2015/9/5:伊賀FCくノ一戦(駒場)

プレナスなでしこリーグ1部レギュラーシリーズ第14節、浦和駒場スタジアムでの浦和レッドダイヤモンズレディース対伊賀フットボールクラブくノ一戦の観戦記。


前日に書いたプレビューはこちら。【展望】2015/9/5:伊賀FCくノ一戦(駒場) 予想スコアは2-1。
14時からなでしこアカデミーカップでのジュニアユースのゲームがあり、改めて入場。
20150905153928ss.jpg
レッズのスタメンは次の通り。
20150905redsdl.jpg
【展望】の予想≒直近のTMスタメンからは和田→臼井、吉良→後藤。北川ひかるが不在。伊賀のユニが緑色系のためか、GKは青ユニ着用。
伊賀は次の通り。
GK 21 井指 楓
DF 4 道倉宏子 76分↓
DF 13 宮迫たまみ
DF 2 畑中美友香
MF 6 那須麻衣子
MF 19 下條 彩
MF 18 櫨 まどか
MF 17 杉田亜未
MF 20 鈴木薫子 74分↓
FW 9 園村奈菜
FW 14 ダグラス・グロリア
GK 16 澤田法味
MF 8 松長朋恵
MF 7 乃一 綾 76分↑
MF 5 松長佳恵 74分↑
FW 22 清原万里江
7月末のU-19代表候補合宿をコンディション不良で不参加だった畑中は入ったが、前節途中交代したGK久野はおらず井指が先発。
***
浦和は夕刻に南寄りの風が吹くが、この日は北からやや強めの風。見ている方にも肌寒さを感じるほどだったのでサッカーのコンディションとしては良かったか。
レッズは序盤からサイドチェンジと相手陣内でのボール奪取、さらにボランチ経由を省略したDFラインからFW2枚へのフィードと積極的に動く。特に左へ寄せてフリーになった右SH柴田への転換から清家か上がってきた乗松へのパスでチャンスを作る。中へ速いクロスボールを送るも合わせる選手がいなかったが、19分に柴田が持ったところでタメが作れ外回った乗松が折り返し後藤のへディングシュートで先制。危ない場面も作られたが、伊賀陣内でプレーする時間が長く前半1-0で折り返し。
後半、風下のレッズは猶本からの縦パスに清家が飛び出す場面の後、50分に岸川から同じ意図のパスが出、これはDFと並走しながらも清家がうまく前向きで収めドリブルからシュートを決めて2点目。池田がエリア外に飛び出してきてクリアして事なきを得る場面くらいで、粗いFWを高畑が封じてあとは時間を消化するだけ。加藤が中央でフリーで打ったシュートがバー直撃。
それでもスタンドには前へ前へおじさんが現れたけれど(苦笑)、前半動いた分両SBは控え目になり、猶本が高い位置を取るように。追認するかように加藤→栗島の交代で後藤が左へ行って猶本がトップ下っぽい4-2-3-1にしたが、5分くらいすると岸川→石井で5バックにして猶本は戻す。とはいえすでに90分は回っておりほどなく試合終了。2-0でレッズの勝利。
2015プレナスなでしこリーグ1部レギュラーシリーズ第14節 vs 伊賀フットボールクラブくノ一
2015年9月5日(土) 17時キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 2-0(前半1-0) 伊賀フットボールクラブくノ一
得点者:19分 後藤三知、50分 清家貴子
GK 池田
DF 乗松、長船、高畑、臼井
MF 柴田、猶本、岸川(→90分 石井)、加藤(→84分 栗島)
FW 清家(90+1分 白木)、後藤
SUB 平尾、和田、長野、吉良
入場者数:1,893人
主審 佐々木里紗 副審1 吉澤久恵 副審2 今成可奈 第4審判 池田朋代

20150905185027ss.jpg


実地で見た前々節の新潟戦(0-1)の壊れっぷりと8月のTM結果の低調振りから何が起きても驚かない不動心で臨んだ(大げさ)が、終わってみれば完勝の内容。キックオフからの高いテンションでの入りはゴールが得られないと終盤での失速に直結するだけに諸刃の剣ではあるがよく押し切った。POMは柴田。後半はさすがにマークがきつくなったが、パサー能力全開で清家と乗松を使い倒した。乗松はゴールを狙う姿勢も見受けられ、レッズでの初ゴールも時間の問題か。
伊賀は初見だったがアメリカ人FWへの縦パスしか打開策がなく、このままでは来季降格候補。
ハピネスプレゼントは和田。温泉賞は後藤。ファンサ(カード)は長船と鈴木。
試合後のAFC U-19女子選手権中国2015優勝報告会で松本が平尾に挑戦状を叩きつける。 
***
第14節の結果と順位表は次の通り。
湯郷ベル 0-1 ジェフL
新潟L 0-1 I神戸
浦和 2-0 伊賀FC
AS埼玉 1-3 大阪高槻
日テレ 5-2 ベガルタ
順位  チーム名 
1 I神戸 37 14 12 1 1 32 14 18
2 日テレ 33 14 10 3 1 29 8 21
3 ベガルタ 30 14 9 3 2 30 16 14
4 ジェフL 25 14 6 7 1 18 10 8
5 浦和 17 14 5 2 7 18 17 1
6 新潟L 16 14 5 1 8 9 12 -3
7 湯郷ベル 15 14 4 3 7 13 27 -14
8 伊賀FC 11 14 3 2 9 8 20 -12
9 大阪高槻 8 14 2 2 10 9 21 -12
10 AS埼玉 5 14 1 2 11 7 28 -21

新潟Lと湯郷ベルが負けたため浦和は2つ上がって5位へ。勝ち点30点同士の日テレ対ベガルタは日テレが5点とって勝利。
次節は6位決定戦ともいえる湯郷戦。レディースユースの皇后杯関東予選とどっち見るか迷っている。

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」