2014/8/5:インターハイ女子 準決 京都精華女子-湘南学院(駒沢陸上)

平成26年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会 女子、通称インターハイ準決勝2試合目、京都精華女子対神奈川の湘南学院。


ここまでの勝ち上がり。
京都精華女子 7-0 専大北上
京都精華女子 2-1 開志学園JSC
湘南学院 8-0 梅村学園三重
湘南学院 2-1 十文字
20140805094850ss.jpg
○京都精華女子
GK 1高野有希
DF 6前澤彩香 11前川恵里佳 14木原 杏 16小路葉都紀
MF 7金塚咲恵 8中松瑞月 10園田瑞貴 13田畑春菜 17山下えりい
FW 9谷口木乃実
リザーブ:
GK 12井藤菜月
DF 2藤原彩也香 3西村かんな 4駒谷早紀 15藤本那奈
MF 5大前菜々子
○湘南学院
GK 17大泉優香
DF 2井上茉衣 3鈴木彩香 4金子ゆい 5長南紗弥
MF 6大越早貴 7舘山香緒里 9古畑未玖 10間明瀬奈
FW 8清水星良 14白井未来
リザーブ:
GK 1藤原夏奈
DF 12鈴木睦未 13富田伊織
MF 11阿部菜々子 15広瀬さつき 16長瀬あゆ
相変わらず風は強め。12:30キックオフ。
前半は動きが少ない展開に終始。終了間際に京都精華が中央から園田がDFラインの頭越しにループパス、金塚が走りこんでGK前で触れて流し込んで先制。
後半は京都精華の持ったらドリブルで仕掛ける場面ばかり。風上でパスが流れてしまう不利もあったが、抜いた後の展開に工夫が少なく、湘南の網に引っかかって取られるばかり。結果が出たのはその風上が作用した中央からの山下のロングシュートの1点のみという皮肉。結果は2-0で京都精華の勝ち上がり。近畿勢同士の決勝の組み合わせとなった。

*****

京都精華の10園田瑞貴の足元は目立ったが、U-18などの違うチームに入ったらどうなのかなどこれからいろんな意味で楽しみとしておこう。記録からは一回戦を見ていれば印象も違うのかもしれないが。
優勝候補の十文字を破った湘南学院は全体的に動きが硬く、強みも出せないまま試合を落としてしまった感。
○リンク(時々日記内)


時々日記
http://www.tokidokinikki.net
女子サッカー観戦メモ(1)はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」