2015/10/17:関東女子U-18準決勝 ジェフ千葉U-18戦(宇都宮平出)

【レッズレディースユース】

第19回関東女子ユース(U-18)サッカー選手権大会 準決勝、浦和レッズレディースユース 対 ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18の観戦記。

準決勝は以下のような昨年度と同じ組み合わせになった。
2014年度 第18回
  • 関東(神奈川)
    • 準決 日テレ・メニーナ 2-1 エルフェンマリ
    • 準決 レッズレディースユース 3-0 ジェフ千葉レディースU-18 観戦記
    • 3決  エルフェンマリ 1-2 ジェフ千葉レディースU-18
    • 決勝 日テレ・メニーナ 3-1(延長) レッズレディースユース 観戦記
  • 全日本(堺)
    • 準決 日テレ・メニーナ 9-0 ヴィクサーレ沖縄FC・ナビィータ
    • 準決 ジェフ千葉レディースU-18 0-1 浦和レッズレディースユース 観戦記
    • 3決  ヴィクサーレ沖縄FC・ナビィータ 0-9 ジェフレディースU-18
    • 決勝 日テレ・メニーナ 5-2 レッズレディースユース 観戦記


今季は関東女子リーグ1部で2回対戦してレッズの1勝1分。
そして会場は宇都宮市サッカー場である。宇都宮駅東口から関東バスで産業技術大学校まで貸切状態で乗って(150円)、少し戻るような形で歩く。
スタンドは2階から3階に相当する高さがあり、もとより専スタなので観やすい。一応、周囲を巡る芝生席も開放。
20151017091953ss.jpg
スタンド最上段及び2階部分からは裏側(=入口側)も見ることができて、そこがウォーミングアップ場所として指定されていたのでさながら競馬のパドック(下見所)のようでもある。狙って設計したわけではないだろうがこれはこれで面白い。
20151017085535ss.jpg
晴れていたので昼から午後にかけて左10時の方向から日差しを直接受ける形になり結構キツかったのだが、試しに第4試合にバック側へ移動してみたら俯瞰は損なわれるが迫力は増してこれはこれでいい観戦環境である。スタンドの動静(歓声)も正面で受けるので尚更楽しかった。
20151017144546ss.jpg
外周の芝生席の有無まではわからないがこのクラスのピッチが人工芝でも県庁所在地レベルの都市のアクセスのいい場所にあればいいのにな。
***
さて準決勝、レッズのスタメンとフォーメーションは次の通り。
20171017redsly.jpg
長野風花が久しぶりに合流してボランチでキャプテンマーク。前週は学校行事だったぽい南も戻りCB。今井裕と小嶋はまだのようで右SBには奥本が入った。予定の11:10からは5分ほど遅れての試合開始。
ジェフのペースで試合が始まる。15分過ぎからレッズもチャンスを作り始める。CK逆サイドへ流れた折り返しを中で青木がシュートを打つがGK正面。20分、青木と塩越が中央パス交換で進み最後塩越のシュートは枠をとらえていたがGKに弾き出される。このCKを南がヘディングで豪快に叩き込んで先制。長嶋が競り合いで傷めて久保と交代する。30分過ぎに右サイドの突破から遠藤が持ち込んでさらにエンドライン際を進んで倒されてPK獲得。ちょっと謎の間があってから長野が蹴ることになって成功、2-0として折り返す。
58分頃レッズ側右コーナー手前でボールが止まったのが判断ミスで棒立ち。ジェフに拾われて持ち込まれるとマイナスの折り返しに中で合わされ今大会初失点。この後遠藤→三浦で代わって塩越が右へ。65分右サイド崩して中央絞ってきた三木へ出すと飛び出した木崎が難しいバウンドを掬い上げるように枠へ蹴り込んで3-1と突き放す。この後は少々間延びした展開で高3お疲れ中3頑張れの交代を入れて試合終了。
20151017124909ss.jpg
第19回関東女子ユースサッカー選手権大会 準決勝
2015年10月17日(土)11:10キックオフ・宇都宮市サッカー場
浦和レッズレディースユース 3-1(前半2-0) ジェフユナイテッド市原・千葉レディースユースU-18
得点者:21分 南萌華、32分 長野風花、65分 木崎あおい
試合時間:80分
GK 松本
DF 奥本、長嶋(→久保)、南、金勝
MF 遠藤(→三浦)、木崎、長野、三木(→ワタリ)、青木(→轡田)
FW 塩越
セットプレーから早い時間帯に先制したこともあり余裕を持って戦えた。アクシデントで突然の投入になったけれど久保はうまく試合に入って安定した働きだった。遠藤に素軽さが戻ってきた。
***
第一試合は9:30からもう一方の準決勝、日テレ・メニーナ対ASエルフェン埼玉マリで、前半4-4か時には4-5のブロックを作って守るマリが0-0に持ち込んだが、後半着実に加点してエリア内で飛び込んだ際に手に当たってハンドの判定でPKを与えて1失点はしたがメニーナが4-1で勝ち上がり。
第三・第四試合は敗者復活的な順位決定戦で勝った方が全国大会出場権を得る試合。
KASHIMA-LSC 対 横須賀シーガルズJOYはFPがボールに寄りがちな試合展開だったがセットプレーを活かしてKASHIMAが得点してほぼ完勝の出来。シーガルズはつなぎ志向なのだろうけど中盤から前の段階でミス連発。
栃木SCレディース 対 スフィーダ世田谷ユースは18分に左サイドからの速いクロスボールに右サイドから突っ込んできて合わせてスフィーダが先制すると後半CKから前レッズレディースユースの久保がヘッドで追加点。さらに3点目を上げて3-0としてさらに1、2点追加するかの状況にすら見えたが、栃木がループシュートで1点返すと世田谷GKのフィードミスを逃さす蹴り込んで3-2と追い上げて沈黙していたスタンドも息を吹き返す。さらに終了間際のエリア内の仕掛けが倒されてPKを獲得し同点になる第三者が見るには面白すぎる試合展開。規定で即PK戦は先攻の栃木最初のキッカーが力んで枠外へ蹴ると魅入られたようにゴールできなくなってしまい3-1でスフィーダが何とか勝ち進んだ結果となった。
餃子食べて帰宅。
20151017180312ss.jpg
○リンク(時々日記内)

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」