【展望】2016/10/2:なでしこ1部 ベガルタ戦(駒場)





プレビュー

2016プレナスなでしこリーグ1部 第15節
2016/10/02 (日) 13:00 キックオフ 浦和駒場スタジアム(埼玉県)
浦和レッドダイヤモンズレディース – ベガルタ仙台レディース
1.前節の結果と直近の対戦
09/24土 13:00 ベガルタ 3-2 伊賀FC 仙台市陸
09/24土 13:00 I神戸 3-2 浦和 大津球
***
今季はリーグカップが同じグループだったのでここまで3回対戦。詳細は後述。
2.スタメン予想
20160911start.jpg
浦和は3戦連続同じメンバーでスタートしているので監督の性向から変えてくる要素全くなし。とにかく交代策が下手でなおかつ選手の状態も見極められず、スタッフも何だかなあという状況で、「熱中症気味で」などと競馬解説者並みのの後付け言い訳を聞かされるくらいなら、今から気温が上がらないことを祈るばかり。
なお、いわて国体のサッカー女子1回戦が10月2日に行われるが、地域ブロック大会(ミニ国体)に出場した選手が再び招集されているかは不明。埼玉県体育協会の公式サイトには選手団名簿が開示されていて、レッズレディース所属選手の名前はない(U-17組の名前は残っているので確定版ではないが)。埼玉県以外で該当するのは白木星(宮城県)だが、こちらも宮城県体育協会の公式サイト上の派遣選手名簿に名前はない。
※10/2追記:木崎あおいを埼玉県選抜として登録、出場させた。
一方、ベガルタもDFラインで坂井と佐々木繭が出入りしただけ。勝負どころでスピードのある井上綾香を投入してくるVSOP。代えられるのは浜田。

 

09/11 なでしこL第12節
○2-1 新潟LGK 21 ブリトニーキャメロン
DF 14 髙良亮子63▼
DF 26 北原佳奈
DF 3 市瀬菜々
DF 13 佐々木 繭
MF 8 嘉数飛鳥 (Cap.)
MF 6 川村優理
MF 4 岸川奈津希
MF 23 中野真奈美80▼
FW 10 浜田 遥82▼
FW 11 安本紗和子GK 1 齊藤彩佳
DF 5 坂井優紀63▲
MF 7 田原のぞみ
MF 20 佐々木美和
FW 9 小野 瞳
FW 17 井上綾香82▲
FW 19 西川明花80▲
09/18 なでしこL第13節
●0-2 I神戸GK 21 ブリトニーキャメロン
DF 14 髙良亮子
DF 26 北原佳奈
DF 3 市瀬菜々
DF 13 佐々木 繭
MF 8 嘉数飛鳥 (Cap.)73▼
MF 6 川村優理
MF 4 岸川奈津希
MF 23 中野真奈美
FW 10 浜田 遥66▼
FW 11 安本紗和子GK 1 齊藤彩佳
DF 5 坂井優紀
MF 7 田原のぞみ

FW 9 小野 瞳73▲
FW 17 井上綾香66▲

 

09/24 なでしこL第14節
○3-2 伊賀FCGK 21 ブリトニーキャメロン
DF 5 坂井優紀
DF 26 北原佳奈
DF 3 市瀬菜々
DF 14 髙良亮子
MF 8 嘉数飛鳥(Cap.)89▼
MF 6 川村優理
MF 4 岸川奈津希
MF 23 中野真奈美78▼
FW 10 浜田 遥67▼
FW 11 安本紗和子GK 1 齊藤彩佳
DF 13 佐々木 繭
MF 7 田原のぞみ89▲
MF 20 佐々木美和
FW 9 小野 瞳67▲
FW 17 井上綾香78▲
FW 19 西川明花

