷物をうけだしていると、Fさんが通りかかる。ラウンジへ行くと、いました、いました。団体旅行の始まりだ。FAX(新婦の実家向けに、関係者有志でプレゼントしようと企画:結局失敗)はいくらだったのか、とか、昨夜バンコク入りしたメンバーは朝までオフしてたのか、などという予想された会話はそこそこに、「PKはカラチ(出発地)で遅れるからなぁ」とか、「着けるだけでもマシだ」とか、「マニラ良いとこ一度はおいで」とか、話題の中心はPK東京往復 1yr Openお買上げのAさん。ゲートの前で全員集合。総勢10名。 
無事スラータニー空港へ着陸。2階建ての、往年の出雲空港のに似たターミナルビルしかない。タラップを降りて、てくてく。軍服を来た数人が列をつくって、出迎えてくれ・・・・・る相手は私たちであるはずもなく、そのままスルー。預けた荷物がなかなか出てこないので、預けていない私は一足先に外へ出る。タクシー皆無。バスが一台止まっているが、これはサムイ島行き専用であろう。と、ホテルのプレートを持って待つ運転手の列からワンタイホテル発見。ということで足確保。荷物が出てきた人からどんどん乗り込む。本来の顧客であった白人カップルは、助手席でじっとして、あと10人大騒ぎ。スラータニー空港と市内の距離って、結構あるので、結構長時間わいわい。今思えば、共同体意識の醸成がこの辺から始まったのであった。うまく言えないけど、普段、個人で旅行している人がほとんどなわけで、私も、修学旅行以来かな?あえて言うならば、遠足、そう、遠足気分が盛り上がってくる。
飛ばしたが30分くらいして、市内に着く。個人的にはスラータニーは2度目。前回はマレーシアから陸路を北上した時に、半日立ち寄っただけではあるけれど。また来られるとは思ってもみなかった。ワンタイホテルで、こーいう者どもだっ、というと、部屋のリストが出てきたので、名前を書いていく。10人の荷物をボーイがカートに積み上げているので、時間かかりそうだな、というか、自分で持てない荷物ではないので、どんどん持って10階へ。ボーイ、チップを稼ぎそこなう。 
新郎登場。翌朝 5:30集合(式6:00開始)という厳しい条件が告げられる。当初 9時開始予定だったが今日変更したそうだ。一同、(-_-; 。気を取り直して、ソンテウに乗り込み、飯を食いに行く。ソンテウはピックアップトラックを改造したもので、荷台が座席になるのだが、なんと10人ぴったり。早速、写真撮影開始。迷ったが、屋台街へ到着。さっと、決めきれなかったが、そのうちの一軒へ。ビールをセブンイレブンに買いに行っていくという状況で3時間前からビールが欲しいおやぢ(複数)は黙り込む。極めて危険。そこではごはんものを頂き、あとは一時解散。
とはいえ、そんなに広いところではないので、結局、一個所に集合。
ホテルに戻る前に、すぐ目の前の出店でサンダルを買いたいと複数から申し出があり、つきあってゾロゾロ。ほとんど値切れなかったようだ。観覧車などの遊園地の施設もあり、とてもにぎやか。おとなしく寝ようとするが、ホテル前のにぎやかさが騒音という言葉に変わり、なかなか眠れないという身勝手さ。



時々
http://www.tokidokinikki.net
旅行記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」