2012/8/20-8/26:週記

20月:

週明けらしく、午前中は手配が多かった。
20時閉店のスーパーの営業時間に間に合ったので、肉など買って帰る。
 

京王閣6R:
主導権の渡辺ゆかりに大和久保美が並びかける。大和が1Cで後退、その後位の中山麗敏が捲るも出切れずに直線。さらにその後位の今日から補充の増茂るるこがまとめて差し切り。中山が2着。逃げた渡辺の番手にいた戸田みよ子が3着。増茂はレースぶりが安定してきた。7-5:400円(2)

京王閣7R:
浦部郁里-中村由香里を門脇真由美が叩き先行も、3番手になった中村が2角捲って一人旅。門脇が2着、浦部が3着。3-5:190円(1)

21火:
まだ電車はすいているような気がするけれど、代わりに普段乗り慣れない人も多いので、何だかな。

京王閣最終日5R:
ガールズケイリン一般、5番車が欠車。いつもどおり最後方からでも大和久保美が先手。しかし、Hで増茂るるこが叩き返してそのまま逃げ切る。大和が2着。粘り強く踏んだ岡村育子が3着。抜け目だったか。2-7 550円(4)

京王閣最終日9R:
ガールズケイリン決勝、打鐘で浦部郁里が主導権、番手は中村由香里。その外を中山麗敏がフタをする形で並走。そのまま最終バックへ。捲り頃を門脇真由美が外踏んで捲り切って優勝。門脇の前で踏み出した戸田みよ子だったが、交わされたものの踏み続けて2着死守。目標不発で3角7番手の渡辺ゆかりは大外捲り追い込んで3着に突っ込む。大本命中村由香里は終始インで包まれたまま何もできず5着。フタをした中山も道中脚を使ったか、全く伸びず4着。2-6 45,970円(27)  

ガールズケイリン、今回はお帰りと欠車があった。今の勝ち上がり番組はこの2点(あえて加えると失格での契約解除)を楽観視した制度。しかも、補充で今絶好調の増茂るるこが配分されては、荒れるレースが期待できる最終日一般戦も堅く収まってしまい、うーむ。
帰って仕込んでおいたステーキ肉を焼く。
22水:
久しぶりのお昼ご飯スポットに13:00前に行ってみたら、ほぼ全席に、前の客の皿がそのままにされていて、ちょっと引く。いや、確かにホール一人で大変そうだったけどさ。それとサラダ取り放題ってだんだん種類が減っていくよね、ここだけじゃなく。
早目に帰ったものの、19:20キックオフのU-20女子ワールドカップ、日本対ニュージーランドは開始20分くらいからのテレビ観戦。いきなり0-2だったが、追いついて2-2の引き分け。またSkypeで数名と話しながらの観戦。

23木:
特になし。 
24金:
来客、勉強になる。できれば取引できるといいのだが、課題もある。
整形外科がほぼ2時間かかってしまい(待ち時間のせい)戻ってきて残務して、帰宅。翌日の準備をして早々に寝てしまう。 

25土: 
山形でのレッズレディース戦観戦。 
旅行記はこちら。 
観戦記はこちら

2012Jリーグ・ディビジョン1 第23節
清水エスパルス vs 浦和レッズ 

2012年8月25日(土)18:04キックオフ・エコパスタジアム

試合結果
清水エスパルス0?2(前半0?2)浦和レッズ

得点者:11分 梅崎 司、20分 阿部勇樹

入場者数:23,188人

26日:
ということで、定刻通り帰宅。洗濯したり、準備したり、仮眠とったり。
昼過ぎに出て、茗荷谷の「松屋」でお昼食べて、スポセンへ。岸本正弘杯のんびりの部、のんびりグーニーズ30-46(7-10,9-11,6-13,8-12)六籠会 フリースローの1点だけ。練習中にちと膝に矢を受けてしまってなあ。後の試合の審判もやって、池袋のコインロッカーに荷物を入れて、千駄ヶ谷経由で国立競技場へ。U-20女子ワールドカップ、日本対スイスを見る。
観戦記はこちら。
その後、有志でEnjoy!Eastで軽く飲み。だが、開始が22:00だったので、池袋の乗り換えがぎりぎりだったり、赤羽も痛い膝ひきずって走ると、乗換案内で16分待ちより1本前に乗れたりとバタバタだった。




旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」