ベガルタ所属選手にも前述の国体参加の件は存在し、#15平田美紀は宮城県選手名簿上に名前がある。

3.試合のポイント
  • 浦和はこの4年公式戦でベガルタに勝てていない。リーグ戦では4分4敗。今季のリーグカップも1分1敗。
    • 浦和 0-0 ベガルタ 2016/07/31 リーグC 浦和駒場
    • ベガルタ 2-0 浦和 2016/06/26 リーグC ユアスタ
    • ベガルタ 2-0 浦和 2016/05/03 ユアスタ
    • ベガルタ 0-0(PK5-3) 浦和 2015/12/19 皇后杯 ユアスタ
    • ベガルタ 2-1 浦和 2015/11/08 ユアスタ
    • ベガルタ 3-2 浦和 2015/07/26 仙台市陸
    • 浦和 2-2 ベガルタ 2015/04/26 浦和駒場
    • ベガルタ 0-0 浦和 2014/08/10 仙台市陸
    • 浦和 1-1 ベガルタ 2014/06/14 浦和駒場
    • 浦和 2-4 ベガルタ 2013/10/26 浦和駒場
    • ベガルタ 1-1 浦和 2013/05/12 宮城県サ
    • ベガルタ 0-2 浦和 2012/12/08 皇后杯 藤枝
  • 8位から10位のチームの勝ち点、得失点差と今後の対戦相手。
浦和(13, -6):仙台|伊賀|千葉|日緑
湯郷(10.-20):高槻|千葉|神戸|新潟
高槻( 8.-22):湯郷|新潟|仙台|神戸
今節、湯郷とコノミヤの直接対決で浦和に都合のいい結果は引き分けよりは湯郷の勝ちかもしれない。勝ち点で並ばれても得失点差の比較で優位であるし、コノミヤの最下位が固まれば、という考え方。ただ、ベレーザに今節優勝決定の可能性があるように、2位から7位のチームにはモチベーション維持が難しくなっており、順位通りの結果を湯郷戦3試合に望むのは難しくなるだろう。よって浦和にしても勝ち点を少しでも積み重ねなければならない状況にあることは変わりない。
  • とはいえ、リードしていれば5バックしか手がない監督が劣勢でも1点ビハインドのシチュエーションでエミリーに放り込む布陣、たとえばキック力では後藤よりも臼井になるだろうから、そういう采配が取れるのかはかなり疑問。もっとも悩ましいのは75分、1-1でベガルタが井上を投入して決めに来たケースでどう対応するか。前節のようにHTで筏井→塩越とか悠長なことを言い出したら周りもちゃんと止めてくれ。
  • 予想スコアは1-2でベガルタ。上記のケースで決壊か、早々に2点取られてようやく1点返したがそこまでの2パターン。希望は引き分けだが1-1はベガルタがよほど外しまくった場合で、2-2は北川か筏井の超絶ミドル炸裂でムリクリ追いつくストーリーで書いていて妄想に近いことは分かってるから周りは止めんでええ。
  • 「縁」(年代別代表は除く)
    • #4岸川奈津希は2010-2015シーズン、レッズ在籍。ユースには高2高3の2年間在籍し、池田の1個上。#13佐々木 繭は学制1個下にあたり、日テレ・メニーナで共にプレーした期間がある。また早稲田大出身で#2千葉梢恵と同期に当たる。ア女組での比較は#9小野 瞳の3個下。臼井理恵、高畑志帆の2個下。
    • #7田原のぞみは2011年シーズンにレッズ所属。
    • #15平田美紀は浦和レッズJr.ユースレディース出身で栗島の1個下。
    • 長船加奈は2008-2010がマリーゼ、2012-2014がベガルタ所属。
    • 常盤木学園高出身者:後藤三知と#11安本紗和子が同期で2008年度卒。1個下が#1齊藤彩佳#2千葉梢恵。その後はしばらくないが#20佐々木美和#15平田美紀が2013年度卒で白木星の1個上。#3市瀬菜々は白木の1個下。
    • #25本多由佳#10浜田遥はJFAアカデミー福島1期生。但しこの初年度については4学年同時募集したため、学制では浜田の方が1個下。特別指定の山守杏奈が2期生。
    • #11安本紗和子は2011シーズン、#6川村優理は2013シーズンジェフLに在籍、筏井りさとプレー。
    • 藤枝順心高で高畑志帆から見て#26北原佳奈は1個上。
    • #21ブリトニー キャメロンと石原コーチは2014シーズンにスカイブルーFCで同時期在籍。
4.その他リンク

 

  • 浦和レッズオリジナルトレーディングカードフェスタ
    • 10:00~試合終了まで(予定)
    • 『浦和レッズオリジナルトレーディングカード』3パック(1パック=400円)購入毎に1回、スピードくじが引ける。
  • 北川ひかる、平尾知佳、松本真未子プロデュース「食欲の秋にぴったりなレッドカレー」(600円)と長船加奈、臼井理恵プロデュース「ボリューム満点、おいしいお肉たっぷりの豚丼」(800円)を数量限定で販売。
  • マッチデーインフォメーションを先着2,000名に配布。
  • 選手サイン入りポストカードを先着300名にプレゼント。(池田咲紀子・清家貴子・白木星)
  • ハピネスプレゼント、「Player of the Match」表彰(温泉賞)、前売券発売も変わらず実施。
※観戦記はありません。

※エントリーの日時は管理上キックオフ予定時刻の24時間前にしていますが、実際はもっと早い時刻に締め切っています。その後知り得た情報によって更新する可能性もあります。


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら(正)
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら(正)

Instagramやってます。



投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」