2016/5/28:関東女子1部 早稲田大戦(駒場)




【レッズレディースユース】
第22回 関東女子サッカーリーグ1部第7節、浦和駒場スタジアムでの浦和レッドダイヤモンズレディースユース対早稲田大学戦の観戦記。
20160528161415ss.jpg
レッズのスタメンは次の通り。
20160529091305.jpg
(GKユニは緑)
南がU-20代表活動でパプアニューギニア出張中。高橋はなをCBに入れて残業の長野が長嶋と並列で中盤、左は高山と金勝を入れ替えて4-4-2で臨んだ。どちらかと言えば小嶋が前で三浦が1.5列目。翌日になでしこアカデミーカップを控えて中3は極力温存した模様。
早稲田。
GK 山田紅葉
DF 中條結衣、奥川千沙、三浦紗津紀、渡部那月
MF 中井仁美、平國瑞希、中村みづき、柳澤紗希、熊谷汐華
FW 山田仁衣奈
前半は早稲田のペース。レッズはなかなかボールを前へ運べず押された形。長野を得て長嶋も意欲的に前へ出る。25分頃三浦と一法師のポジションを替える。29分、早稲田CKに鈴木のパンチングでのセーブがやや浅くループ気味に決められて失点。前半は0-1での折り返し。
後半はレッズのペースだったが57分に右サイドからのクロスボールを合わされて0-2。直後、高山→井之川で左SBに入り金勝が前。63分レッズ左からのCKを中で久保がヘディングシュート、ポスト直撃の跳ね返りを久保が再びヘッドで押し込んで1点返す。一法師→石倉でトップへ入ると、長野が右インサイドハーフに位置して今季の4-1-4-1へ変更。早稲田はこの長野を捕まえ切れず再三フリーで受けてチャンスを作るが得点には至らず。逆に左サイドを抉られて逆サイド大外から走り込まれてシュートを打たれ突き放される。結果1-3。
20160528174559ss.jpg
第22回関東女子サッカーリーグ1部 前期リーグ 第7節
2016年5月28日(土)16:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディースユース 1-3(前半0-1) 早稲田大学
得点者:29分 57分 失点、63分 久保真理子、83分 失点
試合時間:90分
GK 鈴木
DF 髙橋恵、久保、高橋は、金勝
MF 一法師(→71分 石倉)、長野、長嶋、高山(→58分 井之川)
FW 小嶋、三浦
後半盛り返すが決定力の差で敗れるという早稲田相手での既視感あふれるゲーム展開。長野は疲労感が抜けて本来の動きに戻りつつある。小嶋が未だにトンネルの中。高山ももう少し思い切りの良さが出るといいのだが。


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら(正)
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら(正)

Instagramやってます。



投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」