旅行記:Seoul出張

2007/01/31:Seoul

 

出張初日。

早めに出て経理仕事(それはそれで課題も多いのだが)して、東銀座から都営浅草線・京急線経由羽田へ。2タミから連絡バスで国際線ターミナルへ。那覇空港と同じような規模だなあ。

国内線へ戻ったりいくつか用事を済ませ出国して(係官一人)、免税店で安物腕時計とか買ったりして、12:35に搭乗開始。OZ1015、GMP行き。エアバスの新型のようだ。ビール2本飲んで爆睡。

久々の金浦空港。外国人は2列。しかし思ったより混雑しなかった。満席だったけど。どんどん進み、地下鉄駅でT-Moneyカードも無事買って、45分揺られて、乙支路4街。今回はバーバリー柄のキャスター付バッグとガム売り。家具屋街を歩いて、現代レジデンス。(Seoulnaviで予約)コンセントが見えず、机を動かしてつなぐ。プラグも借りた。

しかし、バタバタと出かけてきたから、忘れ物や持ってくる必要がないものが多い。いかんな、やはり、末日出発は。

200702000.jpg

部屋からの眺め。

200702001.jpg

部屋の様子。

18:00に昔の仕事で知り合ったC氏とお知り合いがいらして、ちょっと話をしてから近くの焼肉屋。ごちになってしまいました。(*^o^*) 井上陽水のDVD。

帰ってきたら20:00だったので、小一時間休んで、東大門市場へ歩いていく。人が買い物をしているのを見るのも楽しいものだ。Tシャツを中心に見ているのだが、初春向けという感じで、パーカーとか長袖が主力で、早かったかなあという印象。謎のロシア語看板やバーなど。しかし、24時過ぎとは思えないノリであるが、物流系(荷物見張り・もしかすると運転手?)のおじさんたちがストーブの周りに寒そうにたたずんでいて、この方々のテンションは普通に時刻通りだ。

夜は寒い。

200702002.jpg 


翌日2日目はこちら。 
旅行記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」