2015/10/24:ES ジェフL戦(駒場)

【レッズレディース】

2015プレナスなでしこリーグ1部 エキサイティングシリーズ 上位リーグ 第3節、浦和駒場スタジアムでの浦和レッドダイヤモンズレディース- ジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦の観戦記。



前日に書いたプレビューはこちら。【展望】2015/10/24:ES ジェフL戦(駒場) 予想スコアは1-1。

久しぶりの駒場。レディースの観戦自体が大阪高槻戦以来の3試合空いて約1ヶ月ぶり。
20151024163741ss.jpg
前節ベレーザ戦は13:00開始だったがこの試合はなぜか18:00開始。トップチームが14時味スタでのFC東京戦でいわゆるはしご観戦を配慮したか。チケットの売れ行きも良かったせいか、後から発表になった駒場でのPVも実施され、12時からの関東プリンセスリーグから通算して8時間駒場にいた勘定になった。
***
レッズのスタメンは次の通り。
20151024redslstart.jpg
北川がベンチ外で左サイドバックは2番手の臼井。清家もベンチ外で和田と鈴木が入った。パッと見て後ろの選手ばかりで何だかなの印象。池田は青ユニ。
ジェフは次の通り。
GK 17 山根恵里奈
DF 24 千野晶子
DF 3 櫻本尚子
DF 18 磯金みどり
DF 2 上野紗稀
MF 19 保坂のどか 86分↓
MF 13 瀬戸口 梢
MF 14 川村真理
MF 10 深澤里沙 90分↓
FW 7 筏井りさ 35分↓
FW 9 菅澤優衣香
GK 1 根本望央
DF 5 若林美里
MF 6 西川彩華
MF 8 安齋結花 86分↑
MF 28 柳井里奈
FW 20 鴨川実歩 35分↑
FW 29 小澤 寛 90分↑
今季二度の対戦がいずれも0-1と、この試合も塩展開になるかと思いきや予想外の流れになった。サッカーこわい><。
5分、ルーティン的な長船から乗松へのボール回し、乗松は戻さずチャンスがあると見たか前線の吉良へフィード。これを吉良がうまく収めて前を向くと迷いなく確信をもったミドルをゴール左上へ蹴り込んでレッズが先制。ジェフDFラインとGKの隙を衝いたゴールだった。11分左サイドのスルーパスに加藤が飛び出して持ち込み、エンドライン際からマイナスのクロスを出して猶本に合うがこのシュートは枠の右をわずかに逸れて入らない。これが決まっているとまた展開も変わったのだが。
31分にレッズCKからの再攻撃は右サイドで柴田から後ろへ戻すとフォローに来た高畑に出してシュート性の速いクロスボールを入れ、中に残っていた長船が頭一つ高い打点で角度を変えてゴールに突き刺して追加点。ジェフは通例の4-4ブロックの中間を猶本と柴田に入り込まれてさらに速い寄せでつぶされて攻撃の形が作れず、35分に菅澤のサポート役である筏井に代えて仕掛けられる鴨川を投入する早い対処。筏井はまっすぐロッカールームへ行ってしまう。2-0での折り返しで久しぶりに温かいムードの駒場。
ところが後半は初手からジェフの猛攻。52分に一度は柴田が収めかけるが相手ボールとなって川村→深澤→菅澤と経由して右隅へのゴール。57分は左からのCKを菅澤を経由してゴール前の櫻本がDFを背負いながらもこらえて右足を振りゴール。あっという間の同点だが落ち着かせる術もなく60分に左サイドで安易にロストして逆襲、持ち込んだ保坂がペナルティエリアでシュートを放つと池田が弾いたボールは走りこんできた深澤に収まってしまい難なく押し込まれて逆転。さらに63分には左サイドから中央の混戦を再び深澤に蹴り込まれて10分で4失点するというよもやの展開に。
ここでレッズは加藤に代えて長野を入れると、すぐに岸川も出して石井を入れる。ほどなく後藤から白木にスイッチして4-4-2のフォーメーションとしては下記の通り。
20151024redslend.jpg
とはいえ、長野がアンカーで柴田は中へ絞り猶本はさらに高い位置という中盤は縦関係の構成。80分に長野→柴田→吉良でゴールを上げると一気に打ち合いの様相へ。84分左サイドに飛び出した柴田が中へ送るとファーで待ち構えていた猶本がヘッドで叩きつけてゴール。まだチャンスもあったが結局4-4のドロー。
