2012/4/15:AS狭山戦(ナクスタ)

ようやくプレナスなでしこリーグが開幕した。とはいえまだまだ駒場の利用ができないので、NACK5スタジアム大宮で、狭山のホームゲーム。
IMG_0196.jpg


有料試合(1,000円)なのである。売店開設、電光掲示板不使用、ちふれ化粧品さんからモイスチャーソープ頂く。

20120415sayamavsurawa001.jpg

今シーズンは僭越ながら(?)選手の横断幕を作ったので、開門時刻11:30に合わせて、といっても100番ぐらいだったが、いつもよりは早めの入場。

横断幕設置方法は早いもの順(?)、いやいやゴール裏壁に入り口の方から順番に貼っていく。上部に手すりがあるのでそこに結んで横は手を伸ばして赤のガムテープで貼り付ける。(ありがとうございました)どうしても、風に煽られるのが難点。2階スタンドは開放しなかったがそこも可能。ここは下からガムテも貼れるので安定していたか。

ここは立ち見になるので観戦はバックスタンド中央から。

浦和のスタメンは、4-4-2。

——–吉良–荒川——–

–安田————–柴田–

——猶本——庭田——

竹山–矢野–高畑–土橋

———–山郷———-

1月からのトレーニングマッチではAチーム、Bチーム的な回し方をしていたように見受けられたが、故障者の状況すべてはわからないものの、これはこれで納得の布陣ではある。SubはGK池田と和田。

前半は庭田のFKが直接入るという1点だけだったが、後半2点取ったところで、荒川→後藤、庭田→柳田と代えてさらに吉良が1点取り、加藤を左SHに入れて安田をFWに上げた途端、後藤のシュートのポスト跳ね返りを安田が押し込むという、FW4人はそれぞれの持ち味を出して(得点こそなかったが後藤のフィジカルの強さは目に付いた)、高いレベルでのポジション争い。安田の左SHはやや?なところが個人的にはあるけれど、(他の3人は他のポジションが難しそうではあるし)この得点感覚は独特なのでやはりスタメンなのだろう。堂園や岸川、泊あたりにもチャンスはありそうだ。

庭田の昨年、いや一昨年後半は故障による調子落ちだった、ということを再認識した。回りくどい言い方になったが、それだけこの試合ではよく動いていたと思う。柴田は得点の基点になっているのと、パスカットにつながるようなボールの落下点の予測がうまくなっている。チームとしても今季は敵陣高い位置でボールと奪い取る意識が高い。デビュー戦であったはずの高畑は超安定しているのに加え、縦の供給もいいものが何本もあった。また矢野の負担が減ったので、矢野自身のロングフィードが増える効果ももたらした。これはチーム戦術の変化でもあろうが、昨季は中盤省略を拒否していた風でもあったので、ちょっと書き留めておく。

ハーフタイムに昨シーズンで狭山を退団した笠嶋由恵選手の挨拶(セレモニー)があった。言うまでもなくレイナス?レッズにも在籍していたのでちょうどいい機会だったと思う。一周しそうだったが時間的に厳しくなったせいか戻りかけたが、再度レッズサポ側へ走ってきて深々と挨拶されていた。

2012年4月15日(日)13:00キックオフ・NACK5スタジアム大宮
<試合結果>
ASエルフェン狭山FC (前半0-1) 0-5 浦和レッズレディース
得点者:32分庭田、51分荒川、57・75分吉良、76分安田
観客数2,057人(有料試合)
<浦和レッズレディース・スターティングメンバー>
GK:山郷
DF:土橋、高畑、矢野、竹山
MF:庭田(66分柳田)、猶本、柴田、安田
FW:吉良(76分加藤)、荒川(60分後藤)
SUB:池田、和田

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」