2014/9/23:高校選手権東京都予選 村田女子-飛鳥(私学事業団)

高校女子選手権東京都予選決勝リーグ第3節(最終節)の2試合観戦。葛飾区の私学事業団運動公園。


勝ち上がり方式は4つのブロックに分かれた予選トーナメントの勝者4チーム(十文字、修徳、村田女子、飛鳥)が総当たりの決勝リーグを行う。1位と2位が関東大会進出。5位決定トーナメントも併せて行われ、先の残り3位・4位のチームと5位のチームが関東秋季大会へと進む。
2節と第一試合を終えての決勝リーグの順位は次の通り。
順位 チーム名 勝ち点 得失点差
1 村田女子 4 +2
2 修徳 4 +1
3 十文字 3 0
4 飛鳥 1 -3
第二試合、村田女子高等学校対東京都立飛鳥高等学校は12:00キックオフ。35分ハーフ。飛鳥は3点差以上の勝利で2位の可能性が残る。村田はその逆で失点数に注意すれば負けても勝ち抜ける計算になる。
○リンク(時々日記内)

村田女子フォーメーション。(紫)

10岸野

18北久保     7作間     11相澤

8宮下   13北川

20今野 4高山晴香 5内山 3鼓

GK1有倉

飛鳥フォーメーション。(赤)

6宮下

2有田    7尾崎   16高橋海

10藤原  21人見

14海老根千 5召田 11村岡 3井上

GK17松尾

20140923124926ss.jpg

3点差必要な飛鳥が序盤から積極的。9分に左FKが壁に当たって戻ったボールを再度ゴール前へ送ると、2有田が押し込んで飛鳥が先制。注文通りの展開かと思われたが、前半はこの1点のみ。
後半、41分にクロスボールの落としを拾った10岸野が反転しながら左で蹴りこむ個人技で村田が同点。63分にCKから7作間が頭で合わせて逆転。前半から飛ばして入った飛鳥はこの頃から足が止まってしまい、ATに再度CKから4高山晴香が押し込んで3点目、3-1で勝利、優勝を決めた。
飛鳥のスタートダッシュに前半は受けてしまったが、落ち着いてセットプレーから得点を重ねた村田が地力の差を見せて優勝を決めた。レッズ出身の北久保は左サイドで先発も前半で交代。今日は仕掛けられる場面がほぼなかったが、岸野のような力のあるFWと組んで出ているのを活かしてもっと得点に絡めるポジショニングを求めたいところ。もっとも今日は飛鳥の寄せが良かった。

大会を通じて応援に気合が入っている両チーム、ボリュームが大きくて近隣から一報入ったらしく管理者経由でメガホン使用自粛になるほど。都会の中心にある施設のつらいところ。
最終順位は次の通り。
順位 チーム名 勝ち点 得失点差
1 村田女子 7 +4
2 修徳 4 +1
3 十文字 3 0
4 飛鳥 1 -5
移動のため見ることができなかった5位決定戦は2-2からのPK戦を3-0で東久留米総合が勝った。

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

Amazon
高校サッカーダイジェスト Vol.7 2014年 11/1号 [雑誌]

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」