2015/9/19:日テレ・ベレーザ戦(西が丘)

プレナスなでしこリーグ1部レギュラーシリーズ第16節、味の素フィールド西が丘での日テレ・ベレーザ対浦和レッドダイヤモンズレディース戦の観戦記。


前日に書いたプレビューはこちら。【展望】2015/9/19:日テレ・ベレーザ戦(西が丘) 予想スコアは1-1。
先週同様、皇后杯関東予選会場(鴨川)からアクアライン経由でひた走って頂き、キックオフ1時間前には西が丘到着。
たまには、ってことでゴール裏での立ち応援位置から。ぬるサポでさーせん。
20150919150430ss.jpg
レッズのスタメンは前節から変更なし。使い回しでさーせん。
20150905redsdl.jpg
ベレーザは次の通り。
GK 21 山下杏也加
DF 2 清水梨紗
DF 22 岩清水 梓
DF 3 村松智子
DF 6 有吉佐織
MF 10 原 菜摘子
MF 20 阪口夢穂
MF 11 籾木結花 81分↓
MF 5 中里 優 85分↓
MF 8 上辻佑実
FW 9 田中美南
GK 1 曽山加奈子
DF 4 土光真代
MF 7 木龍七瀬 85分↑
MF 14 長谷川 唯
MF 17 隅田 凜 81分↑
FW 13 嶋田千秋
FW 19 荒川恵理子
過日亡くなられたデットマール・クラマー氏への哀悼の意を表して黙祷。東大の検見川グラウンドの食堂でクラシックな写真を見た程度の知識しかないが。
***
というわけで、通常のスタンドでの観戦とは異なる状況で、しかも結果スコアレスドロー。前半終了間際にまさに一瞬の隙を衝かれて放り込まれたフィードに阪口が飛び出してきてシュートを放たれたのを池田がセーブした場面と後半唯一得点の可能性がありそうだった吉良のミドルシュートが枠のはるか上を通過した場面が印象的。特に後半は押されっぱなしでよく凌いで引き分けに持ち込めたとしか言いようがない。展望に書いたように西が丘には何か守護神がいるのかも(もはや神頼み)。手抜きでさーせん。
2015プレナスなでしこリーグ1部レギュラーシリーズ第16節
2015年9月19日(土)16:03キックオフ・味の素フィールド西が丘
日テレ・ベレーザ 0-0(前半0-0) 浦和レッズレディース
GK 池田
DF 乗松、長船、高畑、臼井
MF 柴田、猶本、岸川、加藤(→83分 長野)
FW 清家(→90分 白木)、後藤(→77分 吉良)
SUB 平尾、石井、和田、栗島
入場者数:2,293人
主審 宮崎真理 副審1 須永和樹 副審2 狩野好子 第4審判 田代志津子
20150919175346ss.jpg
劣勢時の交代策が相変わらず謎。後述の通り、リーグ戦の星勘定としては引き分けでよかったわけで、でも長野の7分間左SHはない。
試合開始前、ハーフタイム、そして試合後まで話題の中心はベレーザ側の「幕、曲がってるぞ!」だった。
***
第16節の結果と順位表。

ベガルタ 3-4 I神戸
新潟L 2-2 大阪高槻
湯郷ベル 1-0 伊賀FC
AS埼玉 0-3 ジェフL
日テレ 0-0 浦和

順位  チーム名 
1 I神戸 40 16 13 1 2 36 18 18
2 日テレ 37 16 11 4 1 30 8 22
3 ベガルタ 33 16 10 3 3 35 21 14
4 ジェフL 28 16 7 7 2 22 12 10
5 浦和 21 16 6 3 7 19 17 2
6 新潟L 20 16 6 2 8 13 15 -2
7 湯郷ベル 18 16 5 3 8 14 28 -14
8 伊賀FC 14 16 4 2 10 10 21 -11
9 大阪高槻 9 16 2 3 11 12 25 -13
10 AS埼玉 5 16 1 2 13 7 33 -26

7位湯郷との勝ち点差を3にして得失点差の比較でもかなり有利になった。大阪高槻の下位リーグ行きが決定。

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」