2013/9/15:岡山湯郷ベル戦(駒場)

今回も煽り(?)が作成された。音量注意。


台風18号の接近で未明から激しい雨。何度か起こされたほどだが、昼前には小康状態。前座として予定されていた三女の県リーグ1部の試合は順延にしてコンディション回復に努めた模様。
20130915124755001.JPG
10分早めた開場後の空模様はこんな感じだったが、キックオフ直前には晴れて日差しがキツいほど。
20130915134424003.JPG
そして久しぶりの肉球愛好会。
20130915130435002.JPG
浦和のスタメンは次のとおり。

後藤  吉良
加藤       柴田
藤田 岸川
 齋藤 堂園 高畑 和田 
池田

吉田靖監督の初戦。フォーメーションは4-4-2。リザーブには田尻、安田、泊、栗島、坂本と各ポジションにバランスを取って入れた形。記録が正しければ、昨年9/16の狭山戦から採用した4-1-4-1はここに終焉。
前半7分、やや不用意に与えたCKをニアですらした後、加戸にヘッドを決められて失点。宮間が蹴ったストレート系の速いボールに対応できず。
しかし、前日の次女、OSAレイアFC戦観戦時に隣のピッチで行っていた練習を垣間見て、CBから始動してボランチが押し上げる速い攻撃を確認していたその成果が出る。後藤が右サイド突破しての折り返しから生まれた混戦を岸川が3年ぶり(2010/9/5 福岡戦以来)のゴールで同点に。3列目がゴール前にいることが新鮮すぎ。それに加えてこのゴールで岸川が気をよくしてこれ以降の時間帯を楽しくプレーできそうなのがプラス材料。
ほどなく左に流れた後藤からショートパスを受けた吉良がシュート。これがファーのサイドネットを揺らして勝ち越し。神村の先輩にあたる福元との「相性」がいいような気がするのだがそれは思い過ごしか。それはともかく正確に射抜ける吉良の持ち味が出た。
後半、湯郷陣内でカットしたボールを後藤が右サイドに持ち込み、がら空きのゴール前へ。そこに走りこんだ加藤が冷静にシュートを決めて追加点。
その後、浮き球の処理がはっきりせず中川に蹴りこまれて1点差に詰め寄られたが、コーナーフラッグ付近でのボールキープ、90分からの栗島、坂本の投入と、今季終了間際に淡白だったイメージをも払拭して逃げ切った。
プレナスなでしこリーグ2013第11節 vs岡山湯郷Belle

2013年9月15日(日) 14:00キックオフ・浦和駒場スタジアム

浦和レッズレディース 3?2(前半2?1) 岡山湯郷Belle

得点者:7分 加戸由佳(岡山湯郷)、34分 岸川奈津希、41分 吉良知夏、56分 加藤千佳、65分 中川千尋(岡山湯郷)

GK 池田

DF 和田、高畑、堂園、齊藤

MF 柴田(→90+2分 坂本)、岸川、藤田、加藤(→90分 栗島)

FW 吉良(→75分 安田)、後藤

SUB 田尻、泊

観衆:1,282人

20130915155217004.JPG

ショートパスだけによるつなぎを志向する冒険は終わったのか、一時的に休むだけなのか、ともあれ攻撃に関する制約ごとが無くなって個の能力が発揮できるようになったのがまず勝因か。上がれるサイドバックとなれば当面和田と齋藤の起用が続くか。さらにはターゲットになった後藤でボールが収まるし、吉良、加藤、藤田/岸川との距離感もよく、時々反転して前を向くなど分かっていても止められず。それでいて「遺産」ともいえるサイドに流れてからの起点づくりの能力が3得点をもたらした。
柴田が本調子を取り戻せばゴールに迫る手数も増えると思う。GKはDFへの供給が減ったのでキック力で優る池田に分があるか。なお「温泉賞」は岸川が獲得。
この勝利で勝ち点8と伸ばしたが順位は依然8位。国際親善試合が挟まって次戦は9/29盛岡での日テレ・ベレーザ戦。


時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」