2017/4/29:なでしこ1部 ベガルタ戦(駒場)





【レッズレディース】

2017プレナスなでしこリーグ1部 第5節、浦和駒場スタジアムでの浦和レッドダイヤモンズレディース対マイナビベガルタ仙台レディース戦の観戦記。 展望記事はこちら。

【展望】2017/4/29:なでしこ1部 ベガルタ戦(駒場)

から揚げチーズキーマカレー。今季の選手プロデュース系はカレーで行くのか?

レッズのスタメンは次の通り。

前節と変わらず。長野がベンチ外でカレー売りに専念(違)。

ベガルタは次の通り。

GK 21 ブリトニー キャメロン
DF 5 坂井優紀
DF 26 北原佳奈
DF 3 市瀬菜々
DF 22 万屋美穂88▼
MF 11 安本紗和子
MF 6 カトリーナ ゴリー
MF 13 佐々木 繭79▼
MF 7 田原のぞみ (C)72▼
FW 10 浜田 遥
FW 18 ケイトリン フォード

GK 1 齊藤彩佳
DF 2 千葉梢恵
DF 27 三橋眞奈88▲
MF 4 岸川奈津希79▲
MF 8 嘉数飛鳥
MF 23 中野真奈美72▲
FW 19 西川明花

大気が不安定、ってやつで浦和の夕方吹く南風が強まるキックオフ時間の頃。通常とは逆のエンドを取って風上に立つレッズ、しかし、前半は今季中も最悪の内容。DFラインのボール回しはさせておいて、筏井・猶本に入ったところを狙う目論見にまんまと嵌る。かといって、DFラインから出すところに乏しくロングフィードも追い風が災いしてつながらない。12分浜田→フォードでの決定機はシュートが枠上で助かる。その後ペナルティエリア内でフォードが持っているところで倒してPK。これは浜田が蹴ったが緩いコースで池田が弾き出した。

前半終了後監督はたまらずピッチ内でミーティング開始。後半は仙台の入りが低かったこともあり少し持ち直したかのように見えたが、水谷(テンプレ交代)はともかく、塩越(ゆずほ出せよ)、清家(キコ様ご公務)と繰り出して縦方向への推進力は出たが、清家はまだ完調には遠い印象で決めきれず、ベガルタにもお付き合い頂いて何とかドローの0-0。

2017プレナスなでしこリーグ1部 第5節vsマイナビベガルタ仙台レディース

2017年4月29日(土祝) 14時キックオフ 浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 0-0(前半0-0) マイナビベガルタ仙台レディース

GK 池田
DF 栗島、長船、高畑、木崎
MF 柴田、筏井(→66分 水谷)、猶本、加藤
FW 菅澤(→82分 清家)、吉良(→69分 塩越)

SUB 平尾、南、三谷、白木

観衆:1,592人

主審 坊薗真琴 副審 佐藤ゆみ、友成圭太 第4の審判員 小山志保

池田が取った勝ち点1。しかし点が取れない。乗松はよ。


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。



投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」