2014/11/17-11/23:週記

11/17月:

ということで起きても抜け殻である。


観戦記と旅行記前半を書き継ぐ。といっても旅行記は4日目にカプセルホテルで朝ちょっと下書きしておいたのが活きたともいえる。幸い大会関係はピークを過ぎているのでそんなに気を使わなくてもよかったけれど。
備忘のリンク貼り。
Amazon
今、何でもござれの定食屋に興味があって、先週行った兵庫の園田のもすごく良かったんだけれど、中華系も香港の茶餐廳があるしそっちも研究してみるか。
18火:
高倉健が亡くなったとの報。一本録ってあってまだ観てなかったはず、と録画リストを漁ると「コールドケース」がまだだったのでこっちが先。ついでになぜか「極道の妻たち 三代目姐」(1989)まで観てしまった。あれは吉川十和子か(謎
19水:
ようやくいろいろと追いつく。結局出かけた日数分かかるな。
少々ムカッとして書いたツイートとメッセージに関して、後者は丁寧にお電話を頂き、まあ仕方ないかという線で理解する。
20木:
園田競馬場訪問を果たしたので、これで地方で残りは門別、盛岡、佐賀とばんえいの帯広だけである。それならばJRAの函館、福島、新潟、小倉と同じ数で、最後は福島か新潟になりそうな予感。思えば山口瞳の「草競馬放浪記」(1984)は27ヶ所、今は共用の札幌と中京、休止状態の姫路を除けば14ヶ所なのだから30年でほぼ半減した計算になる。
馬券を買うだけならばネットがあればすでに現場に行く必要は全く無くなっている。博打が持つ薄汚さに起因する現場特有の雰囲気に老朽化による薄汚さが加わっているのも感じなくて済むだろう。斜陽どころか落陽なわけだが、後から「無くなって残念」とか嘯くくらいなら今のうちだと思っているのでこうしてチャンスを窺っては出かけていくのだ。
21金:
浦和でチケット調達など。
録っておいた「真夏のオリオン」(2009)。北川景子がどうも美人過ぎてなあ。
22土:
秋晴れの中、チャリで埼スタへ。いろいろと批判的な見方もあろうが最終戦基本の後半戦寄りの現地観戦が続いている昨今、皇后杯1回戦や他の行事が入りかねない最終戦はあきらめてホーム1試合前のガンバ大阪戦に目標を絞り、それでもホームタウン優先販売2次販売でSAを確保しておいた。10月中旬の話である。それが巡りあわせで勝てば優勝決定という重要な試合になっていた。よって完売である。
いつもの並木道。
20141122115544ss.jpg

*****

ここから。どうもメディア関係が下でタバコを吸っているらしくちょっと臭う。
20141122130125ss.jpg
ぐぬぬ。
20141122155726ss.jpg
帰り道、三室地区で地元の猫に職務質問される。
20141122163257ss.jpg

エディー・バウアー・ジャパン

18時から「ねぎの会」。もう3度目。なかなか席替えしないので、全員知るまであと30年くらいかかるはず。
そしてインターナショナルな展開。
20141122200612ss.jpg
よっぱ雷蔵、得意の「吉野家」テイクアウト経由で帰宅。
23日:
起きても何だかこう気が晴れない感じ。
そこを押してレッズランドへ。
まずは関東女子サッカーリーグ最終節、浦和レッズレディース対早稲田大戦の観戦。観戦記はこちら。
その後いわゆるB戦があって引き続き眺めていると、右手のF2で三女とアカデミー福島U-15のTMが始まったので移動。こちらは30分x3本だった。それまでさんざん日を浴びて暑いくらいだったが、移動すると日陰ですぐ冷える。内容は意図してなのかどうなのかジャージが登録番号と違う選手が多くてよく分からず。上田佳奈の巻き気味にポストに当てて決めたゴールは良かったね。それからほぼ各学年にしっかりしたGKがいて頼もしい。
20141123162122ss.jpg
貧乏人の殿堂ロヂャースで買い物して出てくるとすっかり日が暮れていた。
地上波で「あなたへ」(2012)を観る。過去と現在の境目が希薄な部分が良かった、ってそこメインで言うところじゃないけど。
翌日に備えて早く寝る。


時々日記
http://www.tokidokinikki.net
女子サッカー観戦メモ(1)はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」