2015プレナスなでしこリーグエキサイティングシリーズ上位リーグ 第3節
2015年10月24日(土) 18:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 4-4(前半2-0) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
得点者:5分 吉良知夏、31分 長船加奈、52分 菅澤優衣香(ジェフL)、57分 櫻本尚子(ジェフL)、60分、63分 深澤里沙(ジェフL)、80分 吉良知夏、84分 猶本 光
GK 池田
DF 乗松、長船、高畑、臼井
MF 柴田、猶本、岸川(→65分 石井)、加藤(→64分 長野)
FW 吉良、後藤(→70分 白木)
SUB 平尾、鈴木、和田、栗島
入場者数:1,614人
主審 今泉奈美 副審1 坊薗真琴 副審2 上田千尋 第4審判 田代志津子
20151024195504ss.jpg
得点シーンが見たい人には楽しかっただろうが、ゲームマネジメントを放棄したトレーニングマッチ感充満の45分1本と20分1本と25分1本の計3本の試合。通称・バカ試合。
その1本目(=前半)、レッズは吉良の早い時間帯での先制に乗ったとはいえ早い出足とパス交換で中盤を支配して圧倒。長身GKの守備ゾーンを考慮してCKはニアに速いボールを入れてスクランブル狙い、そこでは決着しなかったが流れから長船が2試合連続ゴールを上げてこの戦術は一つ成果が出たと評価していい。
試合途中で「こんなに積極的な吉良を見るのは初めてかも」とつぶやいたほど、吉良は気合が入っていたを通り越して怒りすら漂わせてゴールを狙い武器である右のインステップのシュートで2回ゴールを上げ表現して見せ、三人目の交代の役割を後藤へと追いやったともいえる働きを見せた。
もう一人怒っていたのは柴田で中へ絞ってカバーエリアを増やしてジェフもつかまえきれず。ミスもあったが3本目に2アシストして取り返して余りある結果を出した。
それだけに後半の4失点が食い止められなかったのが痛いというか魅入られたようにボールウォッチング。あまりに脆かったし不用意に蹴ったりロストしたりと試合勘がないせいもあるのだろうが、なぜ我慢して落ち着かせようと中で自主的に構えられず、攻撃のターンにばかり注力してしまうのはもう若いチームだからで片付けられないと思うのだが。
そして3本目は予定の交代を無機質に送り出すだけの簡単なお仕事振りから始まる。長野にはある程度目処はついているだろうが、劣勢での石井投入+乗松1列上げは右サイドアタッカー不在という今季レッズで最も不備があるポジションがらみでの交代策だけに乗松が持つユーティリティの能力に期待したのだろう。残り20分なら遠藤でも塩越でも運営やらせている場合ではなく、ユースとはいえ高3の選手を使う策が妥当。それでも石井は持ち味のスピードと思い切りの良さを出せたのではないか。
そして乗ってきたスタンドの熱にも押されてレッズが2点もぎ取って「追いついた」が今度はジェフのゲームマネジメントが謎というか、こらえきれずに失点してしまうのは中盤の淡白さなのか今季引き分けが妙に多いのはこのあたりに理由が求められるのかもしれない。
というわけで、リーグ戦の順位争いからは脱落しているだけにゲームでのモチベーション低下を【展望】でも指摘しているが、若手にシフトするわけでもなく、一方で背番号teenagerの3年目・4年目の中堅がすっかり沈黙してしまってチーム力を下支えできていない現況を考え合わせると本当に1本目はよく闘えていたと思う。それゆえに90分の流れよりは、2-0、0-4、2-0の変則3本の積み重ねで記した方が違和感が少ないという不思議なゲームであった。
***
早くもホーム最終戦ということで、恒例の挨拶と回想シーン動画にお見送りがあったはずだが、残りアウェイ2試合は参戦する予定なのでパスしてとっとと帰らせてもらった。

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」