2016/7/31:なでしこリーグC1部 ベガルタ戦(駒場)

【レッズレディース】

2016プレナスなでしこリーグカップ1部 Bグループ 第9節、浦和駒場スタジアムでの浦和レッドダイヤモンズレディース対ベガルタ仙台レディース戦の観戦記。
カップ戦では展望記事は書いていません。


レッズはここまで3勝1敗2分けで勝ち点11、対するベガルタは4勝1敗1分けで同13でBグループ首位。湯郷が早々に脱落したが新潟とAC長野との4チームが星を分け合う形で勝ち点を伸ばしきれず混沌とした状況。
レッズのスタメンは次の通り。
20160731redsl.jpg
(GKユニ=緑色)
前節からはGKをスイッチ、北川がベンチ外で塩越を左SBに置いて、栗島が右に入った。長船、猶本、吉良が夏祭りブースで射的、輪投げ、メダカすくい。通常とは異なるエンドをとって試合開始。
開始数分後、ベガルタが右から左へ展開し高良がクロスボールを入れると中で川村が頭で競り勝って枠へ飛ばしたが平尾がいい反応で弾き出す。レッズは中盤で後藤から駆け上がってきた塩越に渡してシュートを撃つシーンを作ったが力なくGK正面。前半は0-0での折り返し。
後半、塩越→臼井にスイッチしてスタート。60分頃、その臼井からのクロスを中で柴田がボレーで撃つがDFに当たってそのこぼれが加藤の前に落ちてシュートを撃てたが枠の右。これがこの試合最大のチャンスだったか。直後に左からの戻しを長野がロストして持ち込まれシュート、右クロスの難しいバウンドを浜田が頭で押し込もうとするがポスト、CKのこぼれを押し込まれそうになってDFが体を張って阻止したのが2度ほど、と脅かされたが何とか凌いでスコアレスドロー。
2016プレナスなでしこリーグカップ1部 Bグループ第9節
2016年7月31日(日) 17:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 0‐0(前半0‐0) ベガルタ仙台レディース
GK 平尾
DF 栗島(→82分 遠藤)、乗松、高畑、塩越(→HT 臼井)
MF 柴田、筏井、長野(→88分 木崎)、加藤
FW 後藤(→70分 山守)、白木(→82分 高橋)
SUB 池田、南
観衆:1,434人
20160731185534ss.jpg

絶景特集 びゅう

交代策が相変わらず謎なのと、選手の状態を見極める目が相変わらず節穴なのを再確認させられた程度。いや、逆サイドのポジションならいざ知らず、目の前の栗島でっせ? サイドバックが前へ出たスペースや柴田が絞ってできたスペースにいる長野はずいぶんと落ち着いて普通にやれているのを見られたのはよかったし、筏井とのコンビもいいのでそこはリーグ再開後も期待が持てる内容だったが、無失点はかなりラッキーな結末。
しかし、速いサイドチェンジはいつになったら見られるのかねえ。
***
Bグループは次節が最終節で、
浦和 – AC長野
ベガルタ – 新潟L
の同日同時刻スタートの組み合わせ。勝ち点12で2位の浦和は勝てば準決勝進出確定だが、引き分けではもう一方の結果次第。負ければ1ヶ月お休み。

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。根強い暗躍。にっき砲。3ポイントシューター。好きな言葉=「仲間がやられてるのにヘラヘラしてんじゃねえ」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「坂本出せよ」「監視乙」「○○何してる(-д-)」