【展望】2015/5/10:日テレ・ベレーザ戦(鴻巣)

プレビュー

2015プレナスなでしこリーグ1部 レギュラーシリーズ 第8節
2015/05/10 14:00 キックオフ 鴻巣市立陸上競技場(埼玉県)
浦和レッドダイヤモンズレディース vs 日テレ・ベレーザ


1.前節の結果と直近の対戦
湯郷ベル 2-2 浦和 5/6水 美作
前半CKから2失点し、後半追いつくというベガルタ戦と同じ展開。
日テレ 2-1 I神戸 5/6水 西が丘
現首位と2位との対戦は田中美南の2ゴールでベレーザの勝利。
***
直近の公式戦での対戦は、 第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会決勝 2015年1月1日 味の素スタジアム。
19分に失点した1点が遠く、スコア以上に何もさせてもらえなかった感が強い敗戦。
2014年リーグ戦4回の対戦は2-0、0-0、3-0、1-2の2勝1分け1敗。鴻巣でのこの組み合わせは2011年6月4日に行われており、永里亜紗乃にハットトリック喰らって0-3の敗戦。
2.スタメン予想
前々節伊賀戦、前節湯郷戦共にスタメン・リザーブに変更無し。交代は平尾(HT→ 池田)、吉良(HT→ 白木)、猶本(73分→ 長野)。
20150502redsl.jpg
聞き及ぶ限り交代後の状況から平尾は難しいかもしれない。先発GKは池田か。後述するように加藤千佳はスタメンではなくても出すでしょう、普通。
***
ベレーザの前節は次の通り。
GK 21 山下杏也加
DF 2 清水梨紗
DF 22 岩清水 梓
DF 3 村松智子
DF 6 有吉佐織
MF 8 上辻佑実
MF 10 原 菜摘子
MF 17 隅田 凜
MF 11 籾木結花 53分↓
MF 14 長谷川 唯
FW 9 田中美南
GK 1 曽山加奈子
DF 4 土光真代
DF 5 中里 優
MF 7 木龍七瀬
MF 20 阪口夢穂 53分↑
MF 23 福丸智子
FW 13 嶋田千秋
報道によれば阪口は前々節のベガルタ戦で右足首捻挫をしたため、スタメンではなく後半出場だった模様。中3日ならば同じように後半交代出場か。

3.試合のポイント
  • トップチームは同日15:00キックオフで仙台アウェイ戦。例年1回は開催がある鴻巣だが集客力はどうしても下がるので晴れでも1,000人ようやく超える程度か。ハピネスプレゼント抽選に配るチラシも1,000枚。連休中の祝日2戦ともアウェイ戦で、帰ってきたと思ったら鴻巣じゃあ営業妨害もいいとこ。入場者数厨に「レッズレディースも昨年割れで人気低落か!」とか言われちゃうよ。よい子は分かると思うけど「も」ってところが笑うとこ。ヴェルディは前日9日14:00に京都でアウェイということなら重なっていないので投擲種目用のケージを片付けて皆様のお越しをお待ちしております。
  • それはさておき、今節の対戦と前節第7節までの順位表。
I神戸 – ベガルタ
ジェフL – AS埼玉
伊賀FC – 湯郷ベル
大阪高槻 – 新潟L
浦和 – 日テレ

順位  チーム名 
1 I神戸 18 7 6 0 1 17 7 10
2 日テレ 17 7 5 2 0 16 3 13
3 ジェフL 15 7 4 3 0 9 2 7
4 ベガルタ 15 7 4 3 0 11 5 6
5 浦和 8 7 2 2 3 12 10 2
6 新潟L 7 7 2 1 4 4 6 -2
7 伊賀FC 7 7 2 1 4 3 8 -5
8 湯郷ベル 5 7 1 2 4 5 15 -10
9 AS埼玉 4 7 1 1 5 3 14 -11
10 大阪高槻 1 7 0 1 6 4 14 -10

4チームが抜け出した形。幸いレギュラーシリーズからエキサイティングシリーズへの上位リーグへの移行時は現有の勝ち点は関係がないものの、レッズとしてはとにかく5位維持で前半を終えて後半どこかが落ちてくるのを待つしかなくなった。

  • 雑草含みの芝生席なので敷物と日差しはきついので熱中症対策ともども気をつけたい。試合運営管理規定のような定めの中にバックスタンド手前にスポンサー幕を順番通りに設置するように書いてあると推測しているのだが、バックスタンドのみ開放の会場でもそれでいいんですかいいんです。
  • 浦和は2失点デフォルトになり守備が未だに不安定。清家が簡単に(笑)復調したことだけが好材料。懸念材料は後藤の調子とボランチのバランスか。高低差のほとんどない鴻巣のバックスタンドから俯瞰できるかは疑問だが。
  • ベレーザは優勝候補でもあり、引き分け2試合分勝ち点は低かったがINACに勝って勝ち点1差で2位キープ。下部出身者以外はなかなかフィットしなかったが、上辻はラガッツァFC高槻スペランツァからの同期阪口のサポートもあってか溶け込めている模様。故障者もほぼなく昨季以上の戦力。
  • 予想スコアは1-3。希望は引き分けで構わないが、お互い守備的に引く戦術は取らない(正確には最後5分でリードしていたら浦和が5バックにする可能性はある)だけに引き分けるとすれば2-2か3-3の打ち合いか。
  • 荒川恵理子は2010シーズンから3シーズン、レッズに在籍。エルフェンでの2シーズンを経て今季からベレーザ在籍。レッズでは国内46試合出場19得点、他に日韓CS1試合出場1得点。長船加奈はマリーゼ休部時の2011年1シーズンベレーザに在籍、今季からベレーザの上辻佑実と昨季までベガルタ在籍。
  • 加藤千佳は鴻巣市出身で鴻巣FCプライマリーに所属していた。「活躍している先輩」 そろそろ駅前か卒業高校に銅像が建っても驚かない。
  • 前座に組まれた「U-15なでしこアカデミーカップ2015」は昨年のU-15選手権決勝の組み合わせ、来月の関東大会に向けて生え抜きガーでなくても見逃せない試合。
4.その他リンク
  • イベント
    • レディース選手サイン入りポストカード=乗松瑠華、和田奈央子、加藤千佳を予定
    • ハピネスプレゼント
    • U-15なでしこアカデミーカップ2015 浦和レッズレディースジュニアユース – 日テレ・メニーナ・セリアス 11時キックオフ(30分ハーフ)

※「時々日記」はリーグからのお願い(写真等の撮影について)で指摘されている違反行為とともに、「黙認されている」などと正当化を助長しかねない引用や「写真ほしい人はDMかLINEで連絡下さい」などの撮影物の流通についても反対の立場をとっています。

※エントリーの日時は管理上キックオフ予定時刻の24時間前にしていますが、実際はもっと早い時刻に締め切っています。その後知り得た情報によって更新する可能性もあります。

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」