2016/7/16:関東女子1部 関東学園大戦(レッズランド)





【レッズレディースユース】
第22回 関東女子サッカーリーグ1部後期第4節、レッズランドでの浦和レッドダイヤモンズレディースユース対関東学園大戦の観戦記。

今季は駒場でのなでしこリーグ開催日の併催が増えて、逆に夕刻のレッズランドでの試合が減った(全3試合)ため久しぶりの感じ。原口選手は仮設スタンドを買ってください。
20160716184659ss.jpg
レッズのスタメンは次の通り。
20160716redsly.jpg
(GKユニ=緑色)
U-17女子中国遠征に長野、高橋はな、金勝が招集されて、前節の中盤の三角形を全換装。
序盤から両チームのシュートがバーに当たるなど落ち着かず、数分づついずれかの時間帯が訪れてまた潮が引くような展開。三浦のシュートがポスト。18分頃右サイドを突破され関東学園のシュートがポスト。(詰められたがオフサイド)。しかし20分にロングフィードをDFとGKの絶妙な位置に落とされ、そこを走り込まれてループシュートを決められて失点。今度は27分にレッズのロングフィードに反応して高橋美が抜け出して中へ送ると混戦ができたが小嶋がうまく拾い右の空いたスペースへ運んでから蹴りこんで同点。その後小嶋にチャンスがあったがこれは枠外、前半1-1での折り返し。
後半はやや膠着。ワタリ→一法師、高橋美→上田、島田→井之川と替えて、小嶋が1トップでインサイドハーフを上田と一法師に据えると関東学園の運動量が落ちてきたことと相まって両サイドの突破回数が増える。三浦のシュートをGKが弾いたところ飛び込んできた小嶋がシュートを放つが枠外。それでもその後、一法師のスルーパスに反応した小嶋が抜け出して左足を振り抜いて勝ち越すと、その2分後に右サイドを崩してペナルティエリア角で小嶋が受けると左足を軸に反転してそのままシュート、ファーサイドのポストに当てながらもゴールインしてハットトリック。そのまま押し切って3-1での勝利。
第22回関東女子サッカーリーグ1部 後期リーグ 第4節
2016年7月16日(土)17:05キックオフ・レッズランド
浦和レッズレディースユース 3-1(前半1-1) 関東学園大学女子サッカー部
得点:20分 失点、27分 82分 84分 小嶋星良
試合時間:90分
GK 鈴木
DF 知久、久保、南、高山(→88分 寺﨑)
MF 三浦、髙橋美(→65分 上田)、長嶋、小嶋、ワタリ(→53分 一法師)
FW 島田(→74分 井之川)
前半はどうなるかと思ったが小嶋の個人技で勝った。やはり課題はインサイドハーフのポジショニングで一瞬にして5-0-5になる点。皮肉なことに1点目は高い位置を取っていた高橋美の抜け出しから小嶋が決めているのでケースバイケースなのだろうが恐らくナクスタのゴール裏くらいの高さから俯瞰しないとそのバランスは分からないのかもしれない。
知久は初の90分フル出場。足下にピタっと付けるトラップが印象的で前の三浦とのコンビネーションも上々。一法師はしっかり収まってパスも出せるので意外とこの位置はありなのかも。
***
かなりカツカツのメンバーで3本目を始めたが所用で数分で離脱。
なお、翌日のゲームで早稲田大が勝って、3節残して優勝を決めた。


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら(正)
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら(正)

Instagramやってます。



投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」