【展望】2015/5/6:湯郷ベル戦(美作)

プレビュー

2015プレナスなでしこリーグ1部 レギュラーシリーズ 第7節
2015/05/06 13:00 キックオフ 岡山県美作ラグビー・サッカー場(岡山県)
岡山湯郷Belle vs 浦和レッドダイヤモンズレディース


1.前節の結果と直近の対戦

  • 伊賀FC 0-2 浦和 5/2土 上野 伊賀タウン情報YOUによる試合ハイライト動画
前半は押され気味も49分に左に素早く展開して崩し吉良のクロスを清家が頭で決めて先制。すぐに自陣右からのロングボールに再び清家が抜け出す得意の形をきっちり決めて2-0で浦和の勝利。
  • ジェフL 2-0 湯郷ベル 5/2土 オリプリ

前半耐えていた湯郷は後半立て続けに2失点、と伊賀FC・浦和戦と似たような展開で敗戦。

***
直近の公式戦での対戦はネスレカップ 国際女子サッカークラブ選手権2014 3位決定戦 2014/12/06 11:35キックオフ 味の素フィールド西が丘(東京都)
  • 浦和 4-0 湯郷ベル
13分に後藤のシュートがDFに当たりGK福元の逆を衝いてゴールに吸い込まれるラッキーな形でレッズが先制。その福元が31分に負傷退場。後半、柴田、大滝のヘッド、清家のスルーパスから臼井、と加点した。その他惜しいシーンもショートカウンターが多かった。
参考に昨季リーグ戦4回の対戦は3勝1敗。初戦こそ1-3だったが、その後は4-1、4-1、2-0。シーズン前の「なでしこ交流戦」で2度対戦し2-0、0-0。
2.スタメン予想

前節伊賀戦は猶本が復帰したのでアタッカー祭りは終了して柴田が右サイド。加藤はベンチ入りしたが吉良が左SHだった。交代は吉良(→83分 臼井)、清家(→89分 白木)、猶本(→90分 長野)と試合終盤での5バックでの守備固めを含めた散発的な交代。その他リザーブは池田、千葉、和田、加藤。
20150502redsl.jpg
中3日でも勝って臨むとなればスタメンは変えないと思われる。
***
一方、湯郷の前節は次の通り。
GK 1 福元美穂
DF 3 加戸由佳
DF 4 高橋佐智江
DF 14 中島千尋
DF 19 水島久美
MF 6 葛間理代 57分↓
MF 7 浅野未希 HT↓
MF 8 小林真規子
MF 10 宮間あや
FW 11 松岡実希
FW 20 森迫あやめ 82分↓
GK 21 三田一紗代
DF 2 谷口きくみ
DF 13 高橋千帆
MF 16 川野紗季
MF 24 大久保 舞 HT↑
FW 15 田中麻由 82分↑
FW 23 岸野早奈 57分↑
ここまで6試合のスタメンはほぼ固定と言っていい。直近2試合連続でFWの一角を岸野から森迫へスイッチしたのが目を引く程度。ここをなぜか湯郷ではDF表示だったが前所属の吉備国大ではFWだった高橋千帆が入るかもしれない。直近の紅白戦でそうした起用があったと知ったため。4-4-2のフォーメーション。
3.試合のポイント

  • まずは第7節の予定と第6節までの順位表。
ベガルタ – 大阪高槻
AS埼玉 – 伊賀FC
湯郷ベル – 浦和
日テレ – I神戸
新潟L – ジェフL

順位  チーム名 
1 I神戸 18 6 6 0 0 16 5 11
2 日テレ 14 6 4 2 0 14 2 12
3 ジェフL 14 6 4 2 0 9 2 7
4 ベガルタ 12 6 3 3 0 9 4 5
5 浦和 7 6 2 1 3 10 8 2
6 新潟L 6 6 2 0 4 4 6 -2
7 伊賀FC 6 6 2 0 4 3 8 -5
8 湯郷ベル 4 6 1 1 4 3 13 -10
9 AS埼玉 3 6 0 0 6 3 14 -11
10 大阪高槻 1 6 0 1 5 3 12 -9
日テレがI神戸を下し、ジェフLも勝つと3チーム団子になる。ベガルタは落とさないだろうし浦和は勝っても順位に変動はないが下位づくりと固定化のための一戦。

  • 浦和は清家が得意の一試合2得点と本来のポジションで昨季の「らしさ」を取り戻した。昨季4得点と相性のいい湯郷戦でも期待したい。
  • 前節から中3日で迎える距離的に最も遠いアウェイ戦であるとともに、次戦も同じ中3日でみんな大好き鴻巣での日テレ戦であることを踏まえれば早目の交代も視野に入れたゲーム運びが望ましい。
  • 湯郷は近年選手の流失が続くが、今季は中野真奈美と有町紗央里がベガルタへ移籍したのが相当響き、ここまで6試合で3得点。宮間からの組み立てには変わりないだろうが松岡以外は役者不足の状況。FK直接には留意して不用意なファウルは禁物である。一方、代表GKをもってしても13失点では守備も相当のものと予測できる。
  • 予想スコアは3-1で浦和。希望スコアは引き続き無失点試合で4-0。
  • 双方のチーム所属経験者はいない。池田咲紀子と青柳麻理鈴は日体大の同年卒業。青柳は常盤木出身で鈴木里奈の一個上。岡山県出身の三谷沙也加と川野紗季・田中麻由が作陽高校で同期、森迫あやめは一個下。千葉望愛の早稲田大での一個下に三田一紗代。
4.その他リンク
マッチトピックス (アウェイ戦で無し)
2015プレナスなでしこリーグ1部 レギュラーシリーズ第7節プレビュー(なぜか未発表)
※「時々日記」はリーグからのお願い(写真等の撮影について)で指摘されている違反行為とともに、「黙認されている」などと正当化を助長しかねない引用や「写真ほしい人はDMかLINEで連絡下さい」などの違法撮影物の流通についても反対の立場をとっています。

※エントリーの日時は管理上キックオフ予定時刻の24時間前にしていますが、実際はもっと早い時刻に締め切っています。その後知り得た情報によって更新する可能性もあります。

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」