旅行記:堺・京都(4日目)

浦和レッズレディースユース、全日本女子ユースサッカー選手権大会観戦、青春18きっぷの旅。3泊4日。最終日、京都観光と熱海でお風呂に浸かります。

試合の観戦記はこちら。


目覚ましは遅めにしていたがその前に起きた。ホテルの朝食は1階のレストランでビュッフェスタイルだが1,500円と超強気プライスなので、早々に辞退して小雨降る中烏丸駅方向へ歩き吉野家で牛丼。昨日必要のないものは送って、特に何か買って持っているわけではないけれど荷物が重い。
そこから錦小路通を東へ。錦市場。まだ9時回ったところでほとんどが開店準備中で客もまばらだしこちらも購買意欲ほとんどなしなので一方的に通り過ぎるだけ。やっぱり一ヶ月ほど住みたいなと思う。
縦方向でバス使おうかとも思っていたがいけそうなのでそのまま歩く。カオサン京都ゲストハウスを通ったから寺町通か。
20150108094210ss.jpg
20150108102016ss.jpg
20150108102256ss.jpg

WILLER TRAVEL

出てくるとちょうど京都駅行きのバスが来たので飛び乗る。駅に着くとワールドワイド観光客状態で正月明けで空いていたとか何だったのか。近鉄側のドンクでパン買って帰路につく。朝夕の時間帯を除いて、各駅つなぎで東へ行く場合は米原・大垣間が30分おきになるので、京都で乗る新快速は00分か30分発になる。12時発まで想定していたが11時発になった。
京都11:00(東海道線・新快速)→11:53米原

意外と混んでいてドア前の補助椅子に座ったまま。関東では京急くらい?、他にはパリの地下鉄のstrapontin(ストラポンタン)くらいしか思いつかないけれどやっぱり硬いんだよね。

米原11:59(東海道線)→12:32大垣

また雪国区間。関が原と垂井の間で初日に来た時乗った列車とすれ違ったはずだがうとうとしていて気づかず。

大垣12:41(東海道線・新快速)→13:57蒲郡

お昼時だし名古屋で降りて何からしいものを食べるかも、とも思っていたが特に思い立たずそのまま乗り続ける。豊橋行だが乗り継ぐ各駅は蒲郡で隣のホームになるのでここまで。

蒲郡13:58(東海道線)→14:57浜松

ここでまたうとうと。日差しが気持ちいい。

浜松15:10(東海道線)→17:42熱海

この乗り継ぎも同じホームで何とか座れる。実は来るときに見過ごしたので、そろそろかなと思って振り返って見る富士山。

熱海まで着くともう帰ってきた感じがする。JRも東日本になるし、行先案内にも東京行きの文字があるせいか。
まだ着手したばかりでいつできるかわからないが、青春18きっぷのような乗り放題を想定した途中下車温泉スポットのまとめを作りたいと思って調べる中で知った「駅前温泉浴場」へ。駅を背中に正面の道を右にカーブしたところ。500円。浴槽は3人入れば一杯でカランも5個だったか。石鹸・シャンプー類の備え付けはないので持参するか受付でも買える。場所柄納得の塩化物泉。
熱海は旅館が強いのか外部からの参入が難しいのか日帰り施設がなく、あくまで旅館の日帰り開放になってしまう。そのため夕方から夜にかけてで終了になるのでちょっと一っ風呂という用途が受け入れられていないのはとても残念。徒歩圏内では「大江戸温泉物語あたみ」が13:00から19:45(最終入場19:00)で700円でこれも一応の候補だった。Webサイトの検索だけなので他にも事情はあるのかもしれないが、駅からのアクセスが抜群にいい温泉地なのにもったいないことである。
「みやま」でアジとカマスの干物を買って、駅の売店でも小鯵押寿司と缶ビール。この時間ならば浦和まで980円なのでグリーン車へ。
20150108182500ss.jpg
熱海18:23(東海道線)→18:45小田原

小田原18:53(東海道線・湘南新宿ライン)→21:02浦和
同一方向ならば1枚のグリーン券で乗り継げるという制度は知識では知っていたが利用は初めて。でも車掌さんがSuicaを端末にかざして処理をした。高崎線での影響で5分くらいの遅れ。寝込んだら終点は高崎だったがちゃんと浦和で降りられた。むしろ私自身というより隣に座ったおとっつあんがイビキかくほど爆睡していて通路に出られるかが心配だったわ。京浜東北には遅れはなく一駅乗って北浦和帰着。

*****

時々日記
http://www.tokidokinikki.net
旅行記